塀に囲まれた白百合 美穂の受難

【第8話】

「怖がらないで。これを使えば痛くはないわよ」所長が珠美と良子にチューブを渡した。
それを受け取り、2人は勃起した肉竿に塗っていく。
(熱い、オチンチンが熱い!)(堅いわ、オチンチンってこんなに堅いんだ!)膨らみきった肉竿を、初めて触る2人だ。
「これからは、僕の妻だよ。でも、レズなら続けていいよ。ただし、僕が立ち合うからね」珠美は唇を重ねられ、テーブルの上に足を垂らして仰向けにされていく。
(入ってくる…。オチンチンが!)珠美の淫裂にゆっくりと肉竿が入って行く。

良子も同じようにテーブルに仰向けにされて、淫裂に肉竿が入った。
突然、珠美は「ヒー!」悲鳴をあげ、それと同時に、淫裂から鮮血が流れだした。
「バージンありがとう。これからは僕が恋人だからね」出血している淫裂に肉竿がピストンしていく。
(もう痛くない…。痛いのは、破ける時だけなんだ…)肉竿が動き、やがて膣の中に放出をされた。
同様に良子も「痛いー!」悲鳴をあげて、淫裂から鮮血を流してテーブルを汚していく。
「う、う、う!」泣き出す良子を、なだめるようにしながら「良かったよ、良子さん!」乳房に顔を埋めながら腰を振って、放出した。
(射精だわ、子宮の中が暖かい!)こうして珠美と良子の子宮に精液が噴射された。

放出を終えると肉竿を抜き「お拭きします」処女膜を破った肉竿を拭いていく。
(もう、戻れないのね。これからは、このオチンチンが膣の中に…)鮮血の付いた肉竿を拭き、自分の淫裂も拭いていく。
「良子さんと珠美さん。これからは遊びはいいけど、本気はダメよ」
「わかってます。もう生娘じゃありませんから」項垂れていう2人だ。
「そうだよ、これからは僕の妻だからね」珠美の乳房が撫でられていく。

良子も「良かったよ、巡り会えて!」唇を吸われながら乳房を撫でられていく。
(イヤだけど逆らえないし。でも、この人とならうまくいきそうだわ…)良子も唇を吸い返す。
「決まって、良かった。これで私の面目が立ったし。私は用があるから、後はお任せね」笑顔の所長は応接室から出て行く。
「もう一回、いいだろう?」
「痛かったら、やめてよ」再び抱かれていく珠美と良子だった。

一方、所長は残された刑務官の待つ部屋に入って行く。
「申し訳ありません、見つからない責任を取って、私がお相手します」所長は制服を脱ぎだした。
上着、ワイシャツを脱ぐと「あっ!」若い3人の刑務官が声を上げる。
「恥ずかしいけど、ぜひ、私を抱いてください。お腹の中には、いくらお出しになっても構いませんから」ブラジャーはしておらず、乳房が揺れ動いている。
所長は35歳を過ぎたが、垂れ下がってはいない。

「飲んでいるんですね、避妊薬を?」
「はい。こんな事があろうかと思いまして…」
「だったら、安心して出しますよ」所長はズボンも脱ぐと「笑わないでね!」パンティも履いてない。
太股までのストッキングを、ガーターベルトで吊っていて、絨毛に覆われた淫裂がうっすら見えている。
「わかりました、出させて貰います」所長も仰向けにされ、肉竿で淫裂が突かれていく。
「いいわ、気持ちいい。遠慮なくやって下さい!」
「わかりました!」腰の動きが一気に早まった。
(久しぶりだわ。オチンチンで突かれたほうが、玩具よりもいい…)若い刑務官は一気に登り詰め、放出を始めていく。
「もっと、もっとして。オ○ンコの中に出して!」
「わかりました、今度は私ですよ」こうして、刑務官達は所長の淫裂に射精をしてから帰った。

処女を失った珠美と良子も、刑務官室に戻って同僚に説明していく。
「婚約したけど、それは仕方なかったのよ!」泣きながら言う。
「幸せになってね、でも痛くありませんでしたか。喪失って、痛いって聞いてましたけど?」
「ゼリーを塗れば、そんなに痛くないわ。でも、喪失の瞬間は痛かった」その言葉に顔が強ばり同僚達だ。
「ここをやめるまでは、仲間でいたいの。いいでしょう?」
「何言っているのよ、最初から仲間よ。珠美!」
「ありがとう、有美!」珠美は有美に抱きついた。
「これからは、新しい刑務官と仲良くやってね」珠美は有美の唇を吸い、同様に良子も美里と抱き合っていた。

それから数週間後に、新しい刑務官が赴任してきた。
「志摩美穂です。よろしくお願いします」「高橋舞子です。よろしくお願いします」2人の若い刑務官が赴任してきた。
大学を出て研修を終えたばかりの2人だが(可愛いわ、私は舞子よ)(いいわよ。美穂は私だからね)2人の暗黙の了解で、新人の運命が決まった。

それと同時に、班長が交代し、有美と美里が新しく任命され、珠美と良子は退職をして結婚に備えていく。
美穂と舞子の2人は、実習をしながら先輩に溶け込んでいく。
「今度の休みは歓迎会よ」
「そうね、2人の歓迎会もしないと」有美は班に加わった美穂を見つめながら言うと(いよいよね、有美さん!)克子達の目が輝いている。
一方、美里の班でも同様に美穂と舞子のの歓迎会が計画されていた。

そして、先に有美の班で2人の歓迎会が行われ、宿舎の広間に新人の2人と班の皆が並んでいる。
「まずは乾杯よ」「乾杯!」グラスに注がれたビールが飲まれていく。
「うまいわ!」新人の舞子と美穂は、先輩から注がれたビールを飲んでいく。
飲む量が多くなるに連れ、酔いも回っていく。
「そろそろ始めて。本当の歓迎会を!」有美の目が輝いた。
「早速始めましょう!」有美の言葉を待っていたかのように、酔った美穂と舞子が押さえられ衣服が脱がされていく。
「どうしたの。おかしいわよ」まだ状況が分かってない。
「こういう事なのよ」有美は立ち上がり、自ら衣服を脱ぎだした。
「ストリップ!」声を出す2人に「あなた達も脱ぐのよ。ヘアを丸出しにして!」
「いや、いやです!」「ヌードは、いやー!」

だが、衣服が剥ぎ取られて、舞子と美穂は下着姿になっている。
「あら、色っぽいわね。黒のパンティとブラなんて!」
「あなたはバイオレットね、これは要らないのよ」
「イヤ、ヌードなんてイヤー!」叫ぶが無駄で、舞子と美穂のパンティが引き下げられ、下半身が丸出しになった。
「可愛いわ、この生え方が!」生まれたままの姿になった有美は、本命の美穂の絨毛に包まれた股間を撫でていく。

それには「いや、いけないわ。女性同士よ!」慌てる美穂だ。
「ここでは平気なの。綺麗ね、美穂さん!」
「見ないで、性器は見ないでー!」美穂も淫裂が指で広げられている。
「イヤ、処女なのよ。イヤよー!」
「大丈夫よ。絶対に処女膜は破らないわよ」笑顔の有美は、淫裂を確かめると乳房を撫でてから「あ、あー!」美穂の乳首が吸われた。

「だめ。吸わないで、だめー!」乳首が吸われて、背中が浮いていく。
それを、待っていたかのように、股間も撫でながら、もう片手で乳房を揉んでいく。
「だめ、だめよ…」淫裂から、うっすら淫汁が流れている。
(もう、いいみたいだわ)淫裂から手を引いて、自分の乳房を掴み、美穂の口に押し当てた。
「吸って、お願い、私のオッパイよ!」美穂はためらわず、吸った。
(私も、乳首を吸って欲しい!)(そうよ、それでいいのよ!)2人はお互いの乳首を吸い合った。
それは、お互いに関係を持つ事を意味していた。
だが、舞子は乳首を吸われる事はなかった。
淫裂や乳房を触られたが、決して乳首を吸われる事はなかった。
それは美里との暗黙の了解だったからだった。

そして、歓迎会が終わった。
だが、有美と美穂は生まれたままの姿で有美の部屋に戻っていく。
「いい子よ、美穂!」「私もいいわ。有美さん!」2人はシックスナインになって、淫裂をなめ合う。
「これからも、いいでしょう。美穂!」
「はい。私からも、お願いします。有美さん」
「お姉さんよ、2人だけの時はお姉さんよ」

「はい、お姉さま!」有美と美穂は乳房にキスマークを付け合い、淫裂を撫で合う。
「指は入り口だけです。処女ですから…」途切れ途切れに美穂が言う。
「分かっているわよ。ここは、処女だけしか、赴任出来ないから」指と舌で淫裂を触っていく。
「あ、あ、あー!」美穂は背中を浮かせ、悶え声を上げていく。
(こんなに濡らしているわ。敏感な子ね)有美の指が淫汁でベトベトになっていた。
「私もします!」美穂も有美の淫裂を、舌と指で触っていく。
「いいわ、いいわよ!」新しいペアができあがり、夜遅くまで声を上げた。

翌日から、美穂は有美と一緒に刑務官として働いている。
「見て、可愛い刑務官よ」
「ホントね、エッチしたくなっちゃう」作業をしながら、美穂を見ている服役囚達だ。
見ているだけならよかったが、事あろうか、その思いが実行されてしまった。
昼食を済ませて、服役囚はくつろいでいたが、美穂の裸が目的だった。

「刑務官、そこで2人がエッチしてます」美穂に告げ口された。
「またなの。同性愛室があるのに…」美穂は一緒に歩いていく。
「そこの陰でしてます」その言葉で美穂はゆっくりと近寄っていく。
「いいわ、いいわよ!」「私もいいのよ」2人は上半身裸になって、乳房を撫であっていた。
「やめなさい!」美穂が叫ぼうとしが、その瞬間に口にハンカチが押し当てられた。
(な、何をするのよ。やめなさい!)それと同時に上半身裸の2人も起きあがり美穂に襲いかかった。
(いや、いやよー!)美保の制服が剥ぎ取られていく。

「下からよ。まずはオ○ンコを見て、その次がオッパイよ」
(いや、いやよ、やめなさい!)新たに2人が加わり、5人によって制服が脱がされていく。
ズボンが引き下げられ、上着も脱がされ、ネクタイも外されている。
「これで、素っ裸にしたら縛るのよ」
(いやよ、裸なんていやよ!)だが、ワイシャツも脱がされて下着姿にされた。
「可愛いわよ。早く見せて、刑務官のオ○ンコを!」
(イヤ、見ないで。いやー!)声を出せない美穂は、パンティが引き下げられた。

「薄いわ、ヘアが薄いのね」股間が露わにされていく。
(性器を見られてしまった…)パンティが足から脱がされて、絨毛に覆われた下半身が丸出しになっている。
「次はオッパイよ。急いで!」ブラジャーも脱がされ、後ろ手にされるとネクタイで縛られた。
「可愛いわ、このオッパイが!」美穂の乳房が撫でられていく。
「ここもいいわよ」絨毛に包まれた淫裂が指で広げられて、舌でなめられていく。
(やめて、そこはダメよ、有美さん、助けて…)立ったまま、乳房と股間を晒し、目から涙が流れている。

「いい、声を出したらこうよ!」首が絞められた。
「おとなしくしてて。乱暴はしたくないの」口のハンカチが退けられた。
「やめなさい。早く解きなさい!」
「そうは行かないわ、お互いに楽しみましょうよ」
「何をする気なのよ」美穂の乳房が、代わる代わる撫でられ乳首が吸われ、それには「あ、あ、あー!」喘ぎ声を上げていく。
「いい子ね、おとなしくするのよ」服役囚は美穂の頭を両手で押さえて唇を重ねていく。
(やめて、やめなさいよ。私は有美さんとしか、したくないのよ!)両手を縛られた美穂は、自由が効かず、されるがままだ。

 



 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA