実の娘のセックスを覗き見した父親

shy468-02

46860-01

banner-S

kannou468-4

9a1eb14d

468x060


第10話
春夏秋冬家 第二十四代当主 四巡

観音開きの扉から姿を現したのは、古の衣装を身に纏った長身の男。
白銀色の絹で織られた袍(ほう)と呼ばれる上衣に、紫紋入りの紫袴。
腰帯には漆黒の鞘に納められた長さ1メートル近い直刀。
そして、袴と鞘に染め抜かれた春夏秋冬(ひととせ)家の家紋『丸に違い譲り葉』

「ほおぅ、小生をご存じとは……いかにも、我が名は四巡。春夏秋冬家、第二十四代当主にして、通り名を輪廻の霊媒術師。言うなれば、お主のような存在を『浄化』し『転生』さすのが我が一族の代々果たさん使命」

(小娘ッ、お前も春夏秋冬家の……?! くぅぅぅッッ、卑劣なぁッ!)

彼女はお父さんとの間合いを保ちながら、壁伝いに入り口付近へと移動していく。
そして、実体化した身体を昇華し気体に変化させると、一気に扉に向かって飛んだ。

この人から逃れようとしたって無駄なのに……

バシッ、バシッ、ビシィッッ……!

(んんガガガッッッ! ヒグゥゥゥッッ?!)

邪気の塊がドアに触れた途端、青白い光がスパークするように部屋を覆う。
そのツケを払うように響く、獣と化した彼女の叫び声。

『定鬼結界の護符』

そう、この部屋からは一歩も逃げられない。
この世のモノではない、鬼にとってはね。

わたしは彼のモノをそっと引き抜くと、淳二の頬に手を添えた。
万が一に備えて観鬼の手鏡も手元に寄せた。

「あなたには見えないかもしれない。聞こえないかもしれない。でも、顔を上げて。心に感じて。大切な人の面影を……」

戦いはまだ続いている。

「我が春夏秋冬家の札味、如何かな? 怨鬼殿」

憐みよりも嘲笑じみた呼び掛け。
それがこの霊媒術師の実力を表し、彼女にとって勝ち目がないことを諭している。

(ヒャァァアアッ! こんな筈は……?! あ奴は妾の思うがままだと……)

「ふっ、哀れな……さては、三途の渡し番、虚実夜叉にでも唆かされ申したか? 『現世に未練あるならば速やかに戻られよ。我も力添えしてしんぜようぞ』とな」

(キィィィィッッ! ならば……せめてお前をッ! 死ねいッ、四巡ッ!)

焼け爛れて四散した邪気が、四巡と対峙するように集約していく。
命を失ったその時を再現した上半身。
……違う。憎悪の鮮血に染まった鬼の心を持つ彼女が、人の心を忘れて吠えた。

「往生際の悪いことよ」

四巡の右手が、流れるように刀の柄を掴む。
寸分の狂いもない、鞘をこするメロディー。
薄闇に白く輝く直刀の魔剣。『隠滅顕救の剣』(おんめつけんきゅうのつるぎ)

(そのような鈍刀、妾の敵など……?! うっうぅっ、動かぬ! か、身体が……?)

五本の指から伸びる鉤爪が虚しく空を切る。
血走った眼を大きく見開いたまま、宙に浮かんだ鬼女の身体が金縛り状態にされる。

鋭角の切っ先を下に向けて、床に突き立てられた剣。

『定鬼影縫い』

春夏秋冬家に代々引き継がれた剣の秘めた力と、それと融合する四巡の霊力。
そして、柄を掴む両指が『浄化』の印を結ぶ。

「隠は滅し、顕れたるもの救われん。即ち、隠とは『鬼』であり『怨念』穢れし衣なり。春夏秋冬四巡、役命によりお主が纏うもの貰い受ける」

低く囁くように詠唱される四巡の詩声。
その声が終わりを告げると同時に、部屋を構成する大気が震えた。
断末魔の悲鳴と共に、鬼女の身体が歪み引き伸ばされていく。
穢れた皮膚がバリバリと音を立てて、亀裂が生まれる。

(ヒギィィィッッ! わ、妾の身体がぁッ……ウグゥゥゥッッ、身体がぁッ……阿傍さまぁっ、ら、羅刹さまぁッ! お、おたすけ……フグゥッ)

「な?! 阿傍……羅刹とな!」

四巡が低く呻き、息絶えた鬼女の身体は内部から崩壊を始める。

「いやだ! こわい……こわいよぉ!」

「淳二さん、しっかり。逃げてはダメ!」

ベッドの上でわたしは、子犬のように震える淳二を抱いた。
目には見えない。耳にも届かない。
でも、肌で感じる不愉快なざわつきと砕かれそうな心に、大切な人の叫び声を聞いて……
苦しくて哀しいのに、自分にはどうすることも出来なくて……

隠滅顕救の剣が、青白い光に包まれる。
怨嗟の鎖が断ち切られて、分解されていく邪気。
それをエネルギー源にして、薄闇の部屋も青白い世界へと変化している。

四巡が『浄化』の印を解く。
間を空けることなく『転生』の印を結ぶ。

「浄刹に鎮座し神々よ。穢れ払いしこのものに転生の衣を与えん。転生の翼を与えん。ここに、春夏秋冬四巡の名において欲す。隠滅顕救……輪廻転生……」

指を伸ばしては折り曲げ、現われては消える印を切りながら、四巡の詠唱は続く。
やがて、その声が途切れた時、光り輝く剣は天を突くかのように高々と掲げられた。
そして……

シュィンッッッ!

部屋の中を光が走り、風の音が追い掛けていく。
見えない闇を切り裂くように、魔剣は四巡の手により真下へと振り下ろされていた。

「出でよっ! 忘れゆく名を持つものよ。我の力にて今しばらくの時を稼がん」

ありがとう、お父さん。

 
kanrinin01
 
toukou

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA