彼女が見ている前で巫女少女が略奪交尾

shy468-02

46860-01

banner-S

kannou468-4

9a1eb14d

468x060


第8話
鮮血に染めた顔

「ちゅぶ、ちゅぷ。はんむぐ……神楽さんの乳房、なんて柔らかいんだ。それに、尖った乳首も小さくて可愛らしくて……カリッ!」

「ひゃあぁぁっ、だめぇ淳二さん。ち、乳首は噛まないでぇっ……神楽ぁ、変になっちゃうぅ」

身体の位置をもっと上にずらせて、わたしのおっぱいの下には淳二さんの顔がある。
神楽のふくらみに交互にしゃぶりついては、舌の先っぽで乳首をクルクル回されて転がされて、わたしの反応を楽しむように前歯を当てられた。

お父さんがいるのに……
姿を隠して気配まで消しているけど、お父さんが覗いているかもしれないのに……
でも、肩の関節から力が抜けちゃう。
ひじもガクガクして隙間が消滅して、胸のお肉が淳二さんの顔を包みこんじゃう。

「はあぁんん、いやぁ……おっぱいからぁ、電気が流れちゃうぅぅっ。もう……そんなぁ許してぇっ」

ハイヒールの音が部屋の前で消えた。
わたしは淳二さんの舌に背中をびくんとさせながら、待機させた霊感に気配を探らせる。

ぴんと張り詰めた空気がわずかに歪み始めている。
この世のものではない異世界の気体が、見えないドアノブを回し、見えないドアを開いて侵入してくる。
まるで、生きているときのように……
ううん、生きていると言い聞かせたくて、幻影のドアを作りだしたのかも?

「はあ、はんむっ。神楽ちゃん、そろそろ……いいかな?」

ぎこちなかった淳二さんが甘い声でささやきかけてくる。
いつの間に脱いだのか、ひざのあたりにダイレクトに硬い肉の棒が触れて、それの意味を教えてくれる。

「はうぅっ、んあぁっ。いいよぉ、淳二さん。きてぇ、神楽の膣(なか)に入れてぇっ」

わたしは、身体を起こすと仰向けに寝転んだ。
ダブルベッドの上でひざの裏側に両手を差し込んで、足を縮めたカエルのように両足を広げていた。

恥ずかしくなんかない。
そうよ。わたしは『輪廻の霊媒術師、春夏秋冬 四巡』のひとり娘、神楽なの。
おっぱいをいじられて、大切なトコも濡れちゃっているけど平気よ。
これがわたしの役目だから……神楽が決めたんだから……
淳二さんとの最初で最後のセックスでも、全然気にしないんだから……

天井で渦を巻いていた邪気が、どんどん立体化している。
鏡を通して見るその姿は……
髪が長くて淳二さんと同じくらいの年齢で、交通事故に会ったと聞いているけど、やっぱりというか、顔の半分が鮮血で染まっていて……

「ごくっ、ここが神楽ちゃんの……オ、オマ〇コ?! き、きれいだよ。そう……だよね。まだ十八歳だもんね。恥ずかしい毛だって薄いし、割れ目だってお肉がぷっくり膨らんで……ああ、感じていたんだね。ヒダの下からエッチな液がにじみ出ちゃっているよ」

「いやぁ、そんなに見ないでよぉ。神楽、恥ずかしい♪」

淳二さんは自分のモノを握り締めたまま、身を乗り出すようにして神楽の恥ずかしいトコを覗き込んでいる。

あなたの大切な人が近くにいるのに……
あなたはまだ気付いていないかもしれないけど、さっきからベッドを覗き込んでいるのに……

でもわたしは、そんな彼女を挑発するように彼に甘えるの。
まだこんな邪気では足りないから、淳二さんの前で神楽の女の子を見せてあげるの。
ちょっと震えて羞恥心に心が押しつぶされそうだから、恨めしそうな淳二さんの彼女に鼻で笑ってあげるの。

お父さん、もう少しだからね。
ちゃんと準備しておいてよ。

わたしはもう一度、部屋の端へと視線を送った。
そして、いつまでも覗かれるのは辛いから、膝に当てていた両手を前に突き出した。手のひらを広げた。

淳二さん、さあ来て♪ って感じで……

「神楽ちゃん! か、神楽ぁっ!」

チュプッ、チュブッ……ズズズッ……ズリュッ……

「あうぅっ……くうぅぅっ……一気にぃっ、きついぃぃっ!」

おとなしそうな淳二さんが、別人のような形相でわたしの上に圧し掛かる。
一息で腰を押し出す。

カチカチに硬くなったモノが、膣のなかへと挿入される。
濡れてはいるけど、痛くなんかないけど、緊張して強張った肉の壁を強引にこじ開けられちゃった。

我を忘れた淳二さんに、一瞬恐怖を感じた。
神楽の脳裏に、ぼやけた守の顔が浮かんでは消える。
でもそれが影響したのか、彼の背中で長い髪の彼女が薄ら笑みを浮かべた。

いけない! 邪気のパワーが落ちてる!
わたしが苦痛を感じれば感じるほど、彼女の満足感が邪気をパワーダウンさせちゃってる。

つまりこういうこと……
神楽が淳二さんの大切な人になっちゃえばいいの。
憎しみや嫉妬、哀しみが、邪気をパワーアップさせる最高の食材だから。
そうすれば、後のことは輪廻の霊媒術師さんが……

ズ二ュッ、ズニュ、ズニュ……ズズズ……

「ああっ、ふうぅっ……淳二のぉ、硬くて熱いよぉ。もっとぉ、もっと突いてぇっ!」

いやらしい声で、はしたない言葉を叫んじゃった。
連続で腰を上げ下げしている淳二さんに協力するように、わたしも腰を持ち上げた。
びっしょり濡れている割れ目を上向きにして、もっと深く挿入できるように調節してあげた。

そして鼻の穴をふくらませて、うっとりした瞳で淳二さんを見つめるの。
あなたの彼って、神楽の身体にゾッコンなのよ♪ って……

 
kanrinin01
 
toukou

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA