塀に囲まれた白百合 視察団

【第7話】

刑務官室に戻った珠美は、いきなり所長から呼びだされた。
「今度、刑務所の視察があるので、よろしく頼むわ」
「どこの刑務所ですか?」
「○○刑務所よ」

「そこって、男の刑務所ですよね?」
「そうなの。だから困ったのよ、何とかお願いするわ。私だって、イヤだけど仕方ないのよ」所長も困った顔になっていた。
「仕方ありませんね。視察は拒めないし…」
「後は相手次第よ。でも、うまくいって欲しいのよね、私個人としては!」すまなそうに言う所長だ。

珠美は所長室から出ると、真っ先に刑務官室に入く。
「聞いて、近々視察があるのよ、男の刑務所の刑務官が視察に来るのよ!」
「男…。いやよ、そんなのいやよ!」泣きそうな顔になる、有美や克子達だ。
「でも、仕方ないの。相手次第だから、気を付けてね」珠美は部下に言う。
その事は、良子の班にも伝えられた。
「イヤ、いやよ。男なんて!」泣き出す者もいた。
「仕方ないわよ、これは命令だから。イヤなら首よ」
「我慢するしかないわ。この視察を我慢するしかないのね…」美里も諦めた。

そして、数日後、この刑務所に男性刑務官の数人が訪れた。
その刑務官を、全員の女性刑務官が出迎えに出ている。
「よく、おいで下さいました。ぜひ、見て下さい」所長も笑顔で出迎えている。
「お忙しい所、申し訳ありません!」男性刑務官は全員で5人だった。
「案内は桜井と酒井の両名が行います」所長は珠美と良子を紹介した。
「桜井良子です!」「酒井珠美です!」2人は毅然とした態度で敬礼する。
(いいわ、それで。うまく見込まれないと、私の立場がなくなるしね)そんな顔で見ている所長だった。

「早速、ご案内します」良子と珠美を先頭にして、一行は刑務所内を回り出す。
当然、作業をしている受刑者も気づいた。
「男よ、男よ!」声を上げ、作業をやめて、視察に訪れた刑務官を見つめている。
「ピー!」監視している有美は笛を吹いた。
「作業をやめないで。作業をしなさい!」大きく叫んでも、なかなか作業は再開されない。
「申し訳ありません。滅多に男性が踏み入れませんから、興奮しています」詫びを入れる珠美だ。
「仕方ありませんよ、内だって、訪れた女性を見たら、仕事など上の空ですから」男子刑務官も笑顔になっている。
「お心遣いに、感謝します」礼を言いながら案内していく2人だ。

刑務所の中を回り、やがて同性愛室まで来た。
「ここですか、同性愛室は?」
「はい、そうです」
「見てみたいですね、同性愛を!」
「あれは、見るもんではありませんから!」男性刑務官の言葉に慌てる珠美と良子だ。
「とにかく、中を見せて貰えませんか?」
「わかりました、ご案内します」一行は中に入った。
「ほー。こんな所で楽しむんですね。で、どれくらいの周期で?」

「週1回の割合で行ってます」
「受刑者は、それで満足ですか?」
「と、おっしゃいますと?」
「もっと頻繁にした方がいいのでは。女性だったら週1では、体が疼きませんか?」
「そ、それはそうですが…」後は、恥ずかしくて言えなかった。
「あなたは、どれ位してます、オナニーか、レズを。正直に教えてください」
「恥ずかしいです、そんな事言うなんて!」真っ赤な顔になっている珠美と良子だ。

真っ赤になった珠美と良子の顔を見ながら、男性刑務官は顔を見合わせた。
(いいね、この子に決めたよ。俺はこの子だ)(俺はこっちだよ)(今回はパスだ、次回にするよ)そんな顔で見合った。
「言ってください、正直に!」
「週、3回程度です…」「私は週2回程度ですが…」下を向いたまま、顔をあげれない2人だ。
(いいよ、その恥じらいが。どうせなら、もっとしてもらうか!)
「で、どういう風にします、オナニーやレズを。見せて貰えませんか、レズを!」
「私も、オナニーをお見せしますから、お互いに見せ合いましょう!」

(イヤ、そんなの出来ないわよー!)顔が強ばっている2人だ。
「そうね。ここでの同性愛を、見せてあげてよ!」所長はとんでもない事を言った。
さらに「見せるだけでいいのよ。そうすれば、納得して貰えるし」ニヤニヤして言う。
(この2人、気に入られたのね。これで面目が立ったわ)そんな思いでいる。

「わかりました、お見せします。少しだけですが…」恥ずかしそうに、良子と珠美は刑務官の制服を脱ぎだした。
(男の前で、レズをするなんて…)上着を脱ぐと、ワイシャツも脱いでいく。
ボタンが外されたワイシャツは上から開いてブラジャーが見えてきた。
(いいね、こんな姿が!)2人ともまっ白なブラジャーだった。
(恥ずかしい、こんな姿になるなんて!)ワイシャツを脱ぎ、上半身はブラジャー姿になった。

その後は、ズボンに両手を掛けて引き下げ、白いパンティ姿になっている。
「ビキニタイプですか。お尻がいいですね」
「恥ずかしいです。このままで、許して貰えませんか?」
「それで、レズができるの。受刑者がやっているようにしなさい。フルヌードでしょう!」所長が怒鳴った。
「はい。フルヌードでやっています!」(脱ぐしかないわ!)

下着姿の2人は、恥ずかしそうにブラジャーを外していく。
(早く脱げ、オッパイを見せろ!)(イヤよ、見られたくないわ)ホックが外された。
カップから乳房が飛び出し揺れている。
「恥ずかしいから、ジロジロ見ないで下さい…」両手を下げて、腕に絡まったブラジャーを脱いでいく。
その後、パンティに両手を掛けて下げていく。

(ヘアだ、オ○ンコの毛だ!)視察の刑務官の股間が大きく膨らんでいる。
(だから、男は嫌いなのよ。オチンチンを膨らませて!)(セックスしか考えてないのね。だから、嫌いよ!)パンティを膝まで下げると、体を丸めて足を抜いていく。
(オ○ンコの中が見えた!)股間の膨らみが大きくなっていく。
(見られたわ、性器の中を見られた!)体は震えている。
それでも、別な足も上げて全裸になった。

生まれたままの姿になった良子と珠美は唇を重ね、乳房を重ね合う。
(恥ずかしい、人前でこんなことをするなんて!)唇を重ねると、乳房を撫で合う。
「オッパイだけですか?」
「これからが本番です!」まず、良子が仰向けになり、その良子に覆い被さる珠美だ。
珠美は向きを変えて、淫裂を良子の顔に差し出す。

(行くわよ!)珠美の指が、良子の淫裂を広げ、舌でクリトリスをなめだした。
「あ、あー!」悶え声をあげる良子も(私も、しないと!)顔を上げて、珠美の淫裂を舌でなめだした。
「そうですか。そう言う風にやるんですか。でしたら、こっちも!」刑務官はチャックを下げて、ズボンとパンツを下げた。
(凄いわ、あんなに膨らませて!)所長は顔を赤らめて見ている。

だが、珠美と良子は見ようともしない。
(見たくない、オチンチンなんか見たくない!)淫裂を触り合っている。
そんな2人を見ながら、視察刑務官は一斉に手で擦りだした。
(オナペットよ、これじゃ!)チラリと見て気づいた。
「指でも、するんじゃないのかな?」
「処女だから、少ししか、入れません」2人の指が淫裂に入って「あ、あ、あー!」悶え声を上げ合う。
「そうだよ、そう来なくきゃ!」肉竿を擦っている手の動きが早まっていく。
「あん、あん、あん!」悶え声を上げた良子と珠美の指も早まった。
(いいわ、感じてきた…。このままだと、行ってしまう…)淫裂から淫汁が流れ出した。

その時「うー!」呻き声を上げて、肉竿を押さえる男子刑務官だ。
刑務官が手で押さえていると「珠美さんに、良子さん。ほら、拭いてあげて!」所長が言う。
「はい!」(イヤよ、オチンチンを触るなんて!)イヤだが、仕方なくタオルで萎縮した肉竿を拭いていく。
(こ、これがオチンチンなんだ!)熱くて、ブヨブヨした肉竿を掴む珠美と良子だ。
「ありがとう、助かるよ」視察刑務官の肉竿が、珠美と良子によって拭かれていく。

レズをした珠美と良子も、淫裂を拭き終えると服を着だした。
「良かったよ、こんなのが見られて!」満足そうに肉竿を仕舞い込んでいく。
(勝手な事言わないで。それよりも、絶対に指名だけはしないでよ!)急いで下着を着込み、制服も着込んだ。
「次は雑居房です」制服を着込むと、囚人達の中を通って刑務所の中を隅々まで回った。

視察が済むと、一行は所長室に戻って来た。
「失礼しました!」案内を済ませた珠美と良子は刑務官室に戻って行く。
「珠美、大丈夫なの?」
「わかんないわ。指名されたら、有美とは別れないと…」泣きそうな顔で話す珠美だ。
同様に良子も、美里に同じ事を言われていた。

それから、暫くして良子と珠美に呼び出しが来た。
「来たわ、行かないと!」行きたくないが、拒めない。
「失礼します!」所長室のドアをノックして中に入ると「来たわね。早速だけど、話したい事があるのよ」所長は一気に話した。
それを聞いて「そんな!」「私がですか!」ただ、驚きの声を上げるしか出来ない。
(結婚なんて、イヤよ。このまま居たいのに!)指名とは、結婚の申し込みだった。

もし、拒めば刑務官は辞めなければならない。
不況のおり、免職だから再就職の道などはなく、答えは決まっている。
「たまには、遊びに来て、楽しんでもいいそうよ」
「わかりました、お受けします…」「私もお受けします…」珠美と良子は俯いたまま返事をした。
「よかった。早速、婚約をしないと。立ち会いは私よ」笑顔の所長だ。

良子と珠美は応接室に所長と一緒に入っていく。
「待っていましたよ」2人の刑務官が迎える。
「良子さん、必ず幸せにしますよ」「僕だって、珠美さんを幸せにしますから」
(悪い人じゃないけど、所詮は男よ。セックスだけしか考えてない動物よ…)そんな事が頭にあり、素直には喜べなかい。

「いい、これから婚約よ。お互いに結ばれないと」
「わかってます!」珠美と良子は同性愛室の時と同じように衣服を脱ぎだす。
同様に、指名した男性刑務官も服を脱いでいくが、先ほど放出した肉竿が再び勃起している。
(あれが、膣の中に入ってくるのんだ…)乳房を揺らせて、パンティを脱ぐ2人だ。
(これで、フルヌードだわ)パンティを脱ぎ終え、全裸になった2人は恥ずかしそうに、両手で乳房と股間を覆う。

「恥ずかしがるなよ、僕も素っ裸だよ」
「でも、恥ずかしいの。それに怖いわ…」勃起した肉竿に怯える2人だ。

 



 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA