恋人の前で寝取られ宣言をする少女

shy468-02

46860-01

banner-S

kannou468-4

9a1eb14d

468x060


第6話
彷徨いし情念

その夜、やはりというべきか例の男性は、わたしたちの元を訪れた。

ここ最近、身体がダルオモ。それで病院に行ったけど異常なし。
けれどもその症状はだんだん悪化して、藁をも縋る思いで非文明的な存在のわたしたちに助力を……ということらしい。

「間違いない。安積淳二(あづみ じゅんじ)とやら、お主は取り憑かれておる。嫉妬と未練が混在した『怨鬼』にのう」

「そんな……京香が、どうして……?」

お父さんは一息吐くように湯呑に入ったお茶を啜った。
漆塗りの座卓を挟んで向かい合うように座る男性。
安積という病人さん?は、両肘をついたまま頭を抱えている。

「えっと、冷めないうちにお茶をどうぞ」

わたしはお父さんの隣に座ったまま、落ち込んでいる彼にお茶をすすめた。

ここは、お社の中にある鬼払いの間。
板張りの殺風景な部屋は、鬼が出入りするとされる子と卯の方位にあたる扉の上、つまり北と東の方角に、結界の印を施した特殊な紙垂(しで)が下げられている。
だから当然、わたしの目にもさっきの女の人は見えない。
お父さんが見ているのは、きっと彼女の残留思念だと思う。
なんでも厳しい修行を積んだ高位の霊媒術師には、飼っていたペットの霊どころか、キッチンに出没するゴキちゃんの魂まで見分けられるとか?
う~ん……跡を継ぎたくないような……

「ところで、お主が取り憑かれておるその京香殿のことだが、籍には入れておったのか?」

「あ、はい。二年前に彼女と式を挙げ、入籍手続きも済ませました。それが、ちょうど一年前の今日……」

安積さんは言葉を詰まらせて、またうつむいちゃった。
なんでも結婚記念日の朝、京香さんと彼は些細なことで喧嘩しちゃったんだって……
それで怒った彼女は玄関を飛び出して、運が悪いことに走ってきた車に跳ねられちゃって……
京香さん、かわいそう。残された安積さんもだけど……

「やはりのう……籍に入っていたとなると、ちと厄介かもしれん」

お父さんは、無いヒゲをさするようにアゴを撫でた。

「なにが厄介なの?」

「神楽、お前も『婚儀の契』は知っておろう?」

「え、ええ……まあ」

わたしは曖昧に答えた。

「そこでじゃ。世の中では、華やかな結婚式を重視する風潮が蔓延ってるが、真に大事なのは役所で行う入籍手続きの方でな。つまり、式典は神に対する『意志表示』、決意表明みたいなもの。対して、入籍手続はその行為が示すとおり信ずる神への契約を意味する。たかが書類上での手続きと思っておると、とんでもない罰が落ちることだってある。なんと言っても、この日の本の国には八百万(やおよろず)の神々が鎮座しておられる。それがまた、この上もない歓びでもあり、因果なモノを生むしがらみでもある。ふーぅ。神楽、お茶」

「はいはい。安積さんのも温かいお茶を淹れ直すわね」

わたしは、二つの湯呑にお茶を注ぎながらお父さんの言葉を考えていた。
なんだか回りくどくてヤヤコシイことを話してたけど、要するに同じ霊が取り憑くとしても、婚前と婚後では全然パワーが違うってこと。
今回の場合は結婚後だから、強力な恨鬼とご対面ってことになるのかもしれない。

取り敢えず、安積さんには封鬼の印をお父さんが施して帰ってもらった。
これでしばらくの間は、京香さんも彼に触れるどころか近づくことさえできないはず。

そして、その日の深夜。わたしたちはリビングのテーブルに顔を突き合わせて作戦会議を開いていた。
集まったのは春夏秋冬家精鋭三人衆。
ようするに、わたしとお父さん。それに育児疲れ?の守のことだけどね。

「それで、どうやって彼女を浄化するの? わたしの見たところ、京香さんの放つ霊気はかなり強力よ」

「それには私も同意です」

斜向かいに座る守も深くうなずいた。

「うーむ。やはりここは『浄滅』しかあるまい。それなら、事は簡単にけりがつく」

「だめよ、お父さん。そんなことをしたら京香さんの魂まで消えちゃうじゃない。
憎むべきはそんな彼女に取り憑いた恨鬼の方なのよ」

「それは、わかっておる。わかってはおるが……」

お父さんは湯呑に手を伸ばしたまま、閉じたまぶたを震わせた。
隣では守が唇を噛み締めている。
重苦しい空気が部屋いっぱに漂い始めていた。

「もう、二人とも! らしくないじゃない。こうなったら、神楽がなんとかする。わたしが京香さんの魂を救ってあげる」

「救ってあげるたって、お前……?」

「魂柱よ。わたしが魂柱になるのよっ!」

わたしは、突然浮かんだ言葉を叫んでいた。
お父さんが小さく溜息を吐き、守が悲しそうに目を伏せる。

魂柱……
『自ずの肢体を持ちて、悪鬼を呼ばん。但し、情欲に溺れし身体無力なれば、たがの助けを欲す』

「うん。わたし決めたわ。それでいく。そうすれば、聖液も溜まるし、お母さんを助けることもできるかも」

わたしは、お社の背後に祀られている奥社の方角に目を合わせた。
申し合わせたように、お父さんも守も同じ方角を見ている。

「だが、今度の相手。これは危険な賭けになるぞ。それにお前は……その……」

「わかってるって。だからそれ以上言わないでよ。恥ずかしいじゃない。ほら、守もそんな悲しそうな顔をしないでよ」

「……はい。私は」

「それと、守はお留守番をお願いね。魂柱の儀式には、嫉妬心が御法度なの。もしものことがあったら……ね、ごめんなさい」

守は唇を動かしかけた。
でも、そのままうなずくと静かに部屋を出て行った。

「それじゃあ、お父さん。ボディーガードをよろしくね♪」

 
kanrinin01
 
toukou

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA