妊娠しそうな膣出しセックスをJKがおねだり

shy468-02

46860-01

banner-S

kannou468-4

9a1eb14d

468x060


第9話
ブルマ愛とセックスを天秤にかけて

男の性欲。
女の性欲。
結び合わせるセックスは男女の共同作業でも、その過程には微妙な食い違いが横たわっていた。

治彦は股間にそそり立つ己の息子に指を当てた。
ヌルヌルとした先走りの涎に汚された肉肌を、繊細な手つきで握りしめる。

「これも脱がせて……」

「だめだ……このまま……」

智花の要求を、治彦は跳ねのけていた。
指と唇にしっかりと湿らされた濃紺の股布を、焦らすように脇にずらせる。

「ビラビラが充血してる」

「あぁん、恥ずかしい……」

治彦の指によって、智花の秘処がはだけさせられていた。

濃紺な布地を奪い去るなどもっての外。
ブルマという唯一残された着衣と共に、男女の交わりを果たすことこそが……

(智花のオマンコとブルマ。たまらない光景だな)

サーモンピンクに染められた鮮やかな肉ヒダ。
淫らな刺激にぷっくりと膨らませた陰唇の肉壁。
下半身をモゾモゾとさせ、木漏れ日の光にテラテラと輝く女の体液。
その初々しく艶めかしい花弁から引き剥がされた、濃紺の食いこみブルマ。
少女の柔腰を包み隠したまま、肝心の亀裂部分からのみガードを外され、紐のようによじられた股布。

それらを一途に見つめ、同時に治彦は、若さに満ちた肉の性器を押した。
エラを張らせた亀頭に、じっとりと濡らされた肉ビラの層を貫かせていく。

ちゅにゅ、ぬちゅ……

「エッチな音がしてる……あはぁ、オチ〇チンでこちょこちょしないでぇ……くぅ、一気に入れてぇ……」

智花が深い肉の交わりを迫ってきた。
挿入という最高のディナーを愉しもうと、彼女自らがせっつくように腰を揺らせて勃起ペニスを誘う。

「んぐ、ふぅーっ……」

治彦の喉が低く唸らされた。
おひざをするような姿勢で、下腹部を一息に突いたのだ。
膣口に宛がわれていた肉の切っ先が、艶めかしく光る女の秘孔へと深く鋭く埋没する。

「はあぁ、奥まで……硬くて、熱いの……治彦のオチ〇チン……」

差し出された花弁の肉に、剛毛に覆われた男の花弁が密着していた。
表皮が引き剥かれ、過敏にされたペニスの先端が膣奥の粘膜と結びつき、智花もまた鼻にかかった声で応えた。
男と女と、二つの身体が一つにつながり、お互いの肌に通う熱い血流を意識し合う。

「動いて……智花を愛して……」

「あぁ、ズンズン動いてやるさ。智花のオマ〇コの皮が剥けるくらいにこすってやるからな」

「あぁんっ、そんなに激しくはしないで……優しくセックスして……」

両足を抱え上げたマングリ返しのまま、智花は治彦を。
貫いたペニスを引き抜きながら、治彦は智花を。

熱い眼差しで見つめ合い、その隙間を緑の匂いがする風が吹き抜けていく。
つい、それに目を取られた治彦の視線がスライドするようにすべり落ち、恥肉どうしの結合部を覗き……

「もう、治彦のエッチ……はふぅ、だけど……いいよ……智花の恥ずかしいお肉も……んん、ブルマだって……」

パートナーの視線を追いかけるように、智花の瞳もまた流れていた。
赤く火照らせた顔を益々色濃くさせながら、濡れ切った男女の秘処を見つめる。
脇にずらされても尚、フェチな存在感を放っている食いこみブルマには、ちょっぴり複雑なテイストを添えて。

「智花……はぁ、好きだ……」

「ふぁ、あぁんっ……当たり前でしょ、そんなのぉ……でも、うれしい……愛してるよ、治彦……」

二人の制服を敷き詰めた特設のシーツの中で、治彦は腰を振った。
健気に捧げられた智花の股間へと。
溢れる愛液に肉ヒダが浸る乙女のスリットを、割り貫くように。
その傍らで、ジワジワと男女の体液に色づけされる濃紺ブルマに、ほとばしる精力をもらいながら。

「くはぁ、あぁ……オチ〇チンが大きく……なってる」

膣肉が抜き挿しされるペニスに巻きついていた。
しごかれて、絞めつけられもして、心地よすぎる性の快楽は肉棒の硬度をさらに増した。

「今日はどうなんだ?」

治彦は腰を打ちつけながら訊いた。
刀のように反りを持たせ、粘膜のヒダに潜む女の子の快感を探りながら、セックスのフィッシュを遠回しに声にする。

「はうぅ、危険日なの……中に出すと、あふぁ……赤ちゃん、できちゃうかも」

「おい! そんな大切なことを、どうして黙っているんだよ」

智花の告白に、勢いを加速する腰のピストンが止まった。
膣の底を抉るように埋めたペニスが、張り詰めた亀頭をブルンと一振りして固められた。

「あふぅんっ、やめないでぇ……いいの、それでも……」

治彦の身体は、圧し掛かったまま硬直していた。
返す言葉も落とせず、ただじっと心を通じ合わせた少女を見つめて……

「くふ、んんっ……オチ〇チンが子宮にぃ……ツンツン、当たってぇ……」

そんな彼氏をよそに、智花がくなくなと腰を揺らせた。
自分自身の足を両手で抱えたマングリ返しの姿勢で、結合するペニスを刺激するように粘膜のヒダを収縮させもする。

「ぐはぁ、絞めつけすぎだって……よぉーし、それなら……」

「ひゃうん、ズンズンされてるぅ……オマ〇コ、ビリビリしちゃうぅっ!」

妊娠……愛の結晶……波乱が確実な二人の将来……

突然降って沸いた雑念は、治彦の脳内に渦巻いていた。
けれども、その渦を逆流させるように、甘美で切ないセックスの快感が注ぎこまれていく。
痛々しく少女の下半身に食いこんだ極小ブルマが、その快感レベルをマックスへと導いていく。

ずにゅ、ぬちゅ、ずちゃ……

「はぁっ、ふっ……イク時は、一緒だからな」

「いっしょ……あぁ、はあぁぁ……治彦の熱いのと、智花も……」

治彦は腰を引いた。
膨張しきったペニスを抜いた。
まるでくり抜いたように、花弁に開けられた丸い肉の穴を少年の目は見つめた。
黒目の端っこに、フェチ心を昂らせる濃紺のシルエットを収めながら、熱く灼けた肉棒を強く抽入させる。

「あぁっ、くはぁっ……すごい、あたし……智花ぁ……」

根元まで挿しこまれたペニスを、智花の膣口が絞めあげる。
もう、絶対に離さないと。
そんな想いも詰めて、待ち構える子宮口へと吸いつかせていく。

「出すぞ……精液……」

「んくっ、お願い……精液……」

下腹の痺れが、肉棒の芯に伝わった。
治彦が知らせて、智花がそれを受け入れて……

 
kanrinin01
 
toukou
 
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA