魔物の肉棒が巫女少女の割れ目に!

shy468-02

46860-01

banner-S

kannou468-4

9a1eb14d

468x060


第3話
春夏秋冬家 お側方霊媒術師 狛獅子 守

強引に押さえ付けられて縮んだ背丈のまま、首を左右に振った。
抵抗しながらついでに、お父さんを……守を……アンタたちになんか絶対に負けない霊媒術師を……
探した。情けないけど、ちょっとだけ焦って黒眼を何度も往復させた。

……そして……本気でそして?!
……いた! 見つけた!

卯の方位から、放たれた矢のように近づく黒い影。
子の方位で不動不変の星、北極星を背にして立つ白銀のシルエット。

「う、うぅぅっ……お父さん……守……」

(ぐふふふっ、さあ、小娘のオマ〇コの味を試させてもらうぜ)

でも間に合わないかも……
だって、涎を垂らした先端が……!

ぶちゅぅッッ!!

「ひぃぃぃぃっっっ! イヤァァッッ!!」

おぞましい感触が下腹部を襲った。同時に……!

ビュンッッ! ……シュゥゥッッ!

(グギャァァァッッ! う、腕がぁぁッッ!)

断末魔の悲鳴とともに、両肩が急に軽くなる。
鼻を包む生臭い匂いが、焦げ臭い匂いに変わった。
わたしは肩に貼り付く肉片を払いのけると、思いっきり地面を蹴った。

「エイッ!」

何が起きたか分からずに足首の束縛が緩んだ一瞬。
その隙を突いて、後方へとジャンプする。

腕と手首が切り離され、ぽたりと地面に落ちるおぞましい肉塊。
大気を切り裂き、弧を描きながら飛翔する対の鯨扇『鬼裂の聖扇』

「そこまでです! 鬼と化した亡者どもよ」

(な、なんだぁ? 小僧、舐めたマネをっ……?!)

既に邪気と化した二体と、宙に舞い上がる両腕。
それに、虚しく空を向いたまま浮かんでいる肉の棒。
そのモノたちから発した声が、黒い影に降り掛かる。

「もう守ったら、遅いよ。もしもの時は、すぐに飛んで来るって言ってたじゃない」

「申し訳ございません、神楽様。で、お怪我は……?」

「……ある。わたしの大切な処に、あんな穢れたのがひっついちゃったんだよ。ぶちゅぅっ!って……というか……あんまりこっちを見ないでよ。恥ずかしいでしょ」

慌てて胸と下腹部を隠した。
わたしを想う人に、今の神楽を見て欲しくはなくて……
目の前に漂う鬼に集中して欲しくて……

わたしは、わたしをガードするように立つ幅広の背中を見つめた。
物心がついた時から側に控えていて、優しいお兄さんで、それにとっても格好いいお兄さんで……
気が付けばわたし……あなたのことを……

(ううっ、だ、誰だ?! てめえは……?)

「別に名乗るほどの者ではありません。アナタたち亡者にはね。ふっ、ですが今夜は特別に教えてあげましょう。大切な人を可愛がっていただいたお礼と、断罪・浄化前の最後の思い出として……我は『春夏秋冬家 お側方霊術師 狛獅子 守(こまじし まもる)』鬼と化した亡者共を浄化せしめんがため、いざっ、参るッ!」

ビュンッッ!!

漆黒の闇と同化した着物の裾が僅かにはためいた。
同時に放たれる、対の扇。
表面は無地の黒、裏面は同じく無地の白。
光と闇、現世とあの世。
表裏一体を表すこの扇もまた、わたしが手にしている『観鬼の手鏡』と同じ、春夏秋冬家の宝器『鬼裂の聖扇』

(おのれぇッ、こんな扇など……!)

直線的に進む扇の軌道を測ったように、残る二体のモノが飛んだ。
空中高くに浮遊して、鬼裂の聖扇をかわしたかのように見えた。

でも、可哀そう。守の扇からは逃げられっこないのに……

「はあッ!」

守の気合いの声と共に、地面と平行に走る扇が向きを変える。
夜空を切り裂くように垂直方向に軌道を変えて、宙に浮かぶ腕が切断される。
更に上空へと逃れようとする肉の棒が、根元から先端まで一刀両断される。

(そんな……ぐぎゃぁぁぁぁっっっっ!)

再び起きる断末魔の悲鳴。
バラバラにされた肉片が元の邪気の渦となって、残る二体と連れ立ち卯の方位へと逃げていく。

「無駄ですよ。その方位には、神楽様の指示通りに結界を張っております。亡者の逃げ道は、卯の方位と子の方位。これは黄泉の国の掟。よく判断なさいましたね。神楽様」

「ま、まあ~。それほどにも……あるわね♪」

わたしと守が顔を見合わせたその時、バチバチという電気がスパークする音と、三度目の断末魔が闇夜にコダマした。
焼けただれて半分ほどの体積になった邪気が、腐肉の匂いを捲き散らせて子の方位、北へと逃れていく。

「あとはスタンバっているお父さんにお任せね」

わたしと守は北極星を見つめた。
そして、一筋の青白い光が帯となって夜空を照らした。

「ふ~ぅ。終わったわね」

「ええ、すべて片付きました」

守がわたしの顔を見つめて、その視線を下へと移動させる。

「も、もうっ! 見ないでよっ、守のエッチッ! スケベッ! ついでに変態ッ!」

わたしは衣装を引っかけた鉄のポールを目指して駆け出した。
方位はもちろん午、南の方角。
だって神楽は生者だもん。
まだまだ、あの世とは縁がないからね♪

 
kanrinin01
 
toukou

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA