塀に囲まれた白百合 同性愛室

【第6話】

その後、パンティを掴んで引き下げると「イヤー、生えてない!」正面を見ている美智子が叫び声を上げた。
「ほんとだ、いやらしい。ヘアが生えてないなんて!」洋子も見て言う。

それには「イヤー。見ないで、お願い見ないでー!」狂ったように叫ぶ奈々だ。
「イヤねえ。性器のヘアを剃るなんて!」奈々の足からパンティを抜いていく。
「解いてください。恥ずかしいから解いて!」
「そうは、いきません。その姿を皆に見せるのよ!」奈々は、ぐるりと体を回されて、無毛の淫裂を晒していく。
「いや、いやです!」堪えきれず、涙を流すが、それでも奈々は許されない。
「入るのよ。お漏らししたんだから、綺麗にしないと」
「お漏らし…。その年で漏らしたの?」皆が薄笑いを浮かべて奈々を見つめた。

それには、流れ出る涙が多くなった。
「性器の中を洗ってあげて!」美智子と洋子に、淫裂が広げられて洗われていく。
奈々は堪えきれず「う、う、うー!」声を上げて泣き出した。
(いい気味よ。もっと恥ずかしい思いをしなさいよ!)お尻も広げられ指が入った。
「やめて、見られているわ、やめて!」浴室に奈々の泣き声と悲鳴が響いてる。
浴室で奈々への恨みを晴らした2人は雑居房に戻ってきた。
「スッキリしたわね」「ええ、これで気が晴れたわ」話し合う2人だ。
「今夜は休もうか、たっぷり楽しんだから」「そうしよう、満足したし」2人はぐっすり眠った。

その翌朝、服役囚の全員が屋外に出された。
皆が並ぶ前を「イヤだー、フルヌードよ!」両手を後ろ手に縛られた奈々が、涙を流しながら歩いていく。
(いいざまね、もっと泣きなさいよ)(そうよ、いやらしい姿をもっと晒してね)美智子と洋子は恨みを込めて奈々の全裸姿を見ている。
奈々も並ぶと所長が挨拶を始めた。
「皆さん、一昨日に残念な事がありました…」美智子と洋子がされた事を服役囚に話していく。
「首謀者は10日間フルヌードになって貰います。しかも、全てのヘアを剃ってわびて貰います」その言葉に奈々の体が震えていく。
「イヤ、イヤ、坊主はいやよ!」呟くように言う奈々だ。

「首謀者を上げて!」生まれたままの姿の奈々が所長の隣に立たされた。
「覚悟して、罰だから!」「いや、いやー!」髪の毛にハサミが入ると「う、う、う!」声を上げて泣き出す奈々だった。
(いい気味だわ、思い知りなさい!)珠美と有美も見ている前で奈々の髪の毛の全てが消えていく。
ハサミで切られた後、カミソリでも剃られて、頭が青く輝いている。
「いいですか、眉毛は許しますが、10日間は陰毛も剃りますよ」股間にもカミソリが当てられ、生えかけの絨毛が剃られた。

淫裂の絨毛を剃り終えると、奈々は腕を縛ったロープが解かされた。
奈々は列に戻っていくが、恥ずかしそうに、胸と股間を手で隠している。
「今度の事で方針を変えます。オナニーと同性愛は週に1回だけ認めます」その声に歓声があがった。
「静かに。ですが、許可制とします。日頃の行動を見て、許可します。それに監視をつけますからね」
(それでもいいわ、楽しめるなら!)(そうよね、堂々と出来るんだから!)手を取って喜ぶ服役囚だ。

所長の提案で早速、オナニー室、同性愛室が設けられた。
すると、早速「あのー、許可を戴きたいのですが?」顔を赤らめた2人が訪れた。
「何をするの?」担当の克子が尋ねた。
「レズを楽しみたいんです、許可して貰えませんか?」
「あなた達ならいいわよ。罰もないしね、立会人は私でいいかしら?」
「はい。相原刑務官に立ち合って欲しいです」3人は作られたばかりの同性愛室に入った。
「欲しい、真由美が欲しい!」「私もよ晴子!」服役囚の2人は服を脱ぎだした。
(私もしたくなったわ、今夜は、香織と楽しまないと収まらないわ)克子は全裸になり抱き合う2人を見ている。
「あ、あ、あー!」乳房を撫でながら淫裂を触っていくが(ダメ、我慢出来ない!)克子の手が股間を撫でだした。

レズで楽しむ2人にも、克子のオナニーが目に付き「一緒にしましょう、刑務官!」克子の制服が脱がされて行く。
「いいわよ。一緒にしましょう」ズボンも脱がされ下着姿になった。
「オッパイは私にさせて!」「性器は私よ!」克子は下着も脱がされ全裸にされた。
「いいわ、いいわよ!」乳房と淫裂を撫でられて、快感に襲われていく。
「刑務官、私のオッパイにもして下さい…」
「こうね、これでいい?」克子も乳房を揉んでいく。
「そうです、もっとしたい!」3人は代わる代わる抱き合い悶え声を上げていった。

やがて、終了時間になった。
「もう、終わりなの?」
「仕方ないわよ、大勢いるんだから。来週もできるし」服を着ながら話していく。
「また、一緒にしていいですか?」真っ赤な顔で言う。
「気持ちよかったんだ。いいわよ、でも規則違反したら出来ないからね」
「違反はしません、だって楽しみたいし」
「そうよ、違反したら楽しめないしね」3人は戻った。

その間にも、次々と刑務官室を訪ねてきた。
「オナニー室を使いたいのですが?」
「あなたも違反してないわね。いいわよ、オナニーしても。立ち会いは私がするからね」
「はい、お願いします」今度は尚子が立ち合った。

オナニー室はレズ室と向かい合っているから「あん、あん、あん!」悶え声が聞こえている。
「凄いわ、私も早く相手を見つけないと!」
「そうね、オナニーよりもレズが気持ちいいしね」2人はオナニー室に入った。
部屋に入ると服役囚は服を脱いで全裸になった。
「お願いします、これが私の性器です!」顔を赤らめ、椅子に座って足を開いた。
「綺麗ね、あまりしてないのね」
「はい。あまりしていません!」淫裂に指を入れていく。
「お願いですから、オッパイを揉んで下さい…」喘ぎながら言う。

「仕方ないわね。ホントは一人でするのよ」尚子は言われるまま乳房を撫でていく。
「いいわ、そこよ、そこを突いて、もっと奥までよ!」妄想の世界に入り、指で淫裂を掻き回していく。
「クシュ、クシュ!」卑猥な音がしていき「吸って、オッパイを吸って!」虚ろな目になって叫んだ。
「いいわよ、吸ってあげる」尚子は乳首を吸った。
すると「いく、いくわ、いくー!」体を反らせ、指の動きを止めた。
(行ったみたい。こんなに濡らして!)淫裂から流れ出た淫汁が椅子を濡らしていた。

この同性愛室は評判がよかった。
そのお陰で、規則違反も大幅に減り、独房入りも少なくなっていた。
だが「困ったわ。こんなに多く利用されると、スケジュールを組まないと無理よ」利用希望者が殺到している。
「そうよね、計画的にいきましょう」同性愛室の利用スケジュールが組まれた。
「美智子さん、良かったわ。珠美さんと一緒よ」
「本当ね。当番の日だから」笑顔の2人だった。

それから、数ヶ月がたった。
美智子と洋子髪の毛も生えて、坊主頭からスポーツ刈りに変わっている。
「美智子、面会よ、いらっしゃい!」作業をしていた美智子が呼ばれ、面会室に向かう。
「誰ですか?」
「後藤登と言っていた」
「あいつが来たのね!」
「誰なの、その人は?」
「夫なの。と、言うより紐よ、私に売春までさせようとしたんだから」

「どうする。合うの、合わないの?」
「合うだけ、合ってみる。イヤだったら、途中でやめるからね」
「わかったわ、行きましょう!」美智子は面会室に入った。
「美智子、寂しいよ。待っているよ、いつまでも!」
「待たなくていいわよ。あんな、酷い事までさせて」
「謝るよ。だから、出たら一緒にまた暮らそうな」
「イヤよ。あんたに何か、抱かれたくないわよ」
「ホントだよ、愛しているから一緒に暮らそうよ!」
「いやよ、許せないの。裸にしたうえ、無理に売春させようとしたことが!」美智子は立ち上がり面会室から出ていく。
「愛してるよ、美智子!」面会室から出た美智子に、登の声が聞こえている。
(信じられないわ、愛しているだなんて。でも、ホントだったら…)動揺している。

そんな美智子に珠美は気がかりだ。
(今回の同性愛には、私が立ち合う…)決意する珠美だ。
その同性愛の日が来た。
「美智子、今回は私としようね、いいでしょう、洋子!」
「いいわ、美智子が心配なのね、珠美さんは」3人は、全ての服を脱いで、生まれたままの姿になっていく。
「美智子、私も愛してるわよ!」美智子を押し倒して乳房を撫でながら唇を重ねていく。
「私も愛しているわ、珠美さん」美智子も珠美の乳房を撫でていく。
「ここを出たら、美智子の自由だけども、それまでは私の恋人でいてね」
「当然です、珠美さん。オッパイだけでなく膣の中にも…」珠美は顔を下げていく。

「あ、あ、あー!」美智子は悶え声を上げ「そこ、そこにして!」背中が反っていく。
珠美は両手で淫裂を広げながら、舌で淫裂を撫でている。
「美智子さん、私にもさせて」洋子も乳房を揉みながら乳首を吸う。
「あん、あん、あん!」美智子の悶え声が大きくなっている。
「愛している。珠美さんに、洋子さん!」珠美は淫裂からドロドロの淫汁を流していた。

その後、体勢が変わり、今度は珠美が2人に乳房と淫裂を撫でられていく。
「いいわ、美智子に洋子。いいわよ!」珠美も背中が浮いて反っていく。
「吸って、洋子、オッパイを吸って!」乳房を揉んでいた洋子は乳首を吸う。
それには「あん、あん、あん!」悶える珠美だ。
(気持ちいいわ、美智子にされると感じる。有美も感じるけど…)淫汁が畳を濡らしている。
「私も行きたいの、美智子!」洋子もせがんだ。
「いいでしょう、洋子としても?」「いいわよ」珠美はゆっくり起きあがった。
(膣がこんなに濡れている。気持ちよかったし)ハンカチで丁寧に淫裂を拭いてからパンティを履いていく。
「いいわ、美智子、もっと奥まで突いて!」その側では、美智子と洋子が抱き合っていた。
(私も2本の指で、奥までされたいけど、処女膜が…)ブラジャーを乳房にかぶせていく。

そして、ワイシャツ、スカートと履いて刑務官の姿に戻った。
その側では洋子の淫裂から蜜を流し、やがて、時間になった。
「時間よ、続きは来週にして」
「はい、そうします」満足した2人も脱いだ服を着ていく。
「気持ちよかったわ、久しぶりに!」満足そうに話しながら着込む美智子だ。
(良かったわ、もう迷っていないみたいだし)それを安心して見ている珠美だ。
「はい、戻るわよ」服を着終えると3人は戻った。

 



この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA