青海瑠璃 後編(3)

【後編(3)】

「目が覚めたみたいね。ナツ」
「…姫…?」

陽菜の声が聞こえる。何故陽菜は無事なのだろう。

「助けて! 縛られて動けないッ…」
「ダメよ」
「!?」

魚月の懇願を、陽菜が軽くはねのける。

「なんで…」
「だって…縛ったの、私だもの」

陽菜の言葉に、魚月は硬直する。
何故そんなことをする必要があるのかわからない。

どうしてこんな…。

考えれば考える程わからなくなり、魚月は震える。近づいてくる陽菜は足元で立ち止まり、ニッコリ微笑む。

「ナツ。私貴女を奴隷にしたいの。誰よりも欲しい…性奴隷として、ね」
「せっ…」

これがあの陽菜の言葉だろうか。信じられない。

おしとやかで優しくて、控えめで恥ずかしがり屋の、あの陽菜が、自分を奴隷にしたいというなんて。

親友だと思っていた。
いや、今でも思いたい。
夢なら覚めて。こんなの。

「ナツ…大好きよ。期待以上の体だわ…」

うっとりした表情で、陽菜は魚月の腿を撫で上げる。

「ひっ…いや…やめて! やめてよ姫! こんな…こんなのひどいよ!」
「ひどい? どうして?」

「信じてたのに…親友だって…なのにッ! こんな…こんなことされるようなひどいこと、あたししてない!」

涙が溢れる。親友に裏切られた悲しみが、悔しさが、溢れ出してくる。
だが陽菜はクスクスと笑い出す

「嫌だわナツったら…。これは嫌がらせなんかじゃないのよ? わからない?」

陽菜は、涙を零す魚月の頬を撫で、キスしそうなくらい顔を近づける。

「私…ナツのことが大好きなの。友達としてじゃなくて、恋人になりたいの。愛してるってこと」

「愛…?」
「そう。けど告白したって無理だろうし…第一私、好きな子は徹底的に虐めたいタイプなの」

間近にある陽菜の顔が、再び微笑み。

「愛してるナツ。だから私の奴隷になってもらうわ」

頬を包むようにしていた手が、ゆっくりと首筋から降りていく。鎖骨から胸にいき、その形のよい胸を揉みだす。

「ひぁっ!? やっ…やめてぇっ…!」

胸を他人に揉まれたことなど一度もなかった魚月は、奇妙なその感触に悲鳴をあげる。
だが陽菜の愛撫はやまず、甘い振動に尖り出した尖端をキュッと摘み上げる。

「きゃぅっ…!」
「乳首が大きいとクリ○リスも大きいっていうけど…本当かしら…?」

「ひ…やめてっ!嫌ぁっ!」

陽菜の指がゆっくりと下腹部へおりてくる。
股間の茂みを撫でる陽菜の指先に刺激され、魚月は体を硬直させる。
同性からの愛撫には嫌悪もあったが、あの薬によって毎日の自慰を条件づけられていた魚月には、快感も感じる程であった。

「やっ…アァッ! ダメェーッ!」

ゆっくりと襞が開かれていく。赤く色づいた肉芽が、陽菜に曝される。

「大きいわね…虐め甲斐があるわ…」

陽菜がそこを摘みあげる。

「アヒィッ!」

柔らかくつまむだけならいざ知らず、ギュッと押し潰すようにして引っ張ってくるのだから堪らない。
魚月は嫌々するように首を横に振る。勿論、やめてくれるはずがない。

陽菜は、暫くクリ○リスを弄びながら魚月が鳴くのを観察していたが、ふとその指を離す。
やっと開放されたのかと思えば、陽菜が残酷な言葉を口にする。

「ナツ。私の奴隷になる気になった?」
「ッ!」

やめてくれると思ったのにそういわれ、魚月は唇を噛み締める。

 
toukou03

toukou

 

 

この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。 
尚、著作権は、「ひとみの内緒話」及び著者である「M・Y様」に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説
banner-S
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA