塀に囲まれた白百合 復讐

【第5話】

その頃、美智子と洋子は、珠美と有美の抱かれていた。
「う、うう!」泣きやまない2人に「泣かないの、直ぐに生えるから。それより、オッパイ、吸ってみる?」
「嫌いになったでしょう、こんな頭に…」
「何言っているのよ。美智子は私の恋人よ」珠美は美智子の上着を脱がして、ブラジャーの中に手を入れた。
「して、一杯して下さい…」
「いいわよ、一杯するね」ブラジャーを脱がし、上半身を露わにすると乳房を撫でていく。


 
有美も同じ事をしていた。
「有美さん、嫌わないでね」泣きながら、洋子は有美の胸に手を入れた。
「嫌わないわよ。洋子が好きよ、珠美も好きだけど」有美も洋子の服を脱がし、乳房を触っていく。
「私も有美さんが好きなの、美智子と同じくらいに」乳房を撫でられている洋子も、胸が露わにされた有美の乳首を吸う。
「いいわ、気持ちいい。もっとして!」有美の呼吸が乱れている。
美智子も「珠美さん、私も吸いたい。お願い吸わせて!」珠美の服を脱がしていく。
「わかっている。美智子、私の美智子!」珠美も自らブラジャーを外して、乳房を美智子に差し出した。
「吸って、美智子。いっぱいしていいから!」言われるまま、美智子は珠美の乳首を吸いだした。

やがて、二組のカップルは下半身も露わにし、指でお互いに淫裂を撫で合う。
「いいわ、気持ちいい!」4人の淫裂からは淫汁が流れ、指を濡らしていく。
「好きよ、美智子!」髪の毛のない頭を撫でながら唇を重ね、同様に有美も洋子の頭を押さえながら、唇を重ねていた。
「美智子、洋子ともする?」
「したい…。暫くしてないら…」
「いいわよ、しても。その代わり、私は有美とするからね」そう言うと、珠美は有美に抱きつき、乳房を押しつけていく。

「珠美、いいわよね。やるわよ」有美は珠美を畳に押し倒して、シックスナインの体位を取り、淫裂を舌でなめだす。
「いいわ、私もする!」珠美も有美の淫裂を舌でなめだした。
それに倣って、美智子と洋子も久しぶりに抱き合って「美智子!」「洋子!」お互いの乳房と淫裂を触り、シックスナインで、愛し合う。
「あん、あん!」「いいわ、そこー!」喘ぎ声が響き、珠美と有美の勤務を迎えるまで行われていた。

翌朝、珠美と有美は制服に着替えて勤務に就いた。
「引き継ぎです!」「わかりました!」良子から説明を受けていく。
「奈々は独房です。仕置き用の独房ですから、お願いします。それに、処置は所長の許可待ちです」そう言い残して良子が宿舎に戻って行く。
「行こう、奈々をお仕置きしないと!」珠美と有美は克子達に指示を出すと、独房へと向かった。
「いたわよ!」奈々は両手を縛られているが、物怖じせず、開き直った態度だ。

2人は(美智子と洋子の恨みを晴らしてやる!)恨みを込めた目で奈々を見ている。
珠美は鍵を開けて入り、その後に有美が入った。
「やって、くれたわね!」
「やったわよ。私だって楽しみたいのに、楽しませてくれないからよ」
「そんなに楽しみたいなら、楽しませてやるわよ!」

復讐に燃えた2人は、縛られたな奈々の服を脱がしに掛かった。
「いや、いやー!」奈々はズボンが脱がされてパンティ姿にされた。
「これも、いらない!」真っ白なパンティも引き下げ「これは何よ、こんなの要らない!」珠美は露わになった恥丘の絨毛を引き抜いた。
「ヒー。やめて、ヒー!」一本、一本、絨毛を引き抜くと、あれほど強がっていた奈々も泣き顔に変わった。
「さっきの強がりがどうしたのよ、もっと、言いなさいよ!」有美も上着を首まで捲り上げ、ブラジャーを外すと乳房が露わになっている。
その、露わになった乳房を有美は靴の踵で踏みつけた。
乳房に踵が食い込んで「ギャ~!」悲鳴が上がった。
「こっちにも、して欲しいんでしょう?」もう片方の乳房も踏みつけ「ギャ~!」再び、悲鳴が上がった。

「そんなに楽しみたいなら、もっとしてあげる」珠美も加わり、持った警棒を淫裂に押し込んだ。
「裂ける~。お願いだから入れないで~!」膣を無理に押し広げながら、警棒が奥へと進んでいく。
「気持ちいいでしょう、オ○ンコに入れられて!」有美も乳房を踏んでいる靴に力を入れ「ギャー!」また悲鳴が上がる。
「もう、しません…。謝りますから、許して下さい…」途切れ途切れに奈々が言う。
「そんな事で、許されると思うの。もっとよ!」警棒が20センチほど入った。
「ギャー!」膣に入り込んだ警棒が動かされて悲鳴がやまない。
「ほら、オ○ンコが気持ちいいでしょう?」怒りを込めて動かしていく珠美だ。
「しません、もうしません!」泣き叫ぶ奈々の悲鳴が響いている。

それでも、容赦なく乳房と淫裂への責めが行われて「イヤ、イヤ!」奈々の叫び声も小さくなっていく。
「これは、どうかしら?」乳首を根本からヘアピンで挟んだ。
「う、うー!」それだけ叫ぶと、奈々の意識が消えてしまった。
「あら、お漏らしよ。だらしないわね」警棒が抜かれた淫裂からは、堰を切ったように小水が吹き出していく。「気絶したみたいね、もっと、持つかと思ったけど、だらしないわね」
「それより、悔しいわ。こいつの髪の毛を剃ってやりたい」
「髪は無理だけど、アソコを剃っちゃいましょうよ。どんな顔になるかしら?」

「おもしろいわね、それくらいやらないと、収まらないし…」珠美と有美は、小水の噴き出しが止まると、恥丘の絨毛をハサミで切りだした。
「まだ、ピンクよ。セックスはそんなにしてないのね」
「そのようね。ヒラヒラの先端もピンクだしね」2人は代わる代わる絨毛を切っていく。
「仕上げはこれよ」Tカミソリで剃りだした。

短い絨毛は簡単に消えてしまい、淫裂を隠す物は、何もなくなくなり、縦に割れた淫裂が露わになっている。
「いい気味よ、これで当分恥ずかしい思いをしなさい」絨毛を剃り終えると、珠美と有美の2人は脱がせたパンティを履かし、その上、ズボンも履かせ、服も戻した。
「これでいいわ。お風呂の時にどんな顔になるか見たいわ」
「そうよね、縛ったまま入れましょうよ。それも、大勢が入っている前で」
「いいわね、そうしましょう」珠美と有美は意識のない奈々を一人残して、刑務官室に戻った。

刑務官室に戻ると、ほかの服役囚への罰を考えている。
「奈々以外は、どうしたら良いかしら?」
「そうね、坊主にしたんだから、せめてショートにカットしようよ」
「それに、美智子と洋子の前で裸踊りなんてどうかしら?」
「おもしろいわ。一人一人、やらせようよ」決まると、直ぐに実行に移された。
「イヤ、イヤー!」悲鳴をあげるが、容赦なく髪の毛が短く切られていく。
「う、う、うー!」泣きながら、落ちていく髪の毛を見つめている服役囚だ。

こうして、美智子達と同室の8人は全て短くカットされた。
「わかっているでしょうね、謝るのよ。やらなかったら丸坊主にするからね」
「やります、ですから丸坊主は許してください…」泣きながら詫びを入れた。
「相手は美智子と洋子よ。一人ずつするのよ」珠美と有美は話していく。
「わかったわね、最初はあなたよ!」珠美と有美は服役囚を美智子と洋子がいるクラブ室に連れて行く。

クラブ室に入ると美智子と洋子の顔が引き吊った。
「ご、ご免なさいあやまります!」額を畳に付けて謝った。
「いくら謝ったからって戻らないわよ、直ぐには!」
「わかってます。ですからせめての気休めですが…」土下座していた服役囚が服を脱ぎだした。
「えっ!」美智子と洋子が声を上げたが「音楽をかけましょうか、ストリッパーさん!」
「はい。お願いします…」元気なく返事をする。

(いやよ、こんなの!)音楽が掛かると、それに合わせて服を脱ぎだした。
勿論、パンティブラジャーも脱いで全裸になった。
(いやだわ、ヘアを丸出しにして踊るなんて!)音楽に合わせて踊ると、股間の絨毛もたなびいている。
それに、乳房が振り子のように揺れ動いていた。
(恥ずかしい、性器を晒した上に、踊るなんて!)同姓に恥ずかしい姿を見られ、真っ赤な顔になっている服役囚だ。

音楽が鳴りやんだ。
「もう、しませんから、許してください…」恥ずかしさも手伝い、泣き顔になっている。
だが、美智子と洋子は黙ったままだ。
「戻るから、服を持ちなさい!」
「着てからにして下さい」
「時間がないの。フルヌードで歩くのよ!」そう言われれば拒めない。
(恥ずかしい、ヌードを見られるなんて!}目を充血させながら、刑務所の中を歩いていく。

当然「いやだー!」「素っ裸よ!」作業をしている服役囚も声を上げた。
(恥ずかしい、逃げ出したい!)俯きながら雑居房に戻ったが「ヌードで歩かされるの?」皆が震えていく。
「次はあなたよ。来なさい!」
「許して、ヌードは許してください!」
「だったら、丸坊主になる?」
「イヤ、坊主の方がいやです…」
「で、しょう。だから行きましょう!」
「わかりました…」泣きながらクラブ室に向かって歩いていく。

入ると「ご免なさい、謝ります!」土下座をしてから服を脱いでく。
そして、全裸になると、音楽に合わせて踊った。
踊りが済むと、他の服役囚の前を全裸で歩かされていく。
こうして、奈々以外の同室者全てが、恥ずかしい思いをさせられた。

裸踊りが済むと、珠美と有美はクラブ室に戻った。
「少し気休めになったかしら?」唇を重ねた。
「おもしろかった。オッパイをあんなに揺らせて踊るなんて滑稽だったわ」
「良かった、喜んで貰えて。夕方には、もっとおもしろいのを見せてあげるわよ」
「おもしろいもの…。なんですか、それって!」
「ヒ、ミ、ツ!」笑顔の珠美と有美だ。
では、行きましょう、2人だけの部屋を用意したから」
「わかりました。それから、2人だけで楽しんでもいいでしょう?」
「いいけど、堂々としないで。それに、他の人を好きにならないでね」
「わかってます、珠美さんに有美さん」
「それなら安心だわ」美智子と洋子は小さな部屋に入れられた。
「ここは2人きりだからいいわね」「ええ、邪魔も入らないし」坊主頭の2人にも笑顔が戻っている。

そして、夕方になった。
「入浴よ。入りなさい」「わかりました」美智子と洋子はタオルと着替えを手に持ち浴室に入っていく。
「変ね、今日のお風呂は混んでいるわね」
「そうよね、いつもと違うわ」いつもと違う感じを持ちながら服を脱ぎだした。

そこに「退けて、少し退けて!」両手を縛られ、ロープが腰に巻き付けられた奈々が入ってきた。
奈々は上半身を隠す物がなく「オッパイを丸出しよ」「ホントだわ、少し、垂れ気味ね、年のせいかもよ」奈々の乳房を食い入るように見つめている。
「美智子さんに洋子さん、手伝って。お風呂に入れるから」
「わかりました」2人は奈々のズボンを下げだす。
(こいつがやらせたのね、後で仕返ししてやるから)恨みを込めてズボンを下げた。

 



 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA