塀に囲まれた白百合 リンチ

【第4話】


浴槽から桶でお湯を汲み、体に掛けると「ほら、背中を向けて」珠美は美智子の背中に石鹸を塗って行く。
「すみません、お願いして…」
「こんな事をさせるなんて、あんたが始めてよ」珠美は丁寧に体を洗いだす。
「こっち向いて。ついでだから」
「は、はい。お願いします」申し訳なさそうに美智子が振り向いた。

(いいわ、このオッパイが!)興奮を抑え、美智子の乳房を撫でながら、石鹸を塗っていくと「あ、あ、あー!」思わず、喘ぎ声を上げだした。
(感じているのね…)乳首も摘みながら撫でると、乳房から腹、股間へと伸びていく。
「そ、そこです。そこをもっと!」
「こうね?」指が淫裂の中に入った。
(感じる、私も感じる…)見ている有美も、淫裂が疼いて、制服の上から股間を撫でている。
(パンティが、濡れるかも知れない…)気持ちいいのか、有美はうっとりして見ている。

だが、珠美と美智子は気にもしてない。
「私にも、させてください、刑務官!」虚ろな目で、珠美の乳房を掴むと、撫でだした。
「いいわよ、上手ね」
「もっと、させて下さい。いいでしょう?」喘ぎながら言うと「しかないわね。いいわよ、やっても」潤んだ目をした美智子の指が、珠美の膣を撫で出す。
「処女なのよ。入れすぎないで」
「わかってます、刑務官!」細い美智子の指が、珠美の淫裂の中を掻き回しだした。
それに合わせ、珠美も美智子の膣の中を掻き回していく。
「欲しい、刑務官欲しい!」堪えきらず、美智子は珠美の膝の上に乗って抱きつき、唇を重ねて来た。
「う!」(いいわよ、もっとしても…)4個の乳房が重なり、されるがままの珠美だ。

「酒井刑務官、私の恋人になって下さい」真剣な顔をして美智子が言う。
「いいわよ、美智子なら。それから、2人きりの時は珠美と呼んで」
「はい、珠美さん、これで安心だわ。もう騙されたくないし」
「騙されたの?」
「はい。ここに入る前、男に散々セックスされて、おまけに売春までさせられました」
「そうよ、男は不潔よ。だから女性同士で愛し合うのが一番なの」
「珠美さん、愛しています!」美智子は乳首も吸う。
「いいわ、上手よ。美智子は私が守るから浮気はダメよ」
「はい、珠美さんを愛しますから」2人はお湯で石鹸を流し、浴槽に浸かっていく。
それを、黙って見ている有美は(欲しい、私も洋子が欲しい!)胸も撫でだした。

入浴は30分程で終わり、美智子は独房に戻された。
「いい、反省するなら半分で出られるから、作文を書くのよ」アドバイスする。
「わかりました」素直に従う美智子だ。
「今度は洋子よ、有美も頑張るのよ」
「わかっているわ」2人は洋子の入れられた独房に向かった。
「出して下さい、もうしませんから!」洋子も泣きながら叫んでいる。
「今はダメ、とにかく入浴よ」洋子も腰をロープで縛られて、先ほど美智子と珠美が楽しんだ浴室に向かった。

「1人で、背中洗えるの?」
「無理です、お願い出来ませんか?」
(そうこなくきゃ!)「いいわよ。井田刑務官が手伝うからね」
「ありがとうございます」珠美がされたように有美も洋子によって全裸にされた。
その後、洋子も全裸になって、浴槽の側でお互いの体を洗っていく。
そして、珠美達と同じように「欲しいの、刑務官が欲しい!」洋子も有美に抱きつき唇を吸いだした。
(そうよ、それでいいのよ!)こうして、洋子も有美の恋人になることを誓った。
入浴を済ますと、洋子も独房に戻され「反省文を書きなさい。半分で出れるから」説明している。
「わかりました。直ぐ書きます」素直に従う洋子だった。

独房から出ると「ねえ、恩返ししないといけないわよね」珠美が言い出す。
「そうね。美里さんのために、由真を入れないとね」
「そうよ、何とか、あらを探し出さないと」歩きながら囚人達が作業している作業場に向かった。
作業場では、服役囚達が作業をしていた。
「さぼっている、あの囚人!」
「カモよ、あれは由真よ!」
「ホントだわ、ネギを背負っている」笑顔になった2人は、そっと由真に近寄った。

「何してるのよ、作業もせずに」
「許して、悪気が合ったわけではありません、許して下さい!」
「ダメです、来なさい!」
「いや、いやー!」幼い面影が残る由真は、珠美と有美に引きずられながらも独房に入れられた。
(悪いけど恩返しの材料だからね)独房に由真を入れると珠美と有美は再び作業上に戻った。

そして、5時近くに良子の班と交代して引継をしていく。
「中井由真が作業をサボタージュしましたので独房に入れておきました」美里の顔を見て珠美が言う。
(ありがとう、早速楽しませて貰うから)笑顔になる美里だ。
(やるじゃないの、そうこなくちゃ!)良子も「わかりました、引き継ぎます」と引継が終わった。
引継が済むと珠美と有美は宿舎に戻っていく。
「ねえ、有美。今夜は飲まない?」
「いいわね、珠美の部屋でいいのね」
「そうよ、克子と尚美も呼ぶから」
「パーティか。たまには、いいわね」
「そうよ。たまには、羽も伸ばさないと」珠美の計画は直ぐに伝わった。
「お風呂に入ったら、直ぐ行くわ。ヌードで!」
「あら、ヌードで行くの。だったら私もヌードで行くわ」克子と尚美は浴室に急いで向かった。

珠美と有美はその間に準備をしていく。
「これで良しと。準備は出来たし」一息ついていると「お待たせ!」克子達が入ってきた。
「か、克子に尚子。ヌードなの?」現れた2人は、一糸まとわぬ裸だった。
「どうせ脱ぐんだから、風呂のままで来たのよ」
「そうよ、どうせ脱ぐんだから」2人の肌がピンクに染まっている。

「とにかく、始めましょう、まずは乾杯よ」グラスにビールが注がれていく。
「乾杯!」グラスに注がれたビールが飲まれ「うまいわー!」風呂上がりの克子と尚子は、特にうまく感じている。
当然飲むスピードも速まって「ふー,効いてきたわよ尚子!」「私もよ、克子!」酔いが回ったのか、克子と尚子は抱き合いだした。
「噛んで、尚子!」
「わかっているわ克子!」克子の乳首が軽く噛まれ「あ、あ、あー!」声を上げる克子だ。

「私もしたいわ、有美」「わかっているわよ珠美」2人はお互いの服を脱がせていく。
そして、全裸になると「して、有美。私のオッパイに!」珠美が潤んだ目で言う。
「わかっているわよ、珠美」そう言って、乳房を揉みながら乳首を吸う。
「いいわ。もっとして、有美!」珠美は有美の頭を抱きしめ、髪の毛を撫でていると「あ、あ、あー!」乳首が軽く噛まれた。
「指でもして。あそこに!」喘ぎながら言う珠美だ。

(こうね、指でするわよ)乳首を軽く噛みながら手を伸ばし、淫裂に指を入れると「あん、あん、あん!」気持ちよさそうに、悶え声を上げている。
それは珠美だけでなかった。
克子も同じように「あ、あ、あー!」悶え声を響かせている。
それは、勤務開けの刑務官の部屋から聞こえ、深夜まで行われた。
珠美と有美は交代しながら淫裂と乳房を撫であい、克子と尚子も同じように交代しながら楽しんでいた。

翌朝、珠美達の班は涼子の班と引継をしていく。
「今日から美智子と洋子を雑居房に変えてください」
「わかりました、変えます」美里がニヤリと笑った。
(楽しんだの由真と?)(ええ、由真と楽しんだわ、あの子も私に捧げるって言ってくれたの)満足げな顔の美里だった。
「引き継ぎ、確かに受けました!」両班は敬礼をしてから良子の班が宿舎に戻っていく。

「珠美、直ぐに洋子を出してあげて」
「わかっているわよ、美智子も出さないとね」2人は独房に向かう。
「洋子、出してあげるわよ」
「有美さん。寂しかった…」独房から出ると有美に抱きついていく。
「良かったわね、洋子!」有美も抱いていく。
同様に美智子も独房から出され「寂しかったの珠美さん!」美智子も泣きながら珠美に抱きついた。
「いい子よ、もう泣かなくていいからね」美智子と洋子は、今まで過ごしていた雑居房に移された。
雑居房に移された2人は、仲間と一緒に作業をしているが、そんな2人に嫉妬する者もいた。

それは、俗に牢名主とやばれるやからだ。
(懲らしめてやる。私に断りもなく、いい思いをしたんだから!)そんな思いで奈々は2人を見ていた。
奈々は機会を狙っていた。
(夜でないとダメだわ。それに一人だと無理だし…)作業をしながら、奈々は考えを巡らしていく。

そして、独房から戻った美智子と洋子は、久しぶりに雑居房で夜を迎えた。
だが「う、うー!」突然、美智子の口が塞がれ「うぐー!」同時に洋子の口も塞がれた。
(何するのよ、やめてー!)声を出そうにも、出せない。
「やるのよ!」ドスの利いた声がした。
「う、うー、うー!」両手を押さえられたいる2人は声が声が出せず(いや、いやー!)髪の毛を掴まれた。
「坊主にして!」掴まれた髪に、先端の丸まった幼児用のハサミが当てられた。

(やめて、そんなのいやです!)美智子と洋子は体動かし、抵抗するが無駄だった。
(髪が切られていく…。髪の毛が…)肩や足下に切られた髪の毛が落ちていく。
「動かないで。もうすぐ、坊主にしてあげるから」奈々はニヤニヤしながら見ている。
程なくして、美智子と洋子の頭から毛髪が消えた。
「これで終わりじゃないわよ」短くなった髪の毛に、女性用シェーバーが当てられて剃りだした。
(剃られていく、髪の毛が…)頭は青い地肌が露わになっていく。
「これで嫌われるわよ。いい気になるから、こうなるのよ」
「いい気味よ、ざまあ見なさい!」奈々と手下は笑いながら2人の無毛にされた頭を撫でていく。

「アソコも剃って、お上げ!」2人のズボンも下げられた。
(いや、いやー!)パンティ姿にされ、足をバタバタしている洋子と美智子だ。
「大人しく、しなさいよ!」パンティが引き下げられて、真っ黒な絨毛が露わになり(イヤ、ヘアはやめて!)足が押さえられてしまった。
だが「もういい。これで、懲りたでしょうから」気が変わったのか、美智子と洋子は解放されたが「う、う、うー!」2人の泣き声が雑居房に響いている。

やがて、巡回の時間になった。
「泣き声がする。何かあったのかしら?」巡回する美里は泣き声のする方に歩いていく。
「ここは、美智子と洋子がいる所だわ」常夜灯だけが付いた、薄暗い雑居房に懐中電灯を向けた。
「そ、そんな、バカなー!」思わず懐中電灯を落としてしまった。
美里が見たのは、座ったまま、坊主頭の泣いてる2人の女性だ。
「美智子、それに洋子だ!」体を震わせながら、手に持つ非常スイッチを押した。
「ブー、ブー、ブー!」刑務所の中に非常音が一斉に鳴り響いていく。
それは、宿舎まで聞こえて「何かあったわ、急がないと!」非番の珠美の班の皆も一斉に刑務所へと向かう。

珠美と有美は、刑務所の中を走って美智子達のいる雑居房の所まで来た。
そこには刑務官達が集まっており(まさか、美智子と洋子の身に何かが?)不安な思いで輪の中に入った。
「珠美さん、有美さん。申し訳ありません!」2人に気づいた美里が頭を下げた。
その言葉で、雑居房の中を見て「あ、あー!」「よ、洋子が!」それだけしか言えない2人だ。
「とにかく、事情聴取を行います。とりあえず、美智子と洋子はお二人にお任せしますから」
「クラブ室をお使い下さい。ご自由に使って結構です」申し訳なさそうに良子と美里が言う。
「わかった、2人を預かる」珠美と有美は泣いている2人を抱いて、クラブ室へと向かった。

それと同時に、雑居房にいた服役囚は事情聴取を受けていく。
「誰がやったのよ、言いなさい!」
「し、知りません…」怯えている。
「わかっているでしょうね、これからどんな事をされるか!」
「いや、いやー」服役囚の服が剥ぎ取られていく。
「言わないからよ、誰の指図かを!」

「な、奈々さんです。奈々さんに言われて仕方なくやりました。私は手を押さえただけです!」泣きながら言いだした。
「やっぱりね。奈々が主犯か!」
「もういいでしょう、帰してください」
「そうは行かないわ。しばらく頭を冷やしなさい、独房でね」
「もうしません、許してください!」
「反省すれば考えるわよ、あなたも坊主になってね」
「いや、坊主なんて、いやです!」
「だったら、独房入りを我慢しなさいよ!」雑居房にいた者の全てが、事情聴取を受けてから、独房に入れられた。

 



この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA