青海瑠璃 後編(1)

【後編(1)】

この季節に、部屋の暖かさだから大丈夫なのだろうが、露出の高いドレス。真っ白な腕や首筋に、黒い髪とドレスのコントラスト。
この空間だけ、色を無くしたのではないかと思いそうになる空気。

「…前上げた薬とは別のをあげやしょう。使い方はお任せしやす」
「…ありがとう」
「見返りは…そうっすねぇ…」

黒い魔女は、怪しげに微笑む。

「…あんたの命だ」

少女は悪魔と契約する。
気付いてもいないのだ、その相手が悪魔以上に恐ろしい相手だということを。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

翌週の、週末だった。

「ねぇナツ。よかったら冬休み、泊まりにこない?」

陽菜に誘われ、魚月は考える。
初めてのことではないし、多分叔父夫婦も許可してくれるだろう。ただ、クリスマスは海斗といたい。という気持ちがある。

「…ナツ?」
「え? あ、ウン…叔父さん達に聞いてみるよ。よかったらメールするね」
「そう。わかったわ」

微笑を浮かべ、陽菜は帰宅の準備をする。
陽菜といるのは楽しい。けど、海斗とも過ごしたい。

(…我が儘なのかな、あたし)

海斗は魚月の気持ちに気付くこともなく、年末の学校行事の忙しさに毎日疲れた表情で帰ってきている。
なのに……海斗が頑張っているのをわかっているのに、ここ最近海斗を見ていると体が疼く。

毎日帰宅したら、声を殺しながらオナニーして海斗を求めている。自分がこんなに浅ましいなんて、思ってもみなかった。

(海ちゃん…)

「ナツ。元気ないけど…大丈夫?」

陽菜の心配そうな声に、魚月は笑顔を繕う。

「平気平気。ちょっと寝不足なだけ」
「そう…ちゃんと休んでね」

魚月は苦笑しながら、その陽菜の心配そうな表情に答えていた。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

「ただいま~」

帰宅すると、鍵が開いていた。誰かいるのだろうかと中に入ると、海斗の靴が玄関にある。
こんな時間に戻るなんて珍しいが、もう冬休みも近い。小学校なんてあっという間に終わるのだろう。

「ただいま」
「あ、お帰り。なぁ魚月。お前今年のクリスマスの予定は?」
「え…?」

まさか二人で過ごしてくれる?
いや、そんなミラクルあるわけがない。けどもしかしたら…。

「特には…どうしたの?」
「いや、実はな? 生徒たちうちに呼んで、クリスマスパーティーしようかと思ってさ」

「…ぇ…」
「実は生徒にせがまれちゃってさ。親父と母さんはなんか、二人で23くらいから旅行行くらしいし…何もないならお前もどうだ?」

海斗はいつも生徒第一。自分の教え子が可愛くて堪らない。自分は違う。従姉妹の、妹止まり…。

「魚月…?」
「…ゴメンッ。その日、姫のうちに泊まり誘われてたんだった! ちょうどよかったじゃんっ」

精一杯の笑顔を浮かべる。心配しなくていいからと。海斗は納得したように笑みを浮かべる。

「そうか。よかった」
「あたし部屋にいるから、何かあったら呼んで。準備くらいなら手伝うからさ」

そういって部屋に駆け上がり、ドアを閉める。
そのドアを背に、魚月は座り込む。
涙が頬を伝い、期待していた自分に悔しさしか募らない。携帯を開き陽菜ヘメールを打つ。

[姫☆大丈夫になったから、イヴの日に行くよっ!二人でクリスマスパーティーしようね♪]

あくまで明るく。いつものメールを打つ。画面に涙がおち、それを拭っても拭ってもまた濡れる。

その日は久々に、自慰をしなかった。

 
toukou03

toukou

 

 

この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。 
尚、著作権は、「ひとみの内緒話」及び著者である「M・Y様」に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説
banner-S
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA