ブルマ穿きJKの青姦セックス

shy468-02

46860-01

banner-S

kannou468-4

9a1eb14d

468x060


第7話
あたしとブルマと好きなのはどっち?

「虫とかいるとまずいからな」

治彦は身に着けていた制服を脱いだ。
雑草が薄く繁る地面に、それらを並べていく。

「いつも優しいね、治彦は。だけど少し足りないみたい」

夏服でもある学生ズボンに、白いカッターシャツ。
勢いで脱いだ下着一式も揃えて、シーツ代わりに敷いたものの、智花が指摘するようにいささか手狭である。

シュル、シュル……

「あたしたちって、すごいことをしてるね」

話しかける声は潜められていた。
その少しかすれもした声にオーバーラップし、秘密めいた衣擦れの音色も。

智花もまた、身を包む制服に手をかけていた。
白さが眩しいブラウスを肩口から脱がせていく。
少女の腰をみっちりと留める、スカートのウエストにも指を当てる。
慣れているのにぎこちなくホックをゆるめ、サイドのファスナーを下ろした。

「ここは瞬き禁止だからね」

脱ぎかけのスカートを摘んだまま、智花が訴える。
言われなくても、瞳をドングリのように開かせた治彦を見つめた。

「ふうぅ……」

ファサ……

「あぁ……おぉっ!」

緑の空気をはらみ、赤と黒がクロスするチェックのスカートが舞った。
智花が噤んだ唇を鳴らし、治彦の射しこむ視線が彼女の股間を凝視し、雄たけびの声を漏らした。

健康美溢れる太腿のつけ根に、食いこむように貼りつく濃紺色のブルマ。
その魅惑的なアイテムの出現に、少年の胸は激しい鼓動を響かせた。

「やっぱり嬉しいんだ」

「あ、当たり前だろ。それよりも朝から穿いてたやつか? そのブルマ……」

「そうだよ、この前と一緒。ピチピチのブルマの中には、パンツとかパンティーとか穿いてないから、智花の恥ずかしい匂いだってたくさんついているかも?」

「恥ずかしい匂いって、なんだよ?」

「そんなの、あたしから言えるわけないでしょ。知りたかったら、治彦が調べてみてよね……あぁん、声にしただけで恥ずかしいんだから」

女の子したピンクのブラジャーと、紺色ブルマを着けた智花は、これまで脇に挟ませていた松葉杖を外した。
傷めた利き足を庇うようにしながら、腰をゆっくりと落としていく。

「治彦、あたしのもお願い」

脱ぎ落されたブラウスにスカートを、遥香の手が指している。
それを暫し呆然としていた治彦が、慌てて回収し、特設のシーツに継ぎ足していく。

「あたしたちって、お外でエッチするんだね」

「青姦って言うらしいぞ。外でセックスするのを」

智花は仰向けに寝そべっていた。
治彦は己が履いていたズボンの上に足を乗せた。

射しこむ木漏れ日が気になるのか?
それとも……?
まぶたを柔らかく閉ざした少女の上へと、全裸な男の肌を合わせていった。

「智花って、どんどんスケベになっていくんだな」

「はふぅんっ、だって……治彦の彼女なんだから……」

「それって答えになってないけど……ジュブ、ジュル……この場所は目をつけていたのか? 俺とセックスするために」

「ひぅん、ジンジンしちゃう……乳首吸われるとぉ……そ、そうよ、治彦とスリルのあるエッチをしたいなって……」

広葉樹の林と、垣根のように取り囲む植えこみの繁みの中で、治彦と智花は愛し合っていた。
寝そべる彼女に覆いかぶさり、ブラカップを首元へとずらせた少年は、唇をすぼめて乳房の頂を吸った。
汗の膜に覆われた指を使い、お椀を伏せたような乳肉を揉む。
餅肌の乳肉を少し乱暴に絞り上げ、硬く立ち上がった乳首の蕾に前歯も当てる。

「くぅっ! おっぱいばっかり……あぁ、いじめないでぇ……」

「ということは、他ならいいんだな?」

「はあぁ、知らない……」

智花の顔が伏せられる。
その鼻先に、治彦の腰を包んでいた下着が触れて、急いで顔の向きを反転させる。

「むはぁ、じゅば……」

「くふぅ、くすぐったい……」

次なるターゲットを目指して、治彦は身体をスライドさせる。
触れ合わせた唇はそのままに、乳房に乗せていた両腕を敷き詰めた着衣のシーツに突き立て、ピュアな素肌にキスの舐め痕を残しながら。

「ブルマって最高だよな」

そんな治彦の顔面が、智花の下腹のあたりで停止する。
分厚い唇をねっとりと濡らしたまま、頭を持ち上げた。

「あたしとブルマと、どっちが最高なの?」

「どっちもかな」

「ひどい! 智花の身体と着けてるブルマが一緒だなんて」

智花がほっぺたをふくらませた。
治彦を乗せたまま腹筋に力をこめると、腰を薄く浮かせた。

「お、おい……なにをする気だよ?」

「脱ぐの、ブルマ……治彦には、あたしだけを愛して欲しいから」

細くて頼りなげな指が、濃紺の生地を掴みしめている。
本気で脱がせるつもりだと、グイとそれをずらせて、鼠蹊部に刻まれたつけ根のラインを露わにさせる。

「その手を離してよ」

さらに引き下ろそうとさせて、治彦の腕が阻止させる。
男の体重は片腕に任せて、ブルマに引っかけた智花の指をなだめた。

「俺は、お前が好きだ。でも別の次元で、ブルマも大好きなんだ。だから……」

「ああぁっ、それってずるいよ……」

フェチな男心を納得させるような言葉は知らない。
治彦は思い浮かんだままを声に乗せた。
そして、ずらされかけたブルマの乱れを直すと、智花の女の子の部分を手の指になぞらせた。

 
kanrinin01
 
toukou
 
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA