塀に囲まれた白百合 取引

【第3話】


独房で美智子と洋子の2人と楽しんだ珠美と有美は刑務官室に戻って来た。

「楽しんだみたいね、今度は私にも楽しませてよ」克子が恨めしそうに言う。
「わかっているわよ、克子。それより、仕事はどうなの?」上気した顔で言う珠美だ。
「作業は、いつものように行ってます」
「それから、生鮮品が運ばれてきます。トラック1台分だそうですが」
「わかった。運ばれたら、受刑者にやらせて」指示する珠美に「はい。わかりました」刑務官達は言われた通りにして行く。

やがて、昼近くにトラックが刑務所唯一の出入り口から中に入って来て、服役囚が取り囲んでいる。
トラックは建家の直ぐ側に停まり、運転手と助手が降りてきた。
2人は、コンテナのドアを開けて中に入ると「冷蔵室に運びなさい!」その言葉で、囚人達の列ができあがる。
この刑務所にいる2人の男性を、女囚達は食い入るように顔と股間を見ている。

(あこに、オチンチンがあるのね)潤んだ目で見つめている。
「はい,重いよ!」手渡しで受け取るとそれを運んでいく。
(オナニーがしたい…)禁欲されているから無理もなかった。
 それは服役囚だけではなかった。
(男だわ。あそこにオチンチンが入っているのね)刑務官も久しぶりに見る男性だから、中には興奮する者もいる。
(膣が濡れている…。あのオチンチンで膣を突かれたい…)じっと、男性を見つめている刑務官だった。
(あの子ったら、男ばかり見て!)責任者の珠美は、刑務官に近寄り「しっかり見てないとだめよ」と注意すると「はい。見ています」慌てる刑務官達だ。

服役囚は数回往復して、トラックに積まれた物を全て運び去った。
それを受け、トラックが刑務所から外に出た。
「これより、1時間休憩します」珠美の言葉に、服役囚達が蜘蛛の巣を散らすように散って行き「行きましょう」珠美達、刑務官も休憩室に向かった。
だが、服役囚達はこっそり、隠れてオナニーをしていた。

「欲しい、オチンチンをここに入れて!」目を閉じ、青空の下で、ズボンとパンティを下げて、露わになった淫裂を、指で弄って妄想している。
「オッパイにもして!」シャツも捲って、乳房も撫でている。
「お互いにしましょうよ」「いいわよ。やって!」刑務官の目を盗みながら、淫裂に指を入れ合い、交互に乳房を吸い合っている。
「いいわ、いいわよ」女囚達は淫裂から淫汁を流していく。
やがて、休憩時間が終わると作業が開始されて、今日も無事に引継が行われた。

引き継ぎを終えた刑務官達は宿舎に戻っていく。
「珠美、一緒にお風呂に入ろうよ」
「いいわね、有美」2人は一緒に大きな浴場に入っていく。
「ねえ、珠美。オチンチンで膣を突かれたら裂けないかしら?」服を脱ぎながら有美が尋ねた。
「何言っているのよ。痛いに決まっているわよ。それにオチンチンなんて不潔よ」
「そうよね、オチンチンなんて不潔だわよね」2人はパンティ、ブラジャーも脱いで全裸になり、股間の絨毛も露わになっている。
「有美のオッパイは相変わらず綺麗ね」
「そんな事ないわよ、珠美の方が綺麗よ」2人は乳房と淫裂を晒したまま浴室に入っていく。

浴室の中には誰もいない。
「珠美、洗ってあげる」有美は石鹸を泡立て背中に塗っていく。
「はい。今度は前よ」2人は向き合った。
「珠美、オッパイを洗うからね」有美は石鹸を泡立て、両手で乳房を撫でだした。
「柔らかいわ、珠美のオッパイが柔らかい…」丁寧に繰り返し乳房を撫でていく。

「有美のここも綺麗よ」
「だめよ。そこはまだ早いわ」
「早くないわよ、ほらヒラヒラが!」有美の淫裂からはみ出た肉襞が掴まれた。
(気持ちいいわ、珠美に触られると感じていく!)有美も乳房を掴んだ手で淫裂を撫でていく。
「いいわよ、有美。気持ちいいわ…」
「私も気持ちいいのよ」誰もいない浴室の中で、2人は淫裂を撫であった。

2人が楽しんでいると「仲がいいのね。でも、規則違反よ」声がした。
「よ、良子さん。どうしてここに?」(まずいわ。よりによって、良子に見られなんて!)動揺を隠すまいとする珠美と有美だ。
「今日は休暇なの。それで、早くお風呂に入ったのよ」
「そう、休暇だったんだ…」言葉を合わせる珠美と有美だ。
「ねえ、今度の新入り可愛い子、確か洋子とか言っていたわよね?」
「洋子ね、独房に入っている子ですね」
「あの洋子に、美里が目を付けているのよ、困っているの」

「それで、私達に何か用でも?」
「言いにくい事だけど、洋子を諦めて欲しいのよ」
「いやよ。洋子は、私が気に入っているんだから!」
「有美さんもなんだ。困ったわ。美里も欲しがっているし…」
「何とかなりませんか、良子さん!」
(そうよ、そうこなくちゃ!)良子は焦らすかのように、背中を洗い出した。
それを見て「お願い、良子さん!」有美は良子の背中を洗いだす。

「1つだけ、言う事聞いてくれたら、いいわよ」
「言って、どんな事なの?」
「珠美と有美が、私と一晩付き合ったら、洋子を有美にあげる。美里を必ず説得するわよ」
(洋子は欲しいけど、良子と抱き合うなんていやよ!)しばらく沈黙が続いた。
「珠美、お願い、どんな事もするから付き合って、一生のお願い!」
「わかったわよ。有美に頼まれたら、いやとは言えないわよ」
「ありがとう、珠美。で、良子さん、いつにするの?」

「今夜はどうかしら。3人が揃うのは滅多にないし」
「いいわ、今夜ね」
「そう、今からよ」良子は有美の股間に手を伸ばしてきた。
(性器を触られている…。良子に…)目を閉じて、されるがままの有美だ。
すると、淫裂の中に指が入って来た。
「処女膜は破らないわ。私だって、これでも処女なのよ」
「良子さんも処女なんだ!」珠美も良子の淫裂を触りだした。
(ホントに処女かしら。この年で…)珠美の指が、淫裂上部にある、クリトリスを触わりだす。

「欲しくなってきた…。ここでは何だから、私の部屋でしましょう」虚ろな顔の良子だ。
「そうよね。ここでは、だめよね」珠美は浴室から出て、脱衣室で濡れた体を拭きだす。
「珠美、そのままでいいわよ。私もこのまま行くから」
「えっ、ヌードで行くの?」
「そうよ。いいでしょう、珠美に有美!」
「わかった。このまま行くわ」珠美と有美は体を拭き終えると、バスタオルで脱いだ衣服と着替えを包んで、手に持った。

(恥ずかしいわ、ヌードで宿舎の中を歩くなんて)
(こんな姿を見られたら、困るわ)3人は生まれたままの姿で浴室を出て歩いていく。
6個の乳房が円を絵描き、尻も左右に揺れ動いている。
「ピタ、ヒタ!」履いているスリッパの音が廊下に響いているが「た、珠美さん、それに有美さん!」突然、声を掛けられた。

「克子さん驚かないで。体が熱いから冷やしているのよ」良子が言う。
「そうなの、体が火照っているから冷やしているの…」珠美も言う。
「そうなんだ…」克子は珠美と有美の乳房をゆっくり撫でていく。
「珠美、行きましょう」良子は、珠美が克子に触れるのが、いやだから声を掛けた。
「そうね、もう行かないと…」珠美と有美は、克子と別れて歩き出し、良子の部屋に入った。
部屋の中に入るなり「欲しいの、このオッパイが前から欲しかったの」良子は珠美の乳房をゆっくり撫でていく。
「有美さん。あそこにして!」
「わかっているわ」有美は体を屈め、良子の淫裂に手を伸ばし、撫でていく。
「いいわ、そうなの。そこよ!」良子と珠美はベッドに倒れた。

(いやだわ、こんな事なんか!)渋々、良子に乳房を掴まれ、撫でられていく。
「オッパイ、吸わせて!」珠美の乳首が吸われた。
有美も良子の尻を撫でてから、手を伸ばして、淫裂を割れ目に沿って撫でだす。
(いやだわ。珠美の性器だったらいいのに…)時折、指が膣の中に入っていく度に「うん、うん!」良子は珠美の乳首を吸ったまま、悶え声をあげて腰を浮かせている。

(気持ちいいわ。3人で楽しめるなんて、初めてだし…)良子は珠美の乳首を吸ったまま、淫裂を撫で始めた。(いやよ、有美の手ならいいけど)渋々、受け入れている珠美だ。
(これが、珠美の性器ね。興奮するわ)指が膣の中に入り動いている。
(いや、指を動かさないで!)珠美も良子の乳房を掴んで、撫でていく。
「あん、あん、あん!」乳首を吸っていた良子が喘ぎ声をあげだした。
(性器から、お汁が流れていく…)有美の指がベトベトに濡れている。

「もっと、もっと、激しくして!」良子の言葉に、指の動きを早めていく有美だ。
「いいわ、いいわよ。オッパイも吸って!」背中が浮いていく。
(いやだけど、仕方ないわね)珠美も、言われた通りに、乳首を吸う。
「行きそう、行きそうよ!」目を閉じて、有美と珠美に身を預けている。
(良子さん、もうすぐ行くわ)淫裂から流れ出た淫汁がシーツを濡らし「クシュ、クシュ!」指の動きに合わせて音が出ている。

程なく「もうだめ…。行く、行く!」全ての動きを止め、荒い息づかいで「ハア、ハア!」と喘いでいる。
「珠美さん、私達も行きましょうよ」
「そうね。行こうか、有美と一緒に」珠美と有美は喘いでいる、良子の隣で抱き合った。
「有美、あれでしようよ」
「いいわよ、あれでしよう」2人はシックスナインの体位を取り、淫裂を撫で合う。
「いいわよ、気持ちいい!」「私も気持ちいい!」お互いの指が淫裂を撫でている。
「いいわ、いいわ!」有美と珠美も淫裂から淫汁を流していた。
そして「行くー!」有美と珠美の動きが止まり「ハア、ハア!」荒い呼吸で2人は抱き合っている。
「よかったわよ、有美…」「私もよかったわよ、珠美…」そのまま3人は小さなベッドで一晩を過ごした。

翌日、珠美と有美はいつものように、刑務官の制服を着込むと、服役囚がいる刑務所に向かった。
刑務官室に入り、引き継ぎをするが「桜井さんから聞いています。美智子と洋子は諦めますが、由真と桃子をいただきます」言い出す。
「わかっている。承知したわよ」
「安心しました。これで気兼ねなく、由真を抱けるし」笑顔になるっている美里だ。
「それから、洋子と美智子は入浴させておりませんから、お願いしますよ」ニヤリと笑う美里だ。
それには「気を遣ってくれてありがとう。早速入浴させます」ニコニコしながら答える珠美だ。
「それではお願いします」「わかりました」敬礼をして交代していく。

「珠美、早速入浴よ」
「まずは、美智子からで、いいでしょう?」
「当然よ。これも、珠美のお陰だから。礼を言わないと」
「礼は今夜よ。楽しみたいの、口直しにね」
「私もよ。珠美に抱かれたいし」
「だったら、行きましょう」2人は美智子が入れられている、独房に向かった。

「お願いです、出して下さい。もう、しませんから」
「それは無理よ。でも、入浴は認めるわよ」独房の鍵を開けて美智子を出した。
「規則だからね」独房に入れられると、逃げられないように、ロープで腰を縛る規則になっている。
「これが下着よ。自分で持って!」
「ありがとうございます」美智子は有美から下着を受け取る。
「行きましょう」コンクリートの廊下に「コツ、コツ!」3人の靴音が響いていく。
浴室はガランとして誰もいない。
「服を脱ぎなさい。裸になるのよ」珠美の言葉には素直に従い、服を脱いでいく。
(可愛い子だわ、ヌード姿を早く見せなさいよ)珠美の目が輝いている。
美智子は囚人服を脱ぎ、下着だけの姿になっていく。
(そうよ、オッパイを出すのよ)背中のホックを外して、ブラジャーを脱ぐと、パンティを脱いで全裸になった。

「一人で洗えるの、美智子!」
「出来ません、背中は洗えません…」珠美と有美は顔を見合わせた。
(珠美、チャンスよ、一緒に入りなさいよ)
(そうするわ、美智子の全てを触れるし)「仕方ないわ、私が付き合ってあげる」珠美も服を脱ぎだした。
「美智子、酒井刑務官の脱ぐのを手伝うのよ」有美も気を遣っている。
「お手伝いします」全裸になった美智子は珠美のボタンを外しだす。

(そうよ、そうするのよ)上着が脱がされ、ズボンも脱がされた。
(脱がされると、感じていくわ…)美智子は、下着姿になった珠美のパンティに手を掛けた。
(そうよ、そうするのよ)パンティを引き下げて、下半身を丸出しにしていく。
その後、ブラジャーも脱がせて、珠美は美智子は、生まれたままの姿になった。
「行くわよ、美智子!」「はい」珠美と美智子は、股間をタオルで隠し、浴槽へと向かった。

 



この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA