青海瑠璃 前編(9)

【前編(9)】

その夜。少し前。
水島家では、少し遅めの夕食を食べ終わったところだった。
魚月の体のほてりもそれなりにおさまり、ホッとしながら食器を片付けている。

(やっぱ欲求不満なのかなぁ…好きな人と一緒だから…)

リビングにくつろいでいる叔父と海斗の方を見て、魚月は溜息をつく。

「なっちゃん。疲れてるみたいだけど…」
「え? あ、平気平気っ。考えごとしてただけ」

心配そうな叔母に笑顔を返し、皿を洗い出す。

「そう? 疲れてるなら無理しなくていいのよ?」
「大丈夫だって~(笑)」

言えるわけがない。海斗のことが好きすぎて、オナニーに耽ってしまったから…だなんて。

「あぁ、そういえば海斗。結局どうなったんだ? あの先生」

番組がCMに入ったからか、叔父が海斗に何か話題を振っている。

「ん? 何が?」
「ほら、あのナントカって女の先生」
「あぁ百合子先生か…」

海斗の声のトーンが少しさがる。

「全然。もう二週間たつけど、音沙汰もないし」

確か、海斗と同じ高学年の担任だった女の先生だ。
二週間程前に突然行方を眩ませ、誘拐か自殺か等と大騒ぎしていたが、まだ見つかっていないようだ。
学校も公にしたくないのか、彼女の実家が捜索願いを出しただけの状態らしい。

「生徒は何とか落ち着いてきたけど…ホント、どこ行っちゃったんだか…」

溜息混じりの海斗の声が聞こえる。

「結構真面目な人だったからさ、心配だな」

他の女の人の心配をしているのはつまらないけど、場合も場合だしと、黙っていた。
皿を洗いながら、段々と海斗達の声が遠退いていくのがわかった。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

あれから一週間。給食室の復活で給食が再開し、弁当の期間が終わる。
その一週間、陽菜が作ってきてくれるお菓子を毎日食べ、その度に魚月はオナニーに耽っていた。

たかが一週間。
されど一週間。

帰宅してすぐにオナニーをしてしまう癖がつくには、十分な期間だ。
だが、陽菜はまだ足りないようだった。
その夜陽菜はその屋敷に向かっていた。

「…客か?」

目を開けた先にホールがあり、そこには少年がいる。

「…あの魔女はどこにいるの?」
「妖子は魔女じゃねぇよ。…あながち間違ってもいねぇが」

ラフなTシャツとジーパン姿の少年は、耳のピアスを指で撫でながら呟く。

「その妖子さんはどこ?」
「…きな。こっちだ」

少年は髪をかき揚げ、あの真っ黒な扉の部屋に向かっていく。

「あんた随分慣れてるな…まさか…」
「そうね。三度目よ」

陽菜は、その黒いドアを見つめる。この扉の前に立ったのは、三度目。

一度目は、姉の裏切りを見たときだった。
憧れていた姉が、両親の留守中に見知らぬ男を連れ込み、情交に耽っているのを見てしまった時。
あの美しい姉が、浅ましい獣のように乱れる姿を見て、陽菜は裏切りを感じた。
だから汚した。調教し、奴隷におとしめた。

二度目は、姉を完全に屈服したとき。

そして…。

「これはこれは近江様。どうもお久しぶりで」

ドアが開き、中にいる真っ黒な少女。
彼女と視線を交わすだけで、妙な感覚が生まれる。彼女に会えた時は、願いが叶うときだから。

「今日はどのようなご用で?」
「落としたい子がいるの。…親友よ。だけど…性奴隷にしたい」

陽菜の言葉に、妖子が微笑む。

「いくら欲しいの? 見返りなら払うわ。だから協力してちょうだい」
「…そうっすねぇ」

妖子が、楽しげに髪をかき上げる。

 
toukou03

toukou

 

 

この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。 
尚、著作権は、「ひとみの内緒話」及び著者である「M・Y様」に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説
banner-S
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA