塀に囲まれた白百合 事情聴取

【第2話】


翌朝、有美はいつものように制服に着替えると、刑務所に向かった。

刑務官は交代制で勤務を行っており、有美と珠美のグループは、今週は夜勤なしの、朝から夕方までを受け持っている。
「引き継ぎです。服役囚の中に同性愛を行っていた者がいたので独房にいれました。事情聴取は行っておりません!」その言葉にリーダーの珠美は(もしかして?)興味が沸いてきた。
「独房に入っている2名は?」
「後藤美智子と白鳥洋子です」
「わかりました。速やかに調べます」敬礼をして引き継いだ。
(洋子のヌードで楽しめる…)(美智子の全裸を見れる…)珠美と有美の想いが現実味を帯びてきてきた。
「有美、事情調査よ。克子、後を頼むわね」
「わかりました。後はお任せ下さい」珠美と有美を残して刑務官は監獄の中に入って行く。

「有美、チャンスよ」
「そのようね。あのオッパイが触られなんて、信じられないわ」2人はこれからの事を想像して笑顔だ。
(オッパイを触って、その後は膣に指を入れて、それから…)2人は独房に向かった。
「いる、いる。美智子がいるわ」「こっちには洋子がいる」2人は独房の監視窓から確かめた。
「有美、これは検証よ。勘違いしないでね」
「わかっているわよ。検証だから」2人は真っ先に、美智子の独房の鍵を開けて美智子を外に出した。
「お願いします、悪気でしたんじゃありません。許してください」泣きながら言う美智子だ。
「ここでは、何を言ってもだめよ。来なさい!」
「許してー!」美智子の悲鳴が響いている。

美智子は有美と珠美によって調べられていく。
「美智子、昨日は洋子としたんでしょう。検証するから脱ぎなさい!」
「はい、ヌードですね?」慣れた手つきで、囚人服を抜いていく。
囚人服の下は下着だけの姿で、真っ白なパンティとブラジャーが眩しい。
美智子は2人が見守る中、恥ずかしそうにパンティから脱いでいくと、股間は真っ黒な絨毛がびっしり生えていた。

(ヘアだわ、美智子のヘアだ!)珠美は興奮しているが、冷静さを装っている。
美智子はパンティを脱ぎ終えるとブラジャーを脱いで全裸になった。
「それで、洋子とはどうしたの?」珠美は問いつめていく。
「キスをしました…」乳房と股間を手で隠したまま、俯いて言う。
「キスね…。どういう風になの。酒井刑務官を洋子と思って、再現しなさい!」有美は気を効かして言う。
(ありがとう、有美。礼は返すからね)「その通りよ、やりなさい!」珠美も強気だ。

「こうしました」美智子は、乳房を押しつけながら珠美に抱きつき、唇を合わせていく。
両手を珠美の首に巻き付けて唇を重ねた。
「それからは、どうしたの?」
「よ、洋子がオッパイを掴みました…」
(そうよ、オッパイを掴かまいとね)「こうしたのね?」珠美は興奮で震えながら、美智子の左乳房を右手で掴んだ。
「そ、そうです…。キスをしながら、両手でオッパイを揉まれました…」美智子の言葉に、珠美は両乳房を掴み揉んでいく。

(柔らかい。それに美智子のオッパイは暖かい…)乳房を揉みながら、勃起した乳首を指で挟んだ。
すると「あ、あ、あー!」堪えきれず、美智子は甘い声をあげた。
「それで、美智子はどうしたの?」
「こ、こうしました…」美智子は、珠美のズボンのベルトをホックを外した。
(いよ、いよね。美智子に性器を触ってもらえるわ)珠美はズボンが下げられて、パンティ姿になった。
「こう、しました…」珠美のパンティの上から恥丘の膨らみを、撫でだす。
(そうよ。もっと、そこを撫でて!)美智子は唇を珠美と会わせて、指を割れ目に沿って上下に動いていく。 

美智子の愛撫に、珠美の手も自然に乳房から股間へと動いていく。
(これが、美紀子の性器ね、指を入れてみよう!)興奮しながら、指を膣の中に入れていく。
淫裂に珠美の指が入って、動いていくと、それに合わせて腰が動き「あ、あ、あ~!」悶え声もあげている。
「指はこうしたの?」珠美の指は膣の中でくの字に曲がり、じっくりと膣の中を撫でていく。
「そうです…。凄くいいです…。私もしました…」虚ろな目になった美智子は、珠美の制服のボタンを外しだす。
(そうよ、ヌードで楽しみましょうね)ボタンが外されると、ワイシャツのボタンを外しだした。
「美智子は、オッパイを吸っていたのね?」有美も興奮して見ている。
(私も洋子としてみたいわ。珠美、わかってるでしょうね?)
(わかってるわよ、洋子は有美にあげる!)目が合っていた。

そんな事には気づかず「こうして、オッパイを吸っていました…」ワイシャツのボタンを外して、背中のホックを外した。
(珠美のオッパイが興奮している!)珠美の乳首が大きく勃起していた。
美智子はブラジャーからはみ出た乳房を掴み、ゆっくりと撫でていく。
(吸って、乳首を吸って!)珠美も目を閉じて、美智子の乳房を揉んでいる。
そして、珠美の乳首が吸われ「あ、あー!」喘ぎ声をあげてしまった。
(気持ちいい、有美。凄くいいのよ…)有美を見つめた。
(私も洋子としたいわ、早く終わりましょうよ)
(もう少しよ、膣をやったら終わるから)

「それで、どれくらいしたの?」
「行きました、二人とも行きました…」
「だったら、行って。見せるのよ」珠美の指の動きが激しくなった。
「あん、あん、あん!」美智子の淫裂から淫汁が流れだした。
(私も洋子としたいのよ!)珠美と美智子の営みを見ていた有美は、淫裂の中も潤って、パンティを濡らしている。
「行きそうです、行きそうです…」口をパクパクさせ、珠美のパンティを引き下げた。
珠美の真っ黒な絨毛に覆われた淫裂が露わになっている。

その、絨毛を撫でながら、指が珠美の淫裂の中に入っていく。
「私は、こうしました…」美智子の指も、くの字に曲がって、膣の中を動き回っていく。
「私は処女なの、乱暴にやっちゃダメだからね」
「心得ております。喪失はさせません…」美智子の指が動いていく。
(行きそうよ、行きそうだわ!)美智子の指で、珠美も淫裂の中から淫汁が流れている。
「クチュ、クチュ!」音が出てから暫くすると「あん、あん、あん!」「あ、あ、あー!」2人の喘ぎ声が響いていたが「行く、行くー!」遂に、美智子が床に崩れた。
(もう少し楽しみたかったのに…)不満を持ちながら、珠美はパンティを引き上げた。

「今度は洋子と私がするからね」有美はぐったりしている美智子を抱えて、ベッドに寝かせる。
「勿論よ。有美も楽しんでいいわよ」珠美はズボンを履いていく。
「あら、まだオッパイに後があるわよ」有美が珠美の乳房を撫でた。
「ほんとだわ」乳房を掴みんでカップに押し込んでいく。
そして、ワイシャツも直して「後藤さん、これからは同性愛はしないようにしなさい。初回ですから5日間の独房ですが、次回は許しませんからね」注意する。
美智子は「気を付けます…」ベッドに仰向けになったまま、乳房と淫裂を晒して、荒い呼吸をしながらで天井を見つめている。

「今度は洋子の所よ」2人は独房の鍵を掛けてから、洋子が入れられた独房に向かった。
 「ここだわ、洋子が入っている」2人は独房の外から眺めている。
それに気付いて「お願いです、出して下さい。ここはいやです!」泣きながら叫ぶ洋子だ。
「そうは行かないわよ。勝手に2人で楽しんだんだから罰を受けないと」独房の鍵を開けて中に入って行く。
「もう、しませんから出して下さい。一人なんていやです!」泣いている洋子だ。
「いつまで泣いているのよ。それより、美智子とした事を話しなさい!」
「レズをしました…」泣いていた洋子は小さな声で言う。

「どういう風に、してたんですか?」
「素っ裸になって、抱き合いました…」下を向いたままで顔を上げない洋子だ。
(思った通りだわ、可愛い子ね)有美は洋子の肩を押さえて「美智子とやった通りにやりなさい。井田刑務官を相手にして!」珠美は有美に洋子を抱かせようとした。
(ありがとう、珠美!)
(礼は要らないわ。その代わりにまた美智子とさせて)
(いいわよ、洋子ともさせてよ)お互いに見つめ合う2人だ。

「脱がせて下さい、刑務官!」
「美智子が、洋子を脱がせたたのね?」
「はい。洋子が私を裸にしました…」
「こう、したのね?」有美は鼓動が高まっていく中、洋子の上着を脱がしていくと、真っ白なブラジャーから乳房の膨らみが見えている。

「これも、脱がせたのね?」
「はい。美智子がしました…」両手で洋子を抱きかかえるように、背中に回してホックを外した。
(これでオッパイが触れる!)洋子の乳房がカップからはみ出している。
有美は興奮を抑え、肩からブラジャーの紐を外した。
洋子は上半身が丸出しになり、乳房が揺れている。
(綺麗なオッパイだ…。早くしたい!)有美の膣が潤っている。

「私も、脱がしました…」洋子は有美に乳房を押しつけ、顔を掴んで唇を吸う。
(そうよ、そうこなくちゃ!)有美も洋子のされるがままだ。
その後、洋子の手が、制服のボタンを外して脱がせ、更にネクタイ、ワイシャツと脱がして、上半身がブラジャーだけになっている。
「これも、脱がせました」乳房と乳房が重なった。

(暖かい、洋子のオッパイが暖かい…)薄い生地越しに、乳房の暖かさが伝わっている。
「この後、私が美智子の膣を舌で…」体を屈め、有美のズボンを脱がせてパンティ1枚になった。
(シミだわ、膣から流れた蜜だ!)珠美は淫裂を押さえる布地に、小さく濡れた部分があるのを見つけた。
そんな事とは知らない洋子は、両手でパンティを掴み下げていく。
「綺麗です、美智子と同じく綺麗です!」有美を生まれたままの姿にすると、ベッドに抱きかかえ、仰向けに寝かせる。

そして、洋子は自分からズボン、パンティと脱いで、有美と同じく生まれたままの姿になった。
「その後は、どうしたの?」
「こうしました」有美の上にシックスナインの体位になって、淫裂を舌でなめし、すかさず「あ、あ、あ~!」有美は喘ぎ声をあげた。
(気持ちいい、洋子が舌が膣の中に入っている!)有美も両手で淫裂を広げ、舌で膣をなめていく。
「あん、あん!」洋子の腰が有美の動きに合わせて動いている。

「その後、指でしたのね?」
「違います。オッパイを触り合いました…」
「だったら、やりなさい」洋子は有美と向き合い、馬乗りになり、両乳房を掴んだ。
(いいわよ、乳首も摘むのよ…)有美も洋子の乳房を触りながら乳首を摘んだ。
「あ、あ、あ!」目を閉じ、気持ちよさそうな喘ぎ声をあげていく。
そして「吸って、吸ってください。乳首を!」洋子は荒い息使いをして、乳房を口元に押しつけてきた。
(わかっているわよ、吸ってあげるから)有美は乳房を揉みながら乳首を吸った。
「いいわ、いいわ!」悶え声をあげる洋子だ。

それを見て(やったばかりなのに、また、したくなった!)珠美はズボンの上から股間を撫でている。
「その後は、どうしたの?」珠美の言葉に、洋子も有美の乳房を掴み、乳首を吸う。
「あ、あ、あー!」有美も体を浮かせ、悶え声をあげた。
(気持ちいい、あの子がオッパイを吸っているんだ!)淫裂の中が更に濡れ、洋子の指が入っていく。
「破らないで、処女だから注意してよ」
「はい!」(そうよ、指で膣の中を動かすのよ)有美も洋子の淫裂に指を入れた。

(濡れているわ。気持ちいいんだ!)指が膣の中を掻き回していく。
「もっとしました。美智子はもっとしました…」悶えた顔をしながら、洋子の指が有美の淫裂の中を激しく動いていく。
(いいわ、気持ちいい!)有美も指を激しく動かしていく。
(お汁が流れている…。洋子は気持ちいいんだ…)有美の指が、洋子の淫汁でベトベトに濡れている。
同様に、洋子の指も有美の淫汁で、ベトベトに濡れている。

「クシュ、クシュ!」濡れた二つの淫裂から音が出て行き「行きたいです、お願いです、行かせてください!」洋子は切なそうに有美の顔を見つめた。
「だめ、行っちゃダメ。これは検証なんだから!」唇を重ねながら指を動かしていく。
「でも、我慢できません。行かせてください。美智子は行かせてくれました…」
「そう、美智子は行かせたんだ!」有美の指が2本になった。
洋子も有美の膣の中に指を入れてきた。

(凄いわ、行きそう。でも我慢しないと!)行きそうな気分を堪えて、指を動かしていくと「だめ、行きます、いくー!」洋子は動きをぴたりと止め「ハア、ハア!」荒い息使いをしている。
(行ったのね。私も行く寸前だったわよ)名残惜しそうに、指を淫裂から抜いて、洋子が脱がせたパンティを履きだす。
「洋子ったら凄かったわよ。私もパンティ濡らしちゃった」
「勤務開けに2人でしようよ。行きたかったし」珠美が言う。
「そうよね。私も行く寸前で、行けなかったしね」話をしながら、有美は服を着込んで刑務官姿になっていく。
「洋子、今度したら10日間だからね!」珠美と有美は独房に鍵を掛けて戻り、独房には、ベッドに全裸で仰向けになったまま、動かない洋子が残されている。

 



この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA