恋人のヒップに精液を大量ぶっかけ

 

shy468-02

46860-01

banner-S

kannou468-4

9a1eb14d

468x060

 


 

 

第5話
中出しをねだる少女と戸惑う少年と

ブルマ……濃紺の食いこみブルマ……

そのキーワードを聞かされた途端、治彦のフェチな心が揺り動かされる。
両腕で身体を支え、無防備な下半身を捧げる少女の、太腿のつけ根近くに絡んでいるソレに、否応にも黒目が落ちた。

「も、もうすぐ……んふ、フォークダンスの時間だから……んぅぅ、戻らないと……みんなに変に……思われちゃう」

「でも、ぶっかけたりしたら、汚れちまうぞ……ブルマ……」

「だったら、あぅぅ……中でもぉ……きょうは、安全日だからぁ……はぁぁ、オチ〇チン……ピクピクしてるぅ」

白シャツをまくり上げられ、むき出しの背中が緩やかによじれている。
熱い血流を流しこみ、反り返るほど勃起させたペニスが、膣の上壁を削るようにこすったのだ。
ガンと強く打ちこみ、引き抜き際に張り出したエラが、真珠色の肉芽を揺さぶってもみせる。

(智花の中に俺の精液を……? いや、半脱ぎされた智花の匂いが染みたブルマに、俺の精液も沁みこませて……?)

瑞々しい臀部に男の骨盤をぶつけ、いきり立つ肉棒を抜き挿しさせながらも、治彦は迷った。
新たに持ちこまれた戸惑いの中でも、沸騰する体液は己の下腹に充填され続けている。

「ひゃぁ、くふんっ……智花、イッちゃう……エッチな孔をズンズン突かれてぇ、イクぅぅっっ!!」

その中で、智花が絶叫の声をあげた。
いつしか、陰唇のヒダから透明な愛液を滴らせ、解きほぐされた膣肉をキュッと収縮させる。
挿し貫いたペニスを引きずりこむように咥えこんだまま、若い肢体を弓なりに反らせる。
ブルマを嵌めた太腿の筋肉を、ブルブルと痙攣させる。

「ふぐっ、ぐぅっ……!」

心を通わせた少女が、男より先にエクスタシーを迎えたのだ。
その彼女の膣に埋めたペニスも、連鎖するように噴出の時を知らせた。

ドピュ、ピュッ……ピュル、ピュル……

「ふがぁ……ふぅぅっ……」

「ふはぁ、治彦の熱いのがぁ……智花のお肌に……」

下腹に痛痒い快感が染みわたる。
同時に、詰めこませた男の体液が粒状の白い滴となって、ペニスの切っ先から噴出する。

智花の膣中に?
ずり落とされた智花のブルマに?

いや、どちらでもない。
絶頂の余韻に波打つ智花の背中へと。
激しく打ちこみ、薄ピンクに色付けされた智花の尻の肌へと。

「どうして……?」

「今は汚したくなかったから……ブルマも……智花の身体の中も……」

「あたしは……ふぅ、どっちでも良かったのに……治彦の精液なら……」

付着した男の液が、臀部のラインを伝って下る。
それを差し伸ばした治彦の指が止めた。
濃紺の生地に白い染みがつく手前で、食い止めていた。

「急がないと……時間だから……」

机に突っ伏したまま、智花の顔が時計を見上げた。
気怠そうな声で知らせると、立てかけていた松葉杖を立繰り寄せる。

「ねえ、ティッシュ持ってる?」

「いや、持ってない。ハンカチなら……」

下着とまとめて床に脱ぎ捨てた男子用のハーフパンツを、治彦は拾った。
ポケット中に手を突っこみ漁るようにして……

「ははっ」

苦笑いを浮かべた。

「忘れちゃったんだ。でも、あたしもね……持ってないのハンカチ。だから、脱がせて……」

「脱がせるって?」

「もう、全部言わせないでよ。智花が着けてるソレと……ブルマも」

よたよたとしながら身体を起こした智花が、彼女自身の下半身を指さしていた。
両膝に絡みつくハーフパンツと、太腿を戒めのように絞めあげるパンティーの形をした紺色の生地を。

「智花から……俺が……」

治彦はぼうっとしていた。
智花が言っている意味が分からなくて、白い斑点を素肌に塗りつけた少女を眺めていた。

「早くして、時間が無くなっちゃうよ」

その智花が、松葉杖に身体を預けながら腕を動かしている。
引きずられ半脱ぎにされたブルマを、引っ張るようにして足元へと落としていく。

「ちょっとサイズが小さすぎたかな」

「待ってろ、俺が全部脱がせてやる」

そう頼まれたはずである。
しかしそれさえも忘れて、治彦は智花の前に腰を屈めた。
膝小僧のところでまとめて引っかかる体操着と、魅惑の布切れを優しく掴んで引き下ろした。

「足の怪我、痛むといけないから」

恰好をつけてつぶやいた。
智花の足先からそれらを脱がせると、手早くハーフパンツとブルマにより分ける。
生地の肌触りを慈しむように、治彦の指は紺色の方だけを摘むと、つい己の顔のあたりへと近づけ……

「それで拭いてよ。智花の汚れたところを、ティッシュの代わりにブルマできれいにして」

身に着けていたものを失い、自由を得た智花の両足が、屈んだ智道の真ん前で大胆に開かれた。

「これを汚せっていうのか?」

「そうよ。あたしが穿いてたブルマに、エッチな匂いをたくさん沁みこませたいの。治彦のも、智花のも……やらないのなら、あたしが……」

細い腕が伸ばされる。
今まさに、治彦の鼻に押し当てられようとするソレを引っ手繰るように奪った。

「おい、よせよ」

「これでいいのよ……」

留める暇もなかった。
脱ぎたてのブルマをまるで雑巾のように扱い、智花の腕は背中の方へと運ばれる。
厚かましく利き腕を上下に揺らせながら、次第に下降させ、ヒップに付着した汚れを。
こすりつけるブルマの生地に合わせて、腰の関節も左右にくねらせながら。

「くぅっ、ゴシゴシしたら……また、変な気分に……」

智花の声音に変化が生まれる。
見せつけるように拡げた女の子の亀裂に添って、雑巾と化したブルマが当てられている。
白い液をまばらに塗りつけた濃紺ブルマが、男の肉棒を受け入れたばかりのデリケートゾーンを拭い清めている。
サーモンピンクの肉ビラに溜まった甘酸っぱいエキスまで、吸い取るように密着し、恥肉の表皮まで削るように強くこすりつける。

「あふぅ、智花の身体……きれいになったかな?」

「俺の……いや、このブルマで拭いたんだ。ピカピカで眩しいくらいだ」

「そう言ってもらえると。うれしいな」

たくし上げられた白シャツだけをまとった少女が、はにかむように笑った。
タイムリミットをオーバーした丸時計に潤んだ瞳を送ると、床に放置されたハーフパンツだけを拾った。

ガタッ……

「えっ?」

「な、なんだ?!」

静けさに包まれていた化学室に、異音が響いた。
一瞬にして智花の身体が硬直し、辛うじて首をねじ曲げた治彦が、音の鳴った教室後方の扉を見つめた。

駆けていく靴音。
それが遠ざかり、小さくなって、治彦はようやく足を動かした。
閉じたばかりの扉を蹴破るように開けると、一直線に続く廊下に頭だけを突き出した。

 
kanrinin01
 
toukou
 
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA