シチリアの熱い風 マンデロの夕陽

【第1話】


夕暮れ時、私はシチリア島マンデロの浜辺で男の厚い胸にもたれていた。

彼の名前はジョルジョ。イタリアの男らしく髪が黒く彫りが深い。

あ、私ですか?私は早乙女イヴ、歳は25才。
失った恋の傷を癒すため、東京から旅立ってもう3週間が過ぎてしまった。
日本にいてもイタリアにいても本当は同じなのかも知れないけど、気持ちを紛らわせるには旅が一番だと思った。
10代の頃から夢見てたシチリア島への旅。
別れたあの人が「いつか行こうね」って言ってくれた島。
でも皮肉なことにあの人とではなく、たった1人で来てしまった。

こちらに来て観光をしているうちに知り合ったジョルジョ。
地図を広げ途方に暮れている私に、優しく声を掛けてくれたことが切っ掛けだった。
その後、彼はクルマで島内の名所旧跡を案内してくれた。
最初の頃はイタリアの男ってプレイボーイが多いと聞いていたから警戒心を緩めなかったけど、彼のエスコートぶりはとても紳士的だった。

出会ってから4日目、ジョルジョは休暇を利用して島の北側にあるマンデロという浜辺に私を誘った。
昼間あれほど青々と輝いていた地中海も、今は沈む夕陽を浴びて紅く映えている。
優しい潮風が吹き、私の頬を愛撫する。
私の肩にジョルジョのたくましい腕が触れた。
ジョルジョは私を抱き寄せて、後ろから顔を覗かせ唇を近づけて来た。
唇と唇が重なり合う。
かすかに震える私の唇を強く吸い寄せるジョルジョ。
ジョルジョの甘い誘惑に、つかの間忘れていた官能の炎がゆらゆらと揺らめく。
ジョルジョは私のビキニブラの上に手を廻した。
大きな手が小ぶりの私の乳房を布ごしに優しく撫でる。
そして隙間からスルリと指が滑り込む。

「あぁん・・・だめぇ・・・」

乳房をしばらく撫で廻した後、乳首に指が掛かった。
人差し指と中指の間に乳首を摘み、コロコロと転がすように愛撫するジョルジョ。

(やることってやっぱり日本の男と同じなんだわねぇ・・・)

唇の中に彼の舌が滑り込んで来た。
柔らかくねっとりとした感触。
私の口内を這い回るうちに私の舌先が当たった。
私も彼に反応するように舌を返す。
舌と舌とが絡み合い、二人の興奮が一層高まっていく。
ジョルジョの手が胸からお腹そしてビキニパンティへと降りて行った。

 

  

 
toukou02
 
toukou
 
 
この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え
体験談・投稿体験談・夜学問・官能詩
エロエッセイ・その他カテゴリー多数
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA