地獄の孤島 生き地獄

jigoku-ti

 
 
 

【第23話】


沙織への射精がすむと、沙織は暫く横のままにされたが、また手錠を掛けられ、鎖で繋がれた。

「剛太さん、もういいでしょう?」昌子が催促して言う。
「いいよ。呼ぶまで、外に出ろ!」剛太は男達を全て外に出した。
「ありがとう、気を効かせてくれて」昌子は白衣のボタンを外した。
白衣の下は何も着けてないのか、乳房の膨らみが覗いている。
「撮るけど、いいよね?」「誰にも見せないでよ、それなら我慢するから」ボタンを外し終えると白衣を脱いだ。
「いいじゃないか、その姿…」色こそ違うが、前と同じく、ストッキングとガーターベルトだけを着け、乳房と淫裂が剥き出しになっている。
それに、股間には、生えかけた絨毛がハートの形になっている。
「昌子さん、綺麗だよ」剛太はカメラで収めていくが、昌子は気に入った真弓の乳房を撫でていく。
「相手するわよね。しなかったら、お母さんに男を抱かせるわよ」そう言われれば、頷くしかない。
「よかった、これは解いてあげるね」真弓も解かれ、自由になった。
「何するか、わかっているわよね?」手が淫裂を撫でだすと「こうすれば、いいんですよね?」昌子の顔を押さえて唇を重ねた。
「そうよ、それでいいの。暫く付き合って貰うわ」2人は沙織の側で横になり、抱きあいだした。
「いいね、そんなのもいいよ」ビデオに撮っている剛太も満足そうだった。

それから数日後、昌子は沙織の尿を検査して妊娠の兆候を知り「剛太さん、暫く休まないと。今が大事よ」剛太に告げた。
「そうか、それなら真弓とやるか。先生も一緒でいいよね?」
「いいわよ。出されてもいいように準備はして置く。それより、あの2人にも生ませるなら、準備しないと」
「で、何時ならいいの?」
「1ヶ月は掛かるわ。その間に飲ませておくから」
「頼んだよ、先生!」剛太は昌子のスカートを捲り上げた。
「ダメ、2人きりはダメ。3人でないと、オ○ンコはダメ!」
「そう言わないで、僕と先生の仲だし」強引に下半身を露わにして抱きついた。
「わかったわ、してもいいけど、お腹に出すのはダメよ」
「だったら、どこに出せばいいんだ?」
「口でするわ。それならいいでしょう?」
「わかった、出そうになったら言うから」肉竿を押し込みピストンを始めた。
(いいわ、凄くいい。どうして剛太さんのチンポだと気持ちいいのかしら。他のチンポだと痛いだけなのに…)昌子の淫裂からは、ネバネバした淫汁が流れていた。

そして、1ヶ月が過ぎ、沙織達4人は剛太の前に連れ出された。
沙織だけはワンピースを着ていたが残り3人は全裸だ。
「母さん、今日は何の日だか、分かるよね?」
「お父さんの命日よ」
「そうだよ。それに、母さんが、僕の子を作る日でもあるんだよ」それには彩香も真っ青になった。
「やめて、姉弟でやった上に、親子まではイヤ!」逃れようとしたが、手下に押さえられた。
「逃げたってダメだよ、やると言ったら、必ずやるんだから」剛太は服を脱ぎ、彩香に覆い被さった。
「やめて、お願いやめて~!」叫んでも肉竿は母の淫裂を貫き、ピストンを始めて行く。
「あなた、許して下さい…」為す術もない彩香は、亡くなった夫に詫びを入れ涙を流している。
それを見た沙織も「やめて、母さんにはやめて…」泣き出した。
2人の泣き声で肉竿の動きが速まり彩香も「あ、あ、あ~!」をあげ出した。
「息子にオ○ンコされて気持ちいいだろう?」
「良くない、こんなの良くない…」首を振り、拒んだが「出さないで~!」叫んだが、白い液体が淫裂から流れ出た。
「剛太さん、1回では無理だと思うの。暫く続けないと」
「分かった、そうするよ。叔母さんのほうはどうなの?」
「こっちは、まだまだよ」
「それだったら、真弓の方が先かな」
「その方がいいわ。若いからすぐだし」昌子の言葉通りに、翌日には真弓が沙織同様に、ビデオに撮られながら子宮に射精された。

こうして、4人は剛太の子を身ごもり、腹も膨らんでいた。
「さてと、これだと相手にならないしな」若い剛太には毎晩相手する女が必要で昌子を訪ねたが「私は無理よ、3人でないと燃えないし」あっさり断られた。
「試そうよ、大丈夫かも知れないし」剛太は嫌がる昌子を押し倒し、肉竿を押し込むが「ヒ~!」悲鳴を上げ続けた。
「本当に痛いの?」ピストンしても、いつもと感じが違ってる。
「本当よ、オ○ンコも濡れてないでしょう」確かに、淫汁がでてない。
「困ったな、妊娠中だから相手できないし」
「それだったら、集めればいいのよ。世間から消えてもいいような女を集めるのよ」
「そうだな、そうすればいいかも」思いつくと裕二の元を訪ねた。
「剛太か、4人に生ませるんだってな。よく体が持つな」
「若いから当然ですよ。それより、女が足りなくて困っています」
「それは、こっちも同じだ。1日3人相手が限度だからな」
「何とかならないでしょうか、無理矢理、閉じこめるとか…」
「ちょっと問題になるな。身よりのない女だったら別だが」
「それですよ、それで行きましょう」剛太は裕二と計画を練った。

その計画が実行される矢先に、南の島へ向かうクルーザーが漂流していた女子大生を助けた。
2人はサーフボートを楽しんでいるうちに、外洋に流されたのことだ。
それを聞いた剛太は、警察やマスコミには連絡せず、密かに島に連れ込んで、2人を鉄格子の檻に閉じこめさせた。
閉じこめると同時に、昌子の診察も行われている。
「脱いで、全部脱ぐのよ」
「イヤです、どうして全部脱ぐのよ」言い終わらない内に、看守からムチで叩かれ出した。
「ヒ~、打たないで~!」
「痛いのがイヤなら全部脱ぐんだ!」渋々服を脱ぎ、全裸を晒した。
「足を開いて」嫌がるとムチで叩かれるから足を広げ、淫裂露わにしていく。
「大部、使ったわね。嫁入り前なのに良くやるわね。こっちは綺麗よ、まだ使ってない…」その言葉で2人は泣き出した。
「泣いたってダメよ、今にわかるから」その言葉通り、2人は両手を後ろ手に手錠が掛けられる更に、首輪も掛けられ、鎖で繋がれた。
「外して、こんな事は人権侵害です。訴えてやるわ」
「構わないわよ、でも、どうやってここからでる気なの?」それには黙り込んでしまう。
「そう言うことだ。これから教えてやるぞ」
「そうして。こっちは、オ○ンコしてないから気を付けてよ」
「わかりました」2人は鎖を引かれて鉄格子の建物に戻された。

戻ると、拷問部屋に押し込まれ、俯せにされ、腰を持ち上げられた。
「分かっているよな、これがなんだか」浣腸を見せられ「やめて、イヤ~!」悲鳴を上げた。
「そうは行かなくて。汚いのはイヤだしな」肛門から薬剤が押し込まれ、ビデオに撮られながら、ポリバケツに排出した。
それが済むと、股間の絨毛が剃られていく。
「やめて、剃らないで~!」悲鳴を上げても容赦なく剃り落とされ、淫裂が剥き出しにされた。
「お前はオ○ンコ体験済みだしな」怯える女性の背中から肉竿を押し込んで犯した。
「イヤ、イヤ~!」泣きわめいても容赦はなく、肉竿がピストンしていく。
「こっちはオ○ンコはダメだぞ、まだやってないから」肛門にワセリンが塗られ、肉竿で突かれた。
「ヒ~!」悲鳴を上げても容赦なく肉竿が動いていく。
勿論、ビデオも撮っておりそれは2人にも分かっていて(レイプビデオを撮られるなんて…)泣きながらカメラを見つめている。

それから数日して、剛太は久しぶりにショーを見ることにした。
側には腹の膨らみ掛けた沙織達4人がいて、体が冷えないよう服は着ている。
「始めろ!」剛太の合図で、両手を鎖で繋がれた全裸の女性達が現れ、その中にも助けられた女子大生がいる。
看守はその中から2人の手錠を外し、リングに上げた。
リングに上がると、肉竿の形をした樹脂棒を持って戦い出すが、それを初めて見る沙織や真弓は驚き顔をしている。
その驚きを後目に、殴る、蹴るを繰り返しグッタリした女の淫裂に樹脂棒が押し込まれ決着が付いた。
負けた女はリングの上で四つん這いになり、後から肉竿で突かれていくと「そんな~!」沙織達は声を上げた。
「そんなに驚くな。お前だって態度次第でああなるぞ」乳房を撫で出すと「イヤ、人前でセックスなんてイヤです」剛太の手を拒もうとはしない。
「やっと、わかったようだな。俺の女になれば看守からはオ○ンコされないんだ」手が淫裂に伸びたが、払い除けようとはせず、太股を震わせている。

その夜、剛太の元に全裸の女性が昌子に連れてこられた。
「久しぶりに楽しむわよ」昌子は服を脱いで全裸になると全裸の女に抱きついた。
「そんな、女同士なんて…」初めての行為に戸惑っていると「やった通りにやればいいのよ」乳房を撫でながら唇を重ねると、その通りにしていく。
「いいね、これは撮っておかないと」カメラを持ち出して2人に向けると「イヤ、写真はイヤです!」声を上げた。
「撮らせなさいよ。ここにいる限りは逆らえないのよ」昌子の手が乳首を潰し「ぎゃ~!」悲鳴を上げた。
「わかったでしょう、逆らったらダメなの」今度は淫裂を触っていく。
「わかりました。撮っても構いませんが秘密にして下さい」渋々承知した。
「勿論だ、オ○ンコもなめ合え!」シックスナインの体勢になり、昌子の淫裂が丸見えになった。
「始めは昌子だな」淫裂を見て、剛太は昌子の腰を押さえ、肉竿で突きだした。
剛太は暫くピストンしてから「次はお前だぞ」相手を変えた。
「やさしくです…」初めての体験に体が震えている。
「大丈夫だ、うまくやるから」剛太が淫裂に肉竿を押し込むと「い、痛い~!」悲鳴を上げた。
「痛いのは始めだけだ。すぐに気持ちよくなる」強引にピストンを繰り返して膣奥まで貫くと鮮血が流れ出る。
「いいね、バージンはいいよ」満足そうに腰を振り続けた。
しかし、この女はあくまでも繋ぎであって、4人が出産すると役目を終え、教育が施されている。
両手を縛られ、ムチで打たれて「私をお買いあげ頂き、ありがとうございます…」言わされていた。

教育が行われている間に、東京から1人送られてきた。
女は拷問室に入れられ、見せしめと称して、全身に入れ墨が彫られていく。
「ギャ~!」悲鳴を上げ、失禁もしている。
「よく見ておけ。逃げるとこうなるんだ!」容赦なく彫られ、乳房にも彫っていくと、気絶してしまった。
それを見せられた女達は震え泣き出した。
「素直に男に抱かれると痛い思いはしなくていい。逃げたら、こうなって、外国送りだ…」気絶した女の髪の毛を引きながら説明した。
その説明と、入れ墨を見て(逃げられないわ、逃げたら外国に送られるし。男に抱かれるのはイヤだけど我慢した方が増しだわ…)気絶しても、入れ墨が彫られていく様子にガクガク震えている。

こうして、島の女達は逃げ出すのを諦めたが、それは沙織も同じだった。
「弟の子を産んでしまったし…」眠る赤子を抱きながら泣いている。
また、彩香も「息子の子を産むなんて。世間に会わせる顔がない…」赤子を抱いて泣いていた。
真弓と美保も同じように、赤子を抱いて泣いている。
「ここにいるしかない…生き地獄でも、ここにいるしかないわ…」4人は決めた。
そんな気持ちを無視して「また2人女が来るぞ。何でも、借金で夜逃げしたそうだ。どんな女か楽しみだな」はしゃぐ剛太だが「こんな地獄に連れられてくるなんて可愛そうに」哀れんでいる4人だ。
それから数日後、鉄格子の拷問部屋では「殺して~。こんな生き地獄はイヤ~!」悲鳴が上がった。

【地獄の孤島 完】

 




toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!
mitinohosi

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA