シチリアの熱い風 INFORMATION

 

● 目次をクリックすればそのページへ飛びます

 

第1話 
マンデロの夕陽

 

第2話
白いシーツの上で

 

第3話
シクスナイン

 

第4話
腹上の踊り子

 

第5話
街角のカフェ

第6話
予期せぬ訪問者

 

第7話
卵形のチョコレート

 

第8話
復活祭

 

第9話
懐かしい感触

 

第10話
アリヴェデルチ・イタリア

  

 

【第2話 白いシーツの上で より抜粋】

「あっ・・・いや・・・」

手はビキニパンティを通り過ぎて太股に触れた。
外側を撫でだんだんと内股に忍び寄ってくる。

「あぁ、そこはだめぇ」

性感帯と思われる場所に触れた瞬間、背中がゾクッとしてちょっと身体を逸らせてしまった。
その瞬間、彼の手は一気にパンティの中に入って来た。

「いやっ、いくら誰もいないって言ってもここじゃいやぁ・・・」

そういって首を横に振ったのだが、私の言ってる意味が分からないらしい。

「ウン モメント(ちょっと待って)」

私は彼の腕を握って待って欲しいと頼んだ。
嫌われたのかと思って最初は顔を強ばらせていたジョルジョであったが、ようやく私の気持ちを理解してくれたようだ。

「レ キエード スクーザ(ごめんね)」

私は肩を優しく抱かれながら、ゆっくりとした足取りでホテルへと向かった。

 

 

 

 

 

toukou02
 
toukou00
 
toukou
 
 
 
この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え
体験談・投稿体験談・夜学問・官能詩
エロエッセイ・その他カテゴリー多数

 
 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA