青海瑠璃 前編(5)

 

 

 

【前編(5)】


所変わってここは近江邸。屋敷というに相応しい広い家。

外資系の会社の会長をしている父と、その秘書をしている母はあまり家に戻らない。その為、この広い家には数名の使用人と近江姉妹だけがいるのである。

陽菜は、自室で紅茶を飲んでいた。
外はもう冬に近い色になっている。雪は最近チラホラ見えて以来積もることはなく、枯れ葉ばかりが目につく。

陽菜は上機嫌だった。今日も魚月は楽しげだったし、放課後のあの様子では効果は充分期待できるようだ。
周囲は気付かない程度の変化だったが、陽菜には解った。魚月は欲情していた。

(このまま上手くことを運んでいかないと…)

陽菜は、小さな小瓶を見つめる。中には何かの液体が入っており、今日魚月に食べさせたパンケーキにほんの数適入れたものである。

(もうすぐ…もうすぐだわ…)

陽菜の口端が上がる。その時、ノックの音が部屋に響く。

「…どうぞ」

陽菜が返すと、一人の女性が部屋に入って来た。
彼女は近江瑠璃。陽菜の実姉である。
ほんのりの亜麻色がかったウェーブのかかったセミロングと、睫毛の長い垂れ目。
巨乳といっても足りない爆乳は、Gカップという奇跡のサイズだ。
膝丈までのスカートから覗く黒いストッキングが、二十歳とは思えない大人っぽさを醸し出している。

「お帰りなさい、姉さん」
「た…ただいま…」

瑠璃は、その美貌を少し歪め、俯いたままドアにもたれている。心なしか呼吸も荒く、膝が笑っている。

「何か用?」
「ひ…陽菜ちゃん…ッ」

かすれた声と潤んだ瞳を投げかける。

「…いやらしい顔。まるで牝犬ね。…あら、まるでじゃなくて、牝犬だったわね」

陽菜が嘲ると、瑠璃はそのまま座り込む。それを見ながら、陽菜はポケットに手をいれ何かを取り出した。

「あぁっ…陽菜ちゃん勘忍して…。狂いそうなの…もぅ…」
「ダメよ」

陽菜が取り出したのは、リモコンだった。小さなそれにはボタンとつまみがついており、陽菜はおもむろにそのつまみを回す。

「くひぃいっ!? だっ…だめぇえっ…!」

途端、瑠璃が叫んで体を震わせだす。陽菜はつまみを見ながら、瑠璃の苦しむ声を聞いている。

「変態。こんな物を付けられて喜んで。犬以外のなんだって言うの?」
「ヒィイッ!わっ…私は、犬ですぅっ! あひぃっ…認める、から…止めてぇっ!」

瑠璃に取り付けられている物。乳首とクリ○リスへの三点ローター。そしてそれを付けるよう命じたのは、他の誰でもない陽菜なのであった。

「ぁっ、あ…アァあァぁーーっ!!」

止まらない振動に、瑠璃は立て続けてオルガズムに達していく。
だが振動は止まらない。敏感な部分への容赦ない刺激に苛まれ、瑠璃の悲鳴は止まらない。

「あの薬、ちっとも効かないわ。ナツったら変わらない」
「けっ…けどっ…いきなりは嫌だってぇ…」
「確かに、じっくり落としたいとは言ったけど、遅すぎるわ」

陽菜の言う薬とは、先程の小瓶の中身だ。

 

 

 

 

 
toukou03

toukou

 

 

この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。 
尚、著作権は、「ひとみの内緒話」及び著者である「M・Y様」に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説
banner-S
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA