青海瑠璃 前編(4)

 

 

 

【前編(4)】


午後の授業が始まり、担任の流暢な英語が聞こえる。参考書を見ていた魚月は、妙な感覚に襲われていた。

体が熱い。熱というより、ほてりだ。胸の突起がブラジャーの中で硬くしこり、尻がむずむずする。濡れている。

(やだ…どうしよ…)

魚月ももう中学生だ。生理の波によって性欲が過多になることくらいは知っている。
生理がちょうど昨日終わった所だから、体が興奮しているのかもしれない。

元々、魚月は本人の認識はないのだが普通より多感体質で、生理時期以外はほぼ毎日のように自慰に手をだしていた。
寝る前に一度、海斗のことを思って胸を揉みしだき、肉芽を弄っている。最近は癖になっているのか、生理の時と疲れているとき以外は無意識に始めてしまうほどだ。

(ぁ…乳首が…ジンジンするぅ…早く帰ってしたいよぉ…)

机の上に腕を組むようにして置いて、その上に胸を乗せるようにした体制なのだが、どうもじれったい。腕と胸を少し動かすと、堪らない快感が走る。

(ァンッ…気持ちぃっ…)

だがそれはいつまでももたない。時期下半身が熱くなっていく。じれったくて堪らない。

(あぁっ…早く授業終わってよぉ…っ)

魚月が悶々と悶える中、授業はいつもどおりの時間に終わっていった。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

帰り道、魚月はいつも通りに振る舞った。だが下半身も下着の中も限界が近かった。

「ナツ、顔赤いけど大丈夫? 風邪?」
「か、かな~? 今日は大人しく寝とくよ」
「そうしなよ。無理しないでね?」
「うん、じゃあまた明日ねっ」

分かれ道に来た時、魚月はなるべく笑顔を崩さないようにして走り出していた。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

「ふぁあっ…あんっ!ひ…」

腰を揺らしながら、魚月は肉芽を中指で擦り上げる。
中学生にしては大きいDカップのブラジャーからは、形のよい乳房が現れ、先端の突起を摘みながら揉みほぐしている。

「海ちゃんっ…あ、ひぁっ…かぃ、ちゃぁんっ…ぁ…ンンッ!」

叫び声は少々抑えながら、体がビクビクと痙攣する。いったのだ。秘所が呼吸するように脈打っている。

「…夕方から…やっちゃった…」

荒く息を吐きながら、魚月は同時に溜息を付く。
制服から着替えることもなく、パンティを床に脱ぎ散らかしたある意味官能的な状態だ。早く着てしまわないといけない。

(にしても…)

最近、性欲が増えているような気がする。生理中はそうでもなかったが…夏休みくらいからひどくなった。

(…欲求不満なのかなぁ…)

枕に顔を埋めながら、魚月がもう一度溜息をつく。腕が下半身に伸びる。
毛が薄い恥丘を、指が撫でる。

その時だった。

ガチャ

「ただいま~魚月~? 帰ってるのか~?」

(海ちゃんっ!?)

小学校が終わるのは6時。海斗が戻るのは7時前だ。帰って来たのは5時半くらいだったのに。

「魚月~?」
「う、うん!いるよっ!」

慌ててベッドから起き上がり、制服を脱ぎ捨てて下着をつけなおす。

(あたしったら…何してるの!? 二回も続けてやろうとしてた…)

無意識とはいえ、おかしいとすら思う。そういう時期なのか、やはり片思いがいけないのか…。
服を着替えながら、魚月は大きな溜息を着いた。

 

 

 

 

 
toukou03

toukou

 

 

この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。 
尚、著作権は、「ひとみの内緒話」及び著者である「M・Y様」に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説
banner-S
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA