地獄の孤島 世話係

jigoku-ti

 
 
 

【第20話】


2人は夕方まで日光浴をし、建物の中に入ると「待っていたぞ、酒でも飲もう」裕二の案内で歩いていく。

「これは残さないとな」ロープが張ってある広間に案内された。
3人は用意されたテーブルに座り、酒を飲み出すと全裸で両手を縛られた女性達が現れた。
「まだ、やっているんだ!」
「ルールが変わったけどな」話していると2人が解かれ、リングで戦いだしたが、前とは違って、素手ではなく樹脂棒を持っていた。
2人は蹴り合いから、殴り合いへと進み、負けそうになった方が樹脂棒で股間を叩いた。
それは、女も男も変わりなく痛みに「ギャ~!」股間を押さえて呻いている。
そこを狙って、樹脂棒が淫裂に押し込まれる。
「ヒ~!」痛みに、逃れようとしても、樹脂棒が根本まで入った。
「ほう、オ○ンコに入れられたら負けか…」感心していると「男はだから嫌いよ。オ○ンコしか見てないんだから」うんざりと言った昌子だ。
「そう嫌がるな、これからがおもしろいから」裕二が説明すると負けた女はリングの上で四つん這いになり、後から樹脂棒で淫裂を突かれ、審判の男に乳房を揉まれていく。

「これは面白いや、負けたら屈辱だな」
「それだけじゃないぞ、ほら」もう1人の男がリングに昇り、股間を露わにすると肉竿を口に押し込んだ。
「フェラか、フェラさせるんだ…」
「イヤ、希望を聞いてやる。オ○ンコとフェラとどっちが良いかって」
「それだったら、フェラに決まっているんじゃないの?」
「ところが、オ○ンコの方がいいというのもいるぞ。フェラだと、フェラした相手と一晩付き合わなければいけないし」
「なんだ。どっちにせよ、オ○ンコやられるんだ」
「そうだ、ただ、人前か、2人きりかの違いだけだが…」3人は話をしながら試合を見ていると「失礼します…」まだ幼さが残る2人の少女が剛太と、裕二の隣に座った。
少女は大胆なUカットで、膨らみかけた乳房が飛び出し、腰の部分までスリットの入ったワンピースを着ている。
「まだ、子供じゃないか!」剛太はワンピースの裾を持ち上げると、絨毛がやっと生え始めたようで、淫裂が覗いている。
「見られるなんて、恥ずかしいです…」太股が震えている。
「恥ずかしいのは始めだけだ。すぐに慣れるさ」剛太の手が淫裂を触り、裕二も淫裂を触りながら乳房を吸っていた。
「男は良いけど、私はどうするのよ。まだ、お客なのよ」愚痴っていると「失礼します」少女と同じ制服を着た女性が昌子の隣に座った。
「良いわね、これなら良いわよ」今までの事が嘘のように機嫌良く、飛び出た乳房を触り、淫裂も触っていく

3人は酒を飲み、少女を相手にしてから戻ったが、裕二が部屋に入ると「お待ちしていました」彩香がいた。
「どうしてここに?」
「剛太様のお世話を承っています。この島におられる限りは私が承ります」
「どんな事でも良いんだ。だったら、裸を撮りたいから脱げ!」
「私のヌードをですか?」
「そうだ、撮ってからオ○ンコもやる」
「わかりました。仰せの通りに致します」彩香は悲しそうに服を脱ぎ、全裸を剛太の前に晒した。
「撮るぞ、顔を上げろ」言われた通りにカメラを見つめると「手でオ○ンコを広げろ!」屈辱な指示が出される。
「かしこまりました」彩香は両手で淫裂を広げ、ピンクの膣を露わにしている。
(やめて、母さんの性器を撮ってどうするのよ。お願いだからこんな事させないで…)泣き顔のまま、カメラに収まった。
その後も彩香は剛太から屈辱なポーズを撮られ「写真はこれくらいにして、後は楽しまないと」カメラを置き、服を脱ぎだすと裕二が入ってきた。

「何だか、邪魔のようだな」出て行こうとしたが「叔父さん、ついでだから撮ってよ。これからやるんだから」頼み込む。
「剛太の頼みじゃ断れないし」祐二がカメラを構えると「口でやれ!」股間を押し付けた。
(そんな、義弟の前でやらせるなんて…)嫌悪を感じながらも、言われるままに、肉竿を掴んで口に入れた。
すると、待っていたかのようにスイッチが押され閃光が瞬く。
(撮らないで、親子のフェラなんて、撮らないで!)そう思うが「フェラはもういいよ、美里が上だぞ」剛太が仰向けになった。
「わかりました」膨らんだ肉竿を掴み、ゆっくり腰を下げて淫裂に迎え入れると「あっ、あ~!」準備不足か、声を上げ痛みに顔が歪んでいる。
「そんな顔しないで。オ○ンコに入って喜ばないと」正面からカメラが向けられた。
「こ、こうですね?」作り笑いをし、カメラに収まった。
(裕二さん、お願いだからもう撮らないで。こんな事を沙織が知ったら大変な事になるし…)泣き顔に変わり、腰を振り続けていくと「出る、出るよ」剛太が合図する。
「出して、私のオ○ンコが受け止めますから…」動きを停めると、膣奥が暖かくなり、それと同時に白い液体が流れ出てくる。
「凄いね、剛太は。2回も出せるんだから」それを見て、スイッチを押した。
「もういいでしょう、終わったし」これ以上の恥ずかしい思いは見られたくないから、淫裂を押さえて剛太から降りた。
「もっと撮らないと。立ってオ○ンコを広げて」
「それは、許して下さい。射精された性器を撮られるなんて、女性として最大の辱めです…」
「そんな事どうでもいい。オ○ンコを広げるんだ!」怒鳴る裕二に(やるしかないわ、息子から射精されたけど…)泣き顔のまま、両手で淫裂を広げた。
すると、堰を切ったように、白い液体が流れ出し、太股まで流れていく。
「いいね、中出しのオ○ンコも」裕二は笑顔でスイッチを押し(射精された性器まで撮られた…)うっすら、涙がにじんでいるが、彩香は剛太と一緒にベッドに潜り込み、朝を迎えた。

島に来て3日目となり、作業の進み具合もわかってきた。
「計画通りだな。後は何時運ぶかだな」剛太と裕二が話していると「剛太、元気そうね」沙織が声を掛けてきた。
「どうしたの、こんな所に来るなんて」
「ちょっと頼みがあって。それに休みだし」
「そうか、今日は土曜だった。とにかく中で話そう」2人が中にはいると彩香がいた。
「姉さん、この人は気にしなくていいよ。僕の世話係だから」
「そうなんだ、秘密は守れるの?」
「大丈夫だよ、それより、頼み事って、なんなの?」
「外して欲しいの、あれがあると痒いの…」
「痒いってどこが?」
「あそこよ、あそこが痒いけど掛けないし」
「外してもいいけど、僕の願いも聞いて欲しいな」
「どんな事なの?」
「ここにいる間だけ、素っ裸になって欲しいんだ」それには「そんな、人前でヌードだなんて…」口が開いたままだ。
「イヤなら、外さないよ。それに、鍵だって捨てちゃうから」
「そんな意地悪しないで。ヌードだって恥ずかしいのよ」
「わかっている。だからやらせたいんだ。姉さんの恥ずかしがる姿を見るとチンポが…」沙織の手を股間に押し付けた。
(カチカチだわ、セックスしたがってる…)沙織は迷ったが「もう、着けないと言うならヌードになるけど…」
「いいよ、もう着けなくていいよ。約束する」

剛太が約束すると、沙織は服を脱ぎだした。
沙織は次々と脱いで上半身がブラジャーだけになった。
更に、スカートも脱ぐと(そんな事させて!)彩香は貞操帯に声を上げる寸前だ。
そんな彩香の驚く中、沙織はブラジャーも外して乳房を露わにしていく。
「脱いだわ、後は剛太の番よ」
「わかっているよ」ポケットから鍵を取りだし、貞操帯に押し込んだ。
「これで、いいよね」股間を押さえていた金属が外され、沙織は文字通りの生まれたままになる。
「姉さん、大部生えたね。手入れしないと」
「帰ってからにして、ここではイヤなの。それより、シャワーで洗いたいの」
「オ○ンコを洗いたいの?」それには黙って頷く。
「それだったら、シャワーでなく、海がいいよ。それに、日光浴にもなるし」
「イヤよ、人前でヌードなんてイヤ」
「そんな事言ったら、約束違反だよ。ここではヌードで居ると言ったよね」確かにその通りで、沙織に分が悪い。
「もし、レイプされたらどうする気よ」
「その心配はないよ、ここの男は躾がいいからね。何なら、僕もヌードになるけど」
「お願いするわ、私1人だと、恥ずかしいし。そうだ、あなたも脱ぎなさいよ」沙織は美里が整形した彩香だと知らずいいつけた。
「わかりました、私もここで脱ぎます…」母親として、娘だけに恥ずかしい思いをさせたくはない。
かと言って、イヤとは絶対に言えない立場だから従うしかなかった。

3人は全裸になると、部屋から出て廊下を歩いていくが「ヌードだなんて!」昌子が声を上げた。
昌子は目を白黒させて沙織の体を見ている。
(姉さんを狙っているな。それは構わないけど、僕だって昌子と…)剛太も昌子を見ていると「どうしてヌードなの?」尋ねてきた。
「日光浴だよ、天気もいい事だし」そう答えると3人は歩き出して外に出た。
「恥ずかしかったわ、ここなら大丈夫よね」
「ああ、ここはヌードビーチの予定だし。これからも、ヌードを頼むよ」剛太は砂浜に仰向けに寝たが、肉竿は天を向いている。
(まだ興奮している。このままでは沙織とセックスするかも…)「剛太様、大部溜まっているようですが、私がオ○ンコしましょうか?」
「オ○ンコはいいよ。今日は姉さんが来た事だし」そう言うと、沙織の乳房に顔を埋めて吸い出した。
「ダメよ、そんな事ダメ。帰ってから2人きりで…我慢して…」背中を浮かせ、途切れ途切れに言うが(剛太、やめなさい。あなた達は姉弟よ。獣じゃないのよ!)叫びたいのを堪えている。

そんな彩香の願いを聞くかのように「私も仲間に入れてよ」昌子が現れた。
昌子も3人同様、一糸まとわぬ全裸でここまで来た。
「昌子さんもヌードで来たんだ…」
「そうよ、男達がヌードに驚いて、チンポを膨らませていたわ。恥ずかしいけど、オ○ンコされる訳じゃないしね」大胆な言葉に3人からは声が出ない。
「何見てんのよ。オ○ンコなら見飽きたでしょう。それより仲間に入れて」
「勿論だよ。昌子さんなら大歓迎だよ」言い終わらない内に今度は昌子の乳房に吸い付く。
「私にするなら、私もしていいよね?」
「いいよ、約束だし。その変わり、やっちゃうよ」
「いいわよ、剛太さんなら。一杯出してもいいから」そう言うと、昌子は沙織に覆い被さって乳房を吸いだすと「あ、あ、あ~!」声を上げだした。
(沙織にレズの毛があるなんて…剛太相手よりはいいけど…)彩香はおとなしく見ていたが「ご主人様、私にもしてください…」そそり立った肉竿を掴み、口を押し付けた。

「美里、気持ちいいよ。気持ちはわかるが3人に公平にしてやらないとな」
「公平にですか?」
「そうだ、まずはこうやって…」沙織に抱きつき、淫裂が丸見えの昌子の腰を持ち上げ、肉竿を押し込んだ。
それには「あ、あ、あ~!」声を上げ、髪の毛を振り乱している。
「こうやって、3人順番にやるんだ」なおも押し込み、ピストンを始めると「いいわ、凄くいい!」悶え、背中をクネクネさせている。
(沙織にもやる気だわ、何とかしないと…)考え巡らせ「私にもお願いします、次は私のオ○ンコに…」恥を忍んで四つん這いになり、息子の肉竿を待った。
「わかっているよ、もうすぐ交代だから」暫く腰を振って、今度は彩香に淫裂に押し込む。
(入ったわ、私の膣に射精させないと…)「いいわ、凄く気持ちいいです」声を上げ、絶頂へと向かわせようとするがなかなか昇りきらない。
(早く出して。お母さんの膣に出して、お願いよ…)祈っても噴射されず「交代だ、仕上げは姉さんだよ」最悪になった。
(やめなさい、あなた達は姉弟よ。そんな事やめなさい!)彩香が泣き顔で見ている前で、沙織も四つん這いで、淫裂に肉竿を押し込まれ「あ、あ、あ~!」声を上げ髪の毛を振り乱している。
(あなた、2人がこんな事をしています…私はどうしたらいいんでしょう…)下を向いたまま、目から涙が落ちていく。
しかし、そんな彩香の事など知るよしもない剛太が腰を動かし続けると、沙織も淫汁を漏らしだした。
「出すよ、約束だし」剛太の動きが停まった。
「飲んでいるから、出してもいいわ…。感じる、膣が暖かい…」絶頂を迎え剛太が爆発し、淫裂と肉竿の隙間からは白い液体が漏れ出ている。
(そんな、姉弟で射精したなんて…)泣き声を上げる寸前だった。

 

 


toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!
mitinohosi

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA