チル 流れ星  愛の意味

【第8話】


「ごめん、ごめん、怒らないで。ところで、気分はちょっとマシになったようだね。それじゃ、僕も寝るよ。お休み……」

「あぁ、シャロック…ちょっと待って」
「何かようかい?」
「うん、今度は私からひとつ聞いてもいい?」
「うん、なんだい?」
「愛される……ってどんなことなの?教えて?」
「えっ?なんだって?愛される……こと?」
「うん」
「う~ん、難しい質問だな……、そうだね、大事に思われて、誰よりも可愛がってもらうことかな?」
「そうなんだ。じゃあ、結婚式の夜って、どんなことをするの?」
「えええ~っ!なんでそんなことを聞くの?」
「あなたも教えてくれないのね?いいよ、もう……」

チルはいじけた。

「いや、あの、その~…、説明できないことはないけど、それはちょっと……」

チルはシャロックの手を握って囁いた。

「口で言いにくければ、私にやってみて。結婚式の夜に男性が女性にどんなことをするのかを……」
「チルチル……」

シャロックは驚きを隠せない。
次の瞬間、シャロックはチルの真上に乗り、強く抱きしめた。

「あぁ、チルチル、僕は君が好きになってしまった」

チルは抱きしめられたことがすごく嬉しかった。

「それじゃ、私を愛してくれるの?結婚式の夜と同じことをしてくれるの?」
「うん、そうだよ、チルチル。君を愛するとも」
「嬉しい……」

二人は何度も何度も嘴を合せる小鳥のように、唇を重ねあった。
シャロックは、チルの白いワンピースの胸元を開くと、ビスチェが覗いた。
肩紐を降ろすと美しい胸の隆起が現われた。
乳房にそっとくちづける。
やがて衣擦れの音が、物音ひとつない部屋の中に響く。
白いワンピース、ペチコート、シュミーズ、ビスチェ、コルセット、すべては取り除かれて行く。
今まで脱衣はすべて侍女に任せていたチルであったが、今は男の手に委ねている。
身体を覆うものは真っ白なドロワース一枚にあった。
チルの緊張はどんどんと高まっていく。
突然、チルがシャロックに言った。

「シャロック、喉が渇いた。水を……」
「え?水が飲みたいの?全く、こんなタイミングで……ぷっ……」
「いけなかったのか?」
「ふふふ、いいよ~」

シャロックは苦笑いしながら、水瓶から水を汲んだ。

 

 

 
toukou02
 
toukou
 
 
この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え
体験談・投稿体験談・夜学問・官能詩
エロエッセイ・その他カテゴリー多数
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA