地獄の孤島 消えた邪魔者

jigoku-ti

 
 
 

【第16話】


沙織と約束した後藤は、すぐに裕二の元へと向かった。

「藤山さん、片山の事で話があります」会うなり、沙織にさせた事を打ち明けた。
それには「片岡がそんな事をしたか。沙織は剛太だけと言ったはずだがな…」タバコを吹かし、一気に吸い込んだ。
「このままでは、もっと過激になってしまうかも知れません」
「わかってる。最近の奴は出しゃばりすぎだ。リゾートを任せたのは失敗だったみたいだな」天井を見つめて考えている。
暫く考えてから「沙織から離れるな。剛太には、俺から言っておく」裕二はそれだけしか言わなかった。
「わかりました。そうします」後藤はすぐに沙織の元へと向かった。
(これでいい。それにしても、沙織のオ○ンコは気持ちよかったな。母親譲りかも)自分のことをしたことを棚に上げて、片岡の追い落としを謀った後藤は、片岡がリゾート計画のリーダーになったのが面白くなかった。
裏社会では確かに実績があるが、表では後藤のほうが上だから、立場が変わるのは許し難い事だ。
裕二も、片岡の行動が目に余るようになっていたから、些細な事でも許せなかった。

そんな事とは知らない片岡は、瀬戸内海の島でくつろいでいた。
「これからは、俺の出番だな」呟きながら酒を飲んでいると「片岡さん、私も忘れないで。結構手伝ったのよ」学園の職員である淳子が体を寄せる。
「わかっているよ、お前の協力があったこそ、娘の素っ裸写真も撮れたし、操れるようになったしな」
「わかっているなら嬉しいわ。でも、ヌードを撮られたのは恥ずかしかったわ。しかも、あそこまで撮るなんて」思い出したのか、顔が赤らみ、片岡の股間を擦り出す。
「やりたいのか、昼間からでも?」
「忘れさせて、あのヌードの事を…」淳子はチャックを引き下げ、肉竿を取り出すと、顔を埋めて口で擦りだした。
「いい気持ちだ。昼からこんな事をやれるとはな」片岡も淳子の背中にあるファスナーを引き下げ、ブラジャーのホックも外した。

「待って、自分でするから」一旦顔を上げ、肘まで下がったワンピースとブラジャーを脱いで乳房を露わにした。
「娘ほどではないが、相変わらずいい乳してるな」片岡は乳房を掴み、揉んでいく。
「待って。それよりも、こっちが」パンティを引き下げ全裸になった。
「いいね、この生え方もいいよ。パイパンもいいけど、これもいいよ」淳子の絨毛はハートの形に手入れされていた。
「こんな事するのはイヤだけど、片岡さんのためにやっているのよ」今度は片岡を脱がせて2人は全裸になった。
「行くぞ!」淳子は四つん這いにされ、後から肉竿で突かれていく。
「あ、あ、あ~!」喘ぎ声を上げ、髪の毛を振り乱しながら突かれていくと「ヌチャ、ヌチャ!」音が出始めた。
「淳子、オ○ンコがいいのか?」
「ええ、凄くいいです。女相手よりも、これがいいです…」
「そう言うな。娘の相手もしてやらないとな。まだまだ使えそうだし…」片岡は肉竿の動きを速め、淳子の胎内で放出した。

「淳子。オ○ンコを洗うんだったら、海で洗おう」
「恥ずかしいわ、誰もいないといっても、建物の外よ」
「構わないさ、ついでに泳ごう」腕を掴み、建物を出て浜辺と向かう。
「ここなら、何をやっても安心だ」片岡は海水に飛び込んだ。
「それなら、私も…」淳子も飛び込み、淫裂を洗い出し「見ないでよ、いくら何でも、これは見せられないの」背中を向け、指を入れて洗う。
「もういいわ、終わったし」洗い終わると片岡に抱きつき、童心に返って2人は遊んだ。
海水で遊ぶと、砂浜で日光浴を始めた。
「いい気持ちだわ、太陽が眩しいし」
「そうだ。どうせなら、ヌードビーチを造ろう」
「裸になる人なんて、いるかしら?」
「いるさ。いなかったら、無理矢理素っ裸にしてやるよ」
「そんな事、できるの?」
「勿論だ。その前にまたやりたくなったよ」
「ダメよ、見られたらどうするのよ」
「誰もいないよ。上になってやってくれ」
「私が上なの?」
「ああ、酒が効いて、苦しくて…」淳子は片岡に跨り、腰を動かし出した。
「変な感じだわ。屋外でのセックスもいいわ…」
淳子もまんざらではない様子だが「今の内に楽しんで置くんだな」冷めた目で見ている影があった。

それから数日後、片岡は自分が計画したヌードビーチの下見に淳子と出かけた。
「ここがいいな。見晴らしもいいし」
「そうね、ここならいいわ」
「試しに素っ裸になろう」
「いいわよ、どうせ2人きりだし」2人は服を脱ぎ全裸になると抱き合う。
「いいわ、凄くいい。後からも…」淳子は四つん這いになって、後からの挿入を待った。
「行くぞ!」片岡が淳子の腰を押さえ、腰を振っていくと「あ、あ、あ~!」喘ぎ声を上げだす。
「青姦も癖になりそうだな」満足げに、肉竿をピストンしていると、いきなり、押さえられた。
「何をするんだ!」叫ぶと、口の中に酒瓶が押し込まれ、胃の中に流れ込んでいく。
「お前も飲め!」四つん這いの淳子にも、酒瓶が押し込まれ、胃の中に流れていく。
いくら、酒好きとはいえ、一気に飲まされてはフラフラして、結合どころか、やっと立っている。
「まだ、いけそうだな。もっと飲ませろ!」酒がドンドン飲まされ、意識が朦朧になっている。
「もういい、やれ!」2人は海水の中に引き込まれた。
酒を飲まされた2人は「ウグ、ウグ!」海水を飲み込み、もがいたが、やがて動かなくなり、俯せで浮かび上がった。
それを見ると、男達は立ち去って、服と酒瓶だけが残された。
それから1時間ほどして、配下によって引き上げられたがすでに息途絶えている。
それは裕二にすぐに知らされ「まずいな、警察に見せるわけには行かないし。女達と怪しい物は全部外に運べ」その指示で、女達や荷物が運び出され、それと、入れ替わるように警察が調べに来た。
警察も、2人に外傷がない事や、大量のアルコールが検出された事などから、事故と処理され、秘密が漏れる事はなかった。

片岡が居なくなると、人事が焦点になり、友愛学園の園長は理事長である沙織の意向で真弓に決まった。
だが、それは表向きで、裏では裕二の息の掛かった配下が実務を担当している。
真弓は早速、友愛学園のある那須に越したが、剛太が治まらない。
「姉さん、真由さんがいなくなったんだから、姉さんがやってよ!」真弓が抜けた分を沙織にぶつけた。
「イヤよ、こんなの着たくない!」
「着たくなくともやって。これも姉さんのせいだからね」そう言われれば逆らえず、渡された衣装を着ていく。
「姉さん、凄くいいよ。こんなにカチカチだし」沙織は黒いストッキングとガーターベルトだけを身につけただけだ。
「恥ずかしい、これならフルヌードがいい…」
「そうはいかないよ。記念に残すからね」
「ダメ、写真はダメ!」
「イヤなら、これで縛るけど。それでもいいの?」
「わかったわ。その変わり、誰にも見せないでよ」沙織はカメラの前でポーズを作っていく。
「写真はこれくらいで…」カメラを置くと脱ぎだす。
「もうやめようよ、姉弟ではしていけない事なのよ」
「子供が出来なければ、いいんでしょう?」
「それは、そうだけど…」沙織も負い目があるから、それ以上は言えず、仰向けに寝かされ、乳房を吸われながら淫裂に剛太の肉竿を迎えていた。
(このままではいけないわ、何とかしないと…)天井を見つめ「あ、あ、あ~!」弟の肉竿に喘ぎ声を上げ続けた。

翌日、沙織の所に後藤が尋ねてきた。
「丁度良かった、相談したい事があるの」
「何でしょう、私で良かったら何でも乗りますが…」
「弟の事なの。この際だから、リゾートを担当して貰おうと思うの」
「それは、どうしてですか?」
(セックスの相手をさせられるとは言えないし…)返事に困ったが「これからの事があるから、教育しておきたいし」もっともらしい答えを出した。
「それは良い考えですね。藤山さんも賛成してくれますよ。ところで、約束した事ですが」
「わかっています。感謝してます」
「それでしたら、今すぐやらせて下さい」後藤は沙織を立たせたままスカートを捲り上げた。
「これからは、これは無しにして下さい」パンティを引き下げていく。
「そんな、下着を着なかったら恥ずかしいです」
「誰もそんな事見てませんよ。いいですね」淫裂が露わになると、肉竿を取り出して淫裂に押し込む。
「う、う~!」いきなりの挿入に、壁を押さえ痛みに堪えていると、服の上から乳房を揉まれ、ピストンが始まった。

「ダメ、動かさないで…」
「そうは行きませんよ、動かさないとオ○ンコになりませんよ」肉竿は次第に動きを速めていく。
気配を感じて「出さないで、お腹はイヤです…」頸を振ると肉竿が抜かれ、尻目がけて噴射していく。
「気持ちよかったです」満足そうにいうが「パンティが履けない…」精液が垂れて足下のパンティを濡らしていた。
「仕方ありませんね。今日はこのままでお願いしますよ」
「そんな、下着を付けないなんて」精液で濡れたパンティを履く気にはなれず、そのままいる事にすると「お嬢さん、これからすぐにやりますからね」後藤は満足そうに出て行く。
「これからも、体を求められるわ」不安ではあったが、弟の裕二ではなのが救いである。
沙織の意向を聞いた後藤は裕二と会って打ち明けた。
「剛太がリゾートか、それも悪くないな」
「ですが、片山の息の掛かった連中が、黙っているかが問題でして…」
「この際だ。邪魔者は一気に追い出せ。後腐れがないようにしろ」
「わかりました。そう取りはからいます」裕二が承知すると、役員会が開かれ、正式に決定して剛太が任命された。

この決定に剛太は不満であった。
「どうして、姉さんと離れないといけないんだ!」夜になると沙織を抱きながら聞いている。
「剛太のためにはいいの…。姉妹のセックスなんて良くないわ…」乳房を吸われながら答えている。
「そんなのイヤだよ、姉さんだってバージンを捧げたんじゃないか!」それには(違うわ、あれは剛太が無理やりレイプしたはずよ)言いかけたが、黙ったままだ。
「そんな事言わないで。今日は、上になってしてあげるから」機嫌を取るかのように、馬乗りになり、腰を振り続けた。
「わかったよ。たまにはいいでしょう、姉弟でも?」
「仕方ないわ、たまによ。たまになら、してあげるから」沙織も、剛太に抱かれるのが苦痛ではなくなっているが、世間に知れるのを恐れている。
こうして、剛太はリゾート計画の責任者として、瀬戸の孤島を訪ね、裕二の配下が案内役を務めたが、秘密の場所へは案内せず、表向きだけを見学させた。

そして、見学を済ますと島にある、施設に泊まる事になったが、夜になると暇だから、部屋を抜け出した。
廊下を歩いて行くと「ヒ~!」悲鳴が聞こえる。
「何だろう。あっちからだったが…」歩いて行くと「ピシ~!」「ギャ~!」また悲鳴が聞こえた。
「誰かいるぞ。間違いなく女だ!」なおも、歩いて行くと、音も大きくなっていく。
「ここだ、ここから聞こえる!」昼間は気づかなかったが、部屋があり、そこはロープが張られたリングのある部屋だ。
「何をやっているんだろう?」中に入ると、全裸の女性がロープで両手を縛られ吊り下げられていた。
「何をしてるんだ?」入るなり、声を上げると、取り囲んでいた男達が慌てている。
「スパイです、スパイですからこうして…」
「スパイか。そんな事ではダメだ。こうやらないと」ムチを奪い、今度は剛太が叩き出した。
「ギャ~!」悲鳴を上げるが、ムチは乳房、淫裂と女性の急所ばかり叩いている。

それには、見ている取り巻きも呆れ顔になっている。
それに、容赦なく叩いている剛太に「それくらいでいいのでは…」停めようとした。
「仕方ない。痛いのはこれくらいにして…」ズボンを下げ出すと「イヤ、そんのイヤ。お願いだからレイプしないで~!」叫んだ。
「そうは行くか、俺が懲らしめてやる。足を持つんだ!」取り巻きに、女の足を開いたまま持たせた。
「汚いな。こんなオ○ンコだったら嫌われぞ」強引に肉竿を押し込んでいく。
「イヤ、入れないで。イヤ~!」頸を振るが、剛太は肉竿のピストンを始めた。
「どうだ、思い知ったか。ここにもやってやるぞ!」両乳房を鷲つかみにして、爪も食い込ませた。
女性は「ギャ~!」悲鳴を上げ痙攣するが、容赦なくピストンを続け、淫裂の中で爆発させ「う、う、う!」声を上げて泣き出してしまった。
それを見ていた取り巻きのリーダーは(この男なら使えるぞ。性に合ってるみたいだし)そう思ったが、剛太自身も(気持ちいい。こんな事をすると、感じてしまう…)女性をいたぶる事に快感を覚えた。

 

 




toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!
mitinohosi

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA