地獄の孤島 売春婦

jigoku-ti

 
 
 

【第15話】


剛太から辱めを受けている沙織だが、仕事となると「剛太、事業はどうなってるの。報告がないわよ」叱っている。

「これからやります…」剛太も素直に従って事務所から出ていく。
「困ったわ。剛太ったら、甘えているんだから」呟く沙織に「大部慣れたようだね、うまくやっているのか?」裕二が現れた。
「叔父さん、どうしてここに?」沙織の顔が強ばっている。
「ちょっと、気になってな」
「気になるって、何がですか?」
「君達の関係だよ。世間に知られたら大変だし…」裕二は沙織を抱きしめ、胸に手を入れる。
「やめて、叔父さん。そんな事をしたら、声を出します」
「出したかったら、出してもいいよ。その変わり、マスコミは大騒ぎになるが…」そう言われれば黙るしかない。
「やっとわかったようだな。沙織もこんなに大きくなったなんて」手がブラジャーを捲り上げ、乳房を揉んでいく。
「ダメ、そんな事ダメです…」
「減るもんじゃないし、いいじゃないか。オ○ンコよりはいいぞ」
乳首も摘んで転がすように擦っていくと「あっ、あっ!」呻くような声を上げ「沙織、俺も楽しみたいんだ。あそこを見せろよ」乳房を揉んでいた手が、スカートを脱がせだした。

「やめて、そんな事出来ません!」キッパリ拒むが、手はスカートを引き下げ、パンティを掴んだ。
「やめて、人を呼びます!」
「呼んだら、全部喋るぞ。それでもいいのか?」
「そんな、私を脅すなんて…」
「何も脅してはいないよ。見せてくれと言ってるんだ。何も、オ○ンコさせろとは言ってないよ」パンティを引き下げ、下半身を露わにしていくと、無毛の淫裂が露わになった。
「いいね。子供の時と同じだ…」撫でながら片手でズボンを引き下げ出す。
「イヤです、セックスはイヤです!」
「わかっている、だから沙織にやって貰うんだ」裕二は沙織を絨毯に寝かせ、自分もシックスナインの形で上に乗った。
「レズでわかっているよな。やるんだ」裕二は目の前にある、淫裂を指で触りながら、クリトリスを舌でなめ回す。
当然、沙織は「あ、あ、あ~!」腰が浮き、動き出した。
「やれ、やるんだ!」肉竿を顔に押しつけた。
(イヤだけど、やるしかない…)手で肉竿を掴んで、口を押しつけ「ウグ、ウグ!」唇を動かしていく。
「そうだ、それでいい…」裕二の肉竿も膨らみ、絶頂へと向かって、肉竿は沙織の喉奥で噴射した。
(嘘でしょう、叔父さんが口の中で射精するなんて…)不快な液体が漂う中、呆然となっていく。
裕二はそんな沙織を気遣うことなく「気持ちよかった。また頼むぞ」満足そうに起きあがり、ズボンを直していく。
沙織も「ゴクン!」と飲み込むと起きあがり、パンティ、スカートと直した。
沙織が服の乱れを直し終えると「沙織、これから面白いのを見せてやるぞ」裕二は沙織を連れだして町へ出た。

2人は住宅街に入り、沙織の見覚えのある洋館に着いた。
(ここは、確か…)ビデオを撮られた場所だけに忘れはしない。
「何も、そんなに驚かなくてもいい」肩に手を乗せ沙織を連れ込むと「これは藤山様、お待ちしていました」出迎えた男に案内されて、部屋に入るとテレビが映し出されている。
「もうやってるのか。、沙織、見るんだ」テレビを覗き込むと、全裸の女性が男に跨り、腰を振っている。
その女性の顔を見ると「叔母さんだわ…」最近、連絡の取れない美保の顔だった。
「そうだ、美保だ。毎日、こうやって売春して稼いでいるんだ」
「そんな、叔母さんが売春するなんて信じられない!」
「そんな事言っても、こうやっているぞ」そう言われれば、認めるしかないが、認めたくはない。
暫く見ていると「それより、どうしてここに連れてきたの?」尋ねた。
「息抜きだよ。ここなら沙織の素っ裸も見られるし」
「イヤです。さっき、見たじゃありませんか?」
「オ○ンコは見るんじゃなく、やらないと」
「セックスは、絶対にしませんからね!」
「わかっている、何も沙織とやろうとは、言ってない」テレビを消してボタンを押した。

すると「お呼びですか?」女性が現れ、その女性を見るなり「美保さん、美保さんでしょう?」沙織が駆け寄る。
「いいえ、美保ではありません、私は売春婦の麻紀です…」泣き顔で答えた。
「そういうことだ。体を売る時は麻紀と名乗っている。可愛そうと思うなら、沙織も麻紀を買え。俺も買うから」裕二は麻紀と名乗った女性に5万円を渡した。
「お嬢さん、お願いです。私を買ってください、どうしてもお金が必要なんです」泣き顔で迫られ「わかった、これでいいのね」沙織も金を渡した。
「よし、これから3人同時でやろう」裕二が服を脱ぐと、美保も辛そうに脱いでいく。
(いくら何でも、叔母さんを買うなんて。まして、レズをやるのは…)やりたくはないが、沙織も脱ぎだした。
3人が全裸になると「沙織、やるんだ!」裕二は美保と抱かせた。
「お嬢さん、私がご奉仕します」美保は沙織の胸に顔を埋めて、両乳房を揉みだし、乳首も吸い出した。
「ダメ、そんな事されたら…」声を上げ、背中を浮かせるが、美保はなおも吸い続け、顔を股間に移した。
「ダメ、そこはダメ…」首を振っても、舌が割れ目をなめていく。

「そんなのを見せられたら、我慢できないよ」裕二は美保の腰を持ち上げ、肉竿を突き刺した。
「あ、あ、あ~!」すかさず、声を上げて頸を振った。
「やめるな、金を払っただろう?」肉竿がピストンを始めると、美保も堪えながら沙織の淫裂を吸い続けた。
やがて、裕二は昇りきり、動きを停めて噴射を始めて「オ○ンコの中が気持ちいい…。もっと下さい…」泣き声で美保が言う。
「悪いが、これしか出ない」振り絞って、肉竿を抜くと白い液体が太股を伝わり流れていく。
「さてと、スッキリした所で記念写真だな」裕二はカメラを構えて2人に向けた。
「やめて、写真はイヤです!」
「そうは行かない、こっちは客だ、沙織も並べ」言われれば逆らえないから、下を向いて並んだ。
「麻紀さん、それじゃダメだ。もっと見えるように指で広げないと」
「許して。恥ずかしくて、出来ません…」
「それなら沙織がやれ、腰を屈めてやるんだ!」
(叔母さんの性器を広げるなんて…)嫌々ながら、言われる通りに、美保の淫裂を広げてカメラを見つめた。
「いいぞ、それでいい!」満足そうにスイッチを押したが「う、う、う!」屈辱に嗚咽をあげている美保だった。
写真が済むと美保は「機会がありましたら、私をお買いあげ下さい」礼を言って服を着てから出て行く。

美保がいなくなると「沙織、仕事の話だが、リゾート開発を計画していて…」計画を打ち明けた。
「それだったら、役員会で決めないと」
「わかっている。その前に、担当を決めないと」
「心当たりあるの?」
「ああ、友愛学園の園長に任せようかと思って」
「それはダメ、あの人は…」自分にフェラさせたり、恥ずかしい事をさせたから、任せる気にはなれない。
「そうか、残念だな。片岡がダメならこの計画は出来ないしな。それだったら、この写真で稼ごうか」先程撮ったカメラを見せた。
「やめて、そんな事されたら…」唇がブルブル震えている。
「そう言っても、事業が出来なければ、俺の立場がないしな」
「片岡さん以外ならいいけど…」
「そうは行かないな。彼でなければダメなんだ。それとも、弱みでもあるのか?」
「そんなのある訳ありません…。でも、叔父さんがそこまで言うなら我慢します…」承知するしかない。
「それはいい事だ。剛太にも手伝わせるよ」こうして、片岡をリーダーとしたリゾート開発が役員会で承認された。

計画が承認され、役員が決まると早速、片岡が沙織を訪ねてきた。
「お嬢さん、これからはよろしくお願いしますよ。挨拶代わりと言っては何ですが、お嬢さんのオ○ンコとオッパイを見て差し上げますよ」
いきなりの言葉に「何言っているのよ。馬鹿にしないで!」顔が紅潮している。
「そんな事言うなら、この写真がどうなっても知りませんよ」
それは、剛太に処女を奪われた時の写真で、沙織は全裸にされ、淫裂から血を流している。
「どうして、これをあなたが…」
「そんな事はどうでもいいです。それよりも見て欲しいんでしょう?」
(私にどうしても言わせる気だわ。はしたない言葉を…)顔が引き吊らせ「ええ、見て欲しいんです…」上擦った声で言う。
「わかりました。それなら、おやすいご用ですから」
(やるしかないわ。あんな事が世間に知られたら大変だし…)震える手で胸のボタンを外した。

ボタンが外されると、上から胸が開いて、白いブラジャーが見える。
そして、ボタンの全てを外すと、背中のホックを外した。
(こんな事したくないのに…)下を向いたまま、ブラジャーを持ち上げ「沙織のオッパイを見て下さい…」泣き声で言う。
「はい、見ていますよ、いいオッパイですね」目尻を下げて見ている。
乳房を露わにした後は、スカートを引き下げ、パンティも引き下げて下半身も露わにしていく。
(オ○ンコなんて言えないけど…)「私のオ○ンコも見て下さい…)言い終わると、涙が足下に落ちていく。
「勿論、見ていますよ。お嬢さんのオ○ンコも、オッパイも…」満足そうに答えた。
その時、ドアが開いて後藤が入って来た。
入るなり、後藤は「そ、そんな~!」沙織の露わな姿に声を上げた。
「後藤さん、お嬢さんには変な癖があるんです。こうして、オッパイとオ○ンコを見て貰わないとダメなんです」
「沙織さん、それは本当ですか?」
「はい、そうです。後藤さんも、私のオッパイとオ○ンコを御覧下さい…」前にもまして涙が落ちていく。
それでも片岡は容赦なく「確かに、お嬢さんのオ○ンコとオッパイは見ました。ですからお礼も…」
「お礼ですか、何を差し上げればいいのでしょう?」
「なあに、簡単です。こうさせて下さい」言うなり、片岡の手が乳房を握りしめている。
「やめて、そんなのイヤです!」
「これは、お嬢さんのお礼です。ここもですが…」もう片手が淫裂を触っていく。
「イヤ、イヤです。お礼なら、別なのでします…」手を退けようとしても、なかなか離れない。
それには「片岡さん、もう充分でしょう。お嬢さんには、急ぎの仕事が入っていますから」後藤が転機を効かした。
「そうだよな、もう充分だよな」渋々手を退け、部屋から出ていった。

「お嬢さん、奴に弱みを握られているんですか?」後藤は沙織に抱きついた。
しかし「う、う、う!」泣くだけで何も答えない。
「そうでしたか…。それでしたら、私に良い考えがあります。ですから、お嬢さんも協力して下さい」
「私には何をしろと?」
「こうです、私とお嬢さんが一緒になって…」後藤は沙織を机に仰向けに押し倒して足を広げた。
「な、何をするの。私の体が欲しいの?」
「うまく行ったらの話です。ですが、今はこうして」ズボンを引き下げ、肉竿を露わにした。
「お嬢さんの手でやって下さい。必ず、お守りしますから…」
真剣なまなざしの後藤に(ここは、後藤さんに任せた方がいいわ。片岡から逃れるならセックスしてもいい…)処女を失い、自棄にもなったのか、肉竿を掴んで「入れてもいいです…」淫裂へと導いた。
「お嬢さん、必ず、お守りします」肉竿が淫裂に入って「うっ!」呻き声を上げ、膣奥へと迎え入れ「入りました…夢のようです…」乳房を揉みながら腰を動かしていく後藤だ。
「出さないで、セックスだけです…」上擦った声の沙織に「勿論です、そんな事はしません…」肉竿の動きを速めると「あ、あ、あ~!」喘ぎ声も上がっていく。
「気持ちいいです、お嬢さん…」乳房を撫でながら絶頂を迎えた。
「出る、出ます!」急いで、肉竿を抜くと、先端から白い液体が噴き出し、乳房の谷間に水たまりのようにたまっていく。
「後藤さん、約束よ。体まで許したんだから」その液体を拭きながら言うと「勿論です。決して約束は破りません。必ず、奴を追い出します」ズボンを直しながら答えた。
(うまく行けばいいけど、失敗したらどうなるのかしら?)不安もあった。

 

 




toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!
mitinohosi

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA