地獄の孤島 再会

jigoku-ti

 
 
 

【第14話】


彩香が売春を承知すると、すぐに、裕二と後藤の元に知らされた。

「そうか、奴が承知したとは驚きだ。とにかく、試してみないと」
「そうですよね。どこで、試すかが問題ですよ」2人は計画を練り、裕二と後藤は休養を兼ねて、旅行に出かける事にした。
行き先は瀬戸内海に浮かぶ島で、以前は無人島だったが、海水浄化設備や風力、太陽光などの発電設備で人が住めるようになっている。
それに、自分の配下が大勢おり、秘密が守れるから、そこを選んだ。
島に上陸すると「お待ちしておりました」手下が出迎えた。
「準備はいいのか?」
「勿論です。いつでもやれる準備はしています」手下は真新しい建物に案内し、中に入ると、接待用の部屋に通された。
「初めてだが、なかなかじゃないか」後藤は満足げだ。
「驚くのはまだ早いぞ。ショーもやってるんだ」
「ショーか、それも面白そうだな」
「だったら、行こう」裕二が手下に告げると「それでしたら、こちらで」リングのある部屋に案内された。
2人が椅子に座ると、両手を後ろ手に縛られた全裸の女性達が現れ、2人だけ縛られた腕が解かれ、手が効くとリングに上がらされた。
「ショーって、レスリングか?」
「そうだ。負けたらあれに乗せられ、鞭打ちされるが…」指さす先には、鋭く尖った三角形の木馬があり、天井からは、ロープも吊り下げられていた。
それには「なるほど、これは面白いや」納得顔になり、リングを見つめた。

やがて「始めろ!」と声が掛けられると、2人は拳や足蹴りで相手に掛かっていく。
お互いに遠慮なく、乳房や淫裂を狙い、蹴りやパンチを入れている。
その様子を見ながら酒を飲んでいると、蹴りを受けた女がマットに倒れた。
それでも、容赦なく襲いかかり、乳房を踏んだり、淫裂を踏んだりと責め立てると「ギャ~!」と悲鳴を上げ気絶した。
気絶した女はマットから連れ出され、水を掛けられ、それで目が覚めたか「許して、次は必ず勝ちますから…」必死に頼み込む。
しかし、両手を後ろ手に縛られた上、尖った三角木馬に乗せられた。
当然、淫裂に尖った部分が当たり、悲鳴を上げている。
それでも、容赦なくムチで打たれて「ギャ~!」悲鳴を上げ続けた。
「これは面白いや、沙織と真弓にもやらせたいな」
「今は無理だが、いずれはこうなるさ」笑顔で見つめていると、別な女が戦いだした。
そして、決着が付くと両手を縛られた上に、乳房がぶら下がったロープで根本から縛られた。
女は「イヤ、イヤ~!」悲鳴を上げたが、ロープが引かれ、乳房を持ち上げ、今にも切れそうな感じがするが、なおも引かれ、爪先でやっと立っていた。
「許して、もう許して~!」泣きわめくが、その女もムチで叩かれ、悲鳴を上げ続けた。
「これも凄いな。オッパイがあんなに伸びて…」
「ホントだな、沙織だったら漏らしちゃうぞ」笑い声が上がっていく。

その夜、2人の部屋に、仮面で顔を隠した女性が連れてこられた。
女性は2人の顔を見るなり、驚いたようだったが「この度は、私をお買いあげいただきありがとうございます。精一杯、ご奉仕しますのでお楽しみ下さい…」正座して頭を下げた。
「ほう、なかなか感心だな。今時、こんな事する売女はいないぞ」
「そうだよな、顔はダメのようだが、持スタイルは良さそうだ」2人が女性を見ながら言うと、泣き出す寸前になっている。
「ほら、これでいいだろう?」2人が5万ずつ女に渡すと「あ、ありがとうございます。今夜はゆっくりお楽しみ下さい…」そう言って、ガウンを脱ぎ、全裸を晒した。
女性は、両乳首と淫裂にリングのピアスを取り付け、絨毛が綺麗に剃られていた。
仮面を被った女は彩香で(私よ、彩香よ。私がわからないの?)と言いたかったが、それを言ったら、沙織や剛太がどうなるか、わからないから言えない。
「ご主人様。どちら様からご奉仕いたしましょうか?」
「そうだな、俺は後でいいから、後藤、お前が先にやれ!」裕二に言われ、後藤が服を脱ぎだすと「お手伝いします」彩香も脱ぐのを手伝う。
「いいね、こんなに丁寧な娼婦は東京ではいないな」笑顔で服を次々と脱いで全裸になった。

「ご主人様、私が上でやりますが、よろしいでしょうか?」
「ああ、構わないぞ」後藤がベッドに仰向けになると、彩香は肉竿を口に入れ動かしていく。
「いいよ、これは凄く上手だ。さすがにプロだな」頭を撫でていくが(プロなんかじゃないわ、彩香よ、あなたの雇い主よ…)叫ぶのを堪えた。
彩香が口を動かすと、肉竿は膨らみ、使用可能となり「ご主人様、上を失礼します」断りを入れて上に乗った。
そして、肉竿を掴み、腰を下げて淫裂に吸い込んでいく。
「いいぞ、気持ちいい。さすがにプロだな」後藤は満足そうに乳房を揉んでいく。
「お褒めいただき、ありがとうございます…」涙声で礼を言いながら腰を上下に動かし続けた。
やがて、昇りきった肉竿が一気に噴射を始め「気持ちいいです…体の中まで届いています…」教わった通りに言い、淫裂から乳白色の液体を流し出した。
「そんなに、オ○ンコに出されると気持ちいいなら、俺も出してやるぞ。その前に、オ○ンコを撮らせろ」裕二は液体のこぼれ出た淫裂をカメラに収めようとする。
(やめて裕二さん。こんなのは撮らなくていいのよ)拒みたいが「これで、よろしいでしょうか?」両手を後ろで組み、股間を露わにしていく。
「そうだ、それでいい」カメラのスイッチが押された。

「写真はこれくらいにして、シャワーを浴びさせてください」
「そうだよな、オ○ンコを洗ってからの方がいいし」許しを貰った彩香はシャワーを浴びて淫裂を洗っていく。
(あなた、許して下さい。これも、2人のためですから)売春をした事を詫びながら淫裂を洗い、戻ると裕二の相手をした。
彩香は馬乗りになり、腰を上下に振っていると「また、やりたくなった。これを頼むよ」後藤が肉竿を口に押し込む。
拒む事の出来ない彩香は「ウグ、ウグ!」頭も動かしながら、腰も動かし続け、裕二の肉竿から胎内での噴射を受け止めた。
「口はもういい、後からやらせろ!」
「汚れています、洗ってからにして下さい」
「汚れてたっていい。どうせ汚すんだから」四つん這いになった彩香の淫裂からは、乳白色の液体が漏れ出ているが、後藤は気にする様子もなく、膨らんだ肉竿を押し込んだ。
「あ、あ、あ~!」膣の奥まで入り込み、喘ぎ声を上げた。
(きつい…後からはきつい…)膣の奥まで入る肉竿に耐えていると「俺のも頼むよ、汚れているんだ」噴射したばかりの肉竿を目の前に差し出される。
「お、お口でご奉仕します…」口を開けて迎え入れ(義兄のオチンチンをなめるなんて…)屈辱に、また涙を流しながら、2つの肉竿に耐えた。
こうして、彩香はそれぞれ2回相手をしてから出ていったが「何とか使えそうだな。それにしてもいい女だ。商売させるには勿体ないな…」
「そうですよね、商売は考え直した方が、いいのでは?」
「そうだな、美保だけにするか」2人はヒソヒソ話し合った。

その話は片岡も承知し、翌日には彩香と入れ替わって、美保が連れて込まれた。
美保も「私をお買いあげいただきありがとうございます…」島で教わったように振る舞い、ガウンを脱ぐと、何も着けてないから、乳房と淫裂が露わになった。
やはり、彩香と同じく乳首と肉襞にはリングが取り付けられ、違うのは、淫裂に入れ墨があることだ。
「美保、大部おとなしくなったな。ちゃんとやれよ」2人が5万ずつ渡すと「ありがとうございます、精一杯ご奉仕します…」泣き声で受け取り、2人の服を脱がして全裸にし、馬乗りになり腰を振って、膣の中に噴射を受けた。
それが済むと、礼を言ってガウンを着ようとしたが「ちょっと付き合え。いいのを見せてやるから」全裸のまま部屋からリングのある部屋へと連れて行かれる。
そこには、美保同様に全裸の女性が2人いて、両手を縛られている。
何も知らない美保は驚いたようだが、腕が解かれ、リングに上がると意味が飲み込めた。
(レスリングだわ、何のためにやってるのかしら?)見ていたが、決着が付き、乳房を縛られて三角木馬に乗せられた段階で意味がわかった。
「イヤです、私はイヤです…」全身を震わせて言うと「何も美保にやれと入ってないよ。娘の真弓にやらせようかと思ってな」乳房を揉みながら言う。
「やめて下さい。娘にだけは、あんな事をさせないで下さい…」泣きながら、頼み込んだ。
「そうも、行かなくてな。人数が足りなくて困っているんだ」
「そこを、お願いします。私が代わりにやりますから」
「それは無理だよ、あんたの年では勝負にならないし」
「そんな、真弓だけは許して下さい…」声を上げて泣き出した。
「そんなに泣かれたら、困るな。美保が、もっと稼いでくれるなら、考え直してもいいが…」
「もっと、客を取れとおっしゃるのですか?」強ばった顔になった。
「そうだ、東京なら、男はいくらでもいるし」
「そんな、東京で売春だなんて…」それだけ言うと黙り込んだ。

その静かさを破り「ピシ~、ピシ~!」ムチの音と「ギャ~!」悲鳴が響いていく。
(売春をやるしかないわ、真弓にこんな思いをさせるわけには行かない…)「わかりました、東京で、客を取ります…」泣きながら承知した。
「それなら考え直すが、二度と、変な考え持つなよ、今度やったら、娘もあんたも、全身に入れ墨を彫って海外送りだからな」
「わかっています、逃げる事はしません…」島で実際に見たから、怯えている。
「それなら、頼むぞ」美保が承知すると笑顔になる2人だ。
それから、数日後、休養を終えた2人は東京に戻るが、美保も一緒だ。
(逃げれない…。逃げたら真弓に取り返しのない事が…)島での出来事が脳裏から離れず、命じられるがままにしている。
「いいか、ここがお前の新しい住まいだ」そこは、沙織が罠にはまった洋館だ。
「わかりました」中に入るとガッチリした男が出迎え、美保を連れ込む。
「やれやれ、これで一安心だな」
「そのようですね。それより、娘はどうしてるかな」
「心配するな、姉弟で楽しんでるよ。それに真弓も一緒にな」
「それならいいんですがね」2人は笑顔で話していた。 

その言葉通り、沙織の屋敷では、嫌がる沙織を剛太が裸にしていた。
「姉さんも脱ぐんだ。真弓さんと同じく素っ裸にならないと」服を次々と脱がし、全裸にすると両手を縛り上げた。
全裸にされた沙織の股間には、絨毛が生えかけている。
「大部生えたね、お仕置きをしないと」
「やめて、もう剃りたくないのよ」
「ダメだ、お仕置きだ!」嫌がる沙織の股間にムースを吹き掛け、カミソリを押しつけ、動かし出した。
「わかったわよ、剃るのはいいけど、セックスはダメよ」
「そうは行かないな。これを見たらカチカチだよ。そうだ、真弓さんともやらないと」それには両手を縛られ、全裸の真弓も「イヤよ、親戚同士ではいけない事なのよ」拒む。
「何と言おうと、2人にやるからね」なおもカミソリを動かして、絨毛を取り払うと「真弓さんも剃ろうね」今度は真弓の絨毛も剃りだした。
「やめて、いとこよ、いとこなのよ!」いくら叫んでも、手の動きをやめようとはせず、少女のようにピンクの割れ目が剥き出しになった。

「これで、良しと。まずは姉さんからだ」
「やめて、そんな事やめて!」拒んでも両手が効かないから、剛太の思いのままにされている。
剛太は乳房を握りしめて、腰を押しつける。
「ひ~。痛いから抜いて。それ以上はイヤ~」 拒んでも、肉竿が沙織の淫裂を貫いていく。
「入ったよ、全部入った…」腰を動かし、沙織は(弟に犯されるなんて…。こんな事は相談できないし…)姉弟での相姦を相談するわけには行かず、目を閉じて堪えた。
剛太は暫く腰を振ると、矛先を真弓にも向け「真弓さんともやらないとね」真弓を沙織に股間に顔を埋めるように乗せた。
「姉さんのオ○ンコをなめてもいいよ。今日は、特別許してあげるから」真弓の腰を押さえて、肉竿を突きだすと「あ、あ、あ~!」呻き声を上げ首を振っている。
「姉さんのをなめるんだ。やらないなら、こうだぞ!」手を伸ばし乳首を潰した。
「やめて、やります。ですから、手を退けて…」舌で沙織の淫裂をなめすと「あ、あ、あ~!」沙織も声を上げた。
「そうだ、それでいいんだ…」剛太は肉竿のピストンを速めたが、沙織と真弓を奴隷のように扱っている。

 

 



toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!
mitinohosi

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA