白雪百合 後編(6)

 

sirayuki-ti

 

 

【後編(6)】


しかもパンツの内側は、もっとえげつない仕掛けになっている。

張り出しているのは二本。アナル用もあるのだ。
そしてよく見ると、クリ○リスの辺りには小さなこぶがあり、表面には細かい歯ブラシのような毛が生えている。

これでは犯される者より、履く方が地獄であろう。
少女は怯えた瞳でそれを見たが、これ以上罰が悪化することを恐れてパンツを手に取る。

「そ…それでは…有り難く…はかせて、いただきます…」

震えながら、アナルに刺さったバイブを引き抜く。そしてゆっくりとそのパンツを履いていく。

「あぅう…」

秘所と肛門に同時に襲ってくるもの。
それがもはや快感でしかなくなるような調教の日々。
ゆっくり持ち上げながら、少女はその快楽と屈辱に悲鳴にも似た甘い吐息を漏らす。

ゆっくり上げても、いつか終わりが訪れる。
ここから上げれば、二つの孔よりも敏感にされた突起が、地獄を味わうことになるのである。

少女は躊躇っていた。
いくら調教されたとはいえ、やはり次にくる快感や痛みには身構えてしまう。
ましてや未経験のものならばなおのこと。

しかし、悩んでもいられなかった。
妖子の機嫌を損ねでもしたら、今度こそ地獄のような折檻が待っているのだから。
覚悟を決めて、少女がそれを持ち上げる。

「ひぃいっ!」

持ち上げきった瞬間、クリ○リスが繊毛のようなそれに刷り上げられ、全身の身の毛がよだった。
妖子は、先程まで少女がいれていた玩具を暇そうに弄っている。

「は…履きましたっ…」
「それじゃあ、ちょっとこの人後ろからやっちゃってください」

そういうと、妖子は部屋の隅にある紐を引っ張る。
すると、百合子がぶら下がっている鎖が少しだけ下がり、百合子はマリオネットのようにぐったりとつられたままだ。

「はい…」
「いやぁ…も、死ぬぅ…っ」

調教を受けた後、強制的に何度も絶頂を迎えさせられ、休む間もなくそこに挿入される。
顔をほとんど上げられなかったが、視線の端に映ったそれのなんと大きいことか。
今あんなもので突かれたら、本当に狂ってしまうかもしれない。

嫌々とするように力なく首を横に振る百合子に構わず、少女が百合子の腰を支える。
そしておもむろに、股間にそびえ立つ一物を、百合子の洪水のように濡れたそこに宛がう。

「ヒィッ…やめてっ…ホントに、ひ、きゃあぁあぁァアッ!」

絶叫を上げる百合子。少女が、一気に百合子のそこを貫いたのである。

「ひ…あが…ぐ、ぅ…」
「動かします」
「あ、ちょっと待った」

今の行為だけで、少女は限界間近まで上り詰めているのだが、きっとこの後は彼女を犯せといわれると思っていた。
だが妖子は突然後ろに来て、少女の付けているその玩具の後ろをいじりだす。

まさか。

「ひ! きゃあぁあっ!」
「アグゥウッ!ダメッ…ヒギィイッー!」

百合子と少女の悲鳴があがる。
内側から外側に突き出した…つまり少女と百合子を繋いでいるバイブが、振動と回転を同時に始めたのである。
快感地獄の百合子にはまさに予想以上の快感だったのか、獣のように絶叫している。

少女の方も堪らない。
辛さに腰をくねらせる度、クリ○リスがあの毛羽立った突起に刺激されたり、アナルの方がズレたりとまさに悪循環の快感が巡るのだ。

「さ、そのまま動く」
「あひぃっ! そん、なぁっ…きゃん! だめぇっ…!」

あまりの快感に、少女が嫌々と首を振る。

「じゃあ、お前のご主人様の前でお仕置きショーにしときやす?」
「ひぃっ! それだけはっ…それだけはぁっ!」

百合子の体につかまりながら、少女が大きな悲鳴をあげる。
百合子の方などは、悲鳴が引っ切り無しにあがっているのだが、ほとんど喘ぎ声というより雄叫びである。

「だったらほら。動く」

少女の尻をピシャリと叩くと、二人は同じように悲鳴をあげた。
少女の腰が、淫媚な動きを始める。引っ切り無しに二人の口から喘ぎが漏れる。

その様子を、妖子は口元に笑みを浮かべて見ていた。
彼女の後ろに、人影が近づいてくる。
がたいのいい、髭を蓄えた壮年の男だ。
肉付きのいい体にガウンをきている為か、彼の身分がそう低くないことが自ずとわかってくる。

「いいねぇ…素晴らしい」
「おや橋本様。もうお迎えに?」

妖子の言葉に、橋本と呼ばれた男がニヤニヤ笑う。

「うちの可愛いペットの顔が見たくなったんだが…いや、面白いショーだ。彼女もどこかの奴隷かペットかね?」

この言葉から推測するに、少女の主はこの男なのだろう。
顎に蓄えた髭を触りながら、橋本が何度も頷く。

「いえ。彼女は誰の奴隷でもありやせん。ちょいと別口に調教されたようですが…快感に弱すぎる。ご所望で?」

妖子の楽しげな問いに、橋本の鼻息が荒くなる。

「欲しい。金は払うよ。いくらだ?」
「…橋本様のお気持ち分いただきやしょう」

金額は任せるというふうに告げると、橋本は並びの良い歯を見せながら笑う。

「相変わらずだな君は。商売が上手い。…予定の倍でどうだ?」
「有り難くちょうだいしやしょ。時期終わります。そしたら本人に言わないと」

妖子のいうとおり、行為は佳境に入っていた。
少女が激しく腰を揺らし、百合子も一緒に腰を振る。
動き難い体制にも関わらず、唇を貪りあおうと二人は絡み合う。女同士の淫らなプレイ内容に、橋本は大興奮していた。

 

 

 

 

 
toukou03

toukou

 

 

この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。 
尚、著作権は、「ひとみの内緒話」及び著者である「M・Y様」に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説
banner-S
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA