チル 流れ星  黒服の男

【第4話】


「おい、姉ちゃん。きれいなベベ着て、こんな所でリンゴをかじって。どうしたんだい?家から追い出されたのか?オイラに付合えよ。いっぱい美味いものをご馳走してやるぜ」

急に人相の悪い男が二人、チルの前に現われた。
世間知らずのチルとはいっても、彼らの人相を見れば、まともな男たちではないことが一目で分かった。
チルは冷たく言い放った。

「いらぬ。私はこのリンゴが気にいっておる」

彼らを無視してリンゴを食べ続けた。
その時、一人の男がチルの食べかけのリンゴを手で払い除けた。
リンゴは石畳に叩き付けられ、グシャリと潰れてしまった。

「何をする!この、無礼もの!」
「ふひょ~!無礼者だってさぁ?おい、聞いたか?俺たちが無礼者だって~。ははあ、こりゃ、可笑しいや~」
「ふん、何を気取ってやがるんだ!どこの高貴なお嬢さんか知らねえが、この街では通用しねえぜ~!おい、相棒、この可愛い娘にちょっと思い知らせてやろうじゃないか~」
「そうだな~。そりゃあ、面白いぜ!そのきれいなオベベをひん剥いてやるぜ!」
「キャア~!何をする~~~!」

二人の男たちはチルを押え込み、スカートの裾を捲り上げた。
真っ白なペチコートがひらりと彼らの目に飛び込む。

「おい、ペチコートの奥を見たか!?ドロワースを穿いていやがるぜ!この娘、間違いなく高貴なお方の娘だぜ。こんな幸運滅多にないや。絶対に抱かなきゃ損だぜ~!おい、早く脱がせてしまえ!」

一人の男はチルのスカートとペチコートを捲り上げ、もう一人の男はチルのドロワースをひっぱりに掛かった。
だが、コルセットを着用し、ドロワースも紐で結わえてあったから簡単には脱がせられない。

彼らがもたついている間に、真後ろから一喝する声が聞こえた。

「おい、貴様ら、か弱いご婦人に何をしているのだ」

彼らは振り返った。
そこに一人の黒服を着た精悍な人相の男が立っていた。
グレーの髪が風になびいている。

「何者だ?てめえは。じゃまをするな!」

悪漢の一人は言うが早いか小刀を振りかざし、黒服の男めがけて襲い掛かった。
次の瞬間、黒服の男は悪漢のみぞおちを一突きした。

「うっ!」

男はそのまま地面に倒れこんだ。苦しくて声が出ないようである。
もう一人の男は敵わないと見たのか、相棒を肩にかかえて一目散で逃げていった。

 

 

 
toukou02
 
toukou
 
 
この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え
体験談・投稿体験談・夜学問・官能詩
エロエッセイ・その他カテゴリー多数
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA