地獄の孤島 復讐の凌辱

jigoku-ti

 
 
 

【第12話】


片岡はズボンを直すと出て行き、沙織もパンティ、スカートを直してから後藤を呼んだ。

「後藤さん、これを調べて欲しいの」
「これは、金融事業の収支ですよね?」
「そう、間違いがないか調べて欲しいの。それに、役員会の承認もあるかも」
「わかりました。調べてきます」後藤は言われた通りに調べた。
そして「お嬢さん、大変ですよ。役員会の承認なしに融資が行われていますよ」血相を変えて言う。
「そう、放ってはおけないわね。叔父さんを今すぐ呼んで!」後藤は電話を掛けて島津を呼びだした。
だが、島津はそんな事など知らない様子で「どうしたんだ、急に来いだ何て。なにかあったのか?」平然としている。
「島津さん。お嬢さんからは言いにくい事なので、私がお話しします。実はこの事をお聞きしたくて…」収支書を見せた。
「これが、何か?」
「問題はここです。見て下さい、役員会の承認がないんですよ。これは規則違反じゃないですか?」
「ちょっと待ってくれ、これは間違いだよ。事後承認で通ってるはずだ…」
「そんな馬鹿な話はないでしょう。億の金が事後承認とは信じられません。それに、回収も不能じゃありませんか?」
「それはそうだが…」苦しい弁明をしている。

「ここでは、らちがあきませんから、いっそのこと警察に告訴してはいかがでしょう?」
「待て、それだけはまってくれ。そんな事されたら、娘や妻が可愛そうだ。この通り頼む」沙織の前で土下座した。
「そんな事したって、ダメです。お嬢さん、そうでしょう?」
「後藤さん、少しは時間を上げましょうよ。私の叔父さんだし…」
「仕事に私情はいけません。ここは厳しくしないと!」
「そこを、お願いするの。剛太とも相談したいし…」
「そこまで、おっしゃるならいいでしょう。でも、お嬢さんにも、責任が掛かる事になりますよ?」
「わかっています…」沙織の頼みで、後藤も折れたが(どうしたらいいのかしら…)思案する沙織だった。
困った沙織は、裕二と剛太を呼んで事情を説明すると「まさか、身内でそんな事をするなんて…」2人とも、信じられないと言った顔をした。
「家族の会社が危なくて融資したそうなの。何とか、ならないかしら?」
「沙織、警察沙汰はダメだぞ。世間の物笑いになるしな」
「それだったら、私が肩代わりすればいいんでしょう?」
「沙織はまずい。剛太なら財閥のトップじゃないからいいけど…」
「それなら、僕が肩代わりする」
「それだけではダメだ。一度罪を犯したのは、必ずまたやるからな」
「わかっています。島津叔父さんには役職を降りて貰います」
「それならいいだろう。二度と財閥には戻れないようにするんだ!」キッパリ言う裕二は笑いを堪えていた。

そして、1週間後に行われた財閥の会議で、島津は自ら役職を降り、3年ほど海外で暮らす事を言いだした。
それに、異論を出す者はおらず、島津の辞職が決まり、後継者には叔父の裕二が就任することになった。
話がまとまると、島津は妻と娘を残して成田から飛び立ち、それを見計らって、新しく就任した裕二は妻である美保の元を訪ねた。
裕二は美保に会うなり「どうして、こんな事になったかご存じですか?」と尋ねた。
「はい、詳しくはないですが存じております…」
「それでしたら、話が早いですね。立て替えた剛太君を手伝って貰えませんかね」
「友愛学園をですか?」
「そうです。剛太も身内がいれば、やりやすいでしょうし」
「わかりました、そうします」裕二の言うがまま、美保は学園の手伝いをする事を決めた。
それは、片岡と決めた事でもあり「そうか、面白い事になったぞ。あの娘も一緒なら面白いぞ」罠だとは知らずに2人は友愛学園に住み込んだ。

住み込むと、2人は彩香のように、鉄格子のある建物に連れ込まれて、縛られた。
「美保さん、私は旦那に、ずいぶん疎んじられましてね。その償いを2人にして貰いますからね」裕二が言い終わると、2人は職員によって抑えられ、服を剥ぎ取られていく。
「イヤ、イヤ~!」悲鳴を上げても外に漏れる事はなく、あっけなく、生まれたままの姿にされた。
その後は、股間の絨毛も消されて、少女のように、割れ目を剥き出しにされた。
「いいですね。このオ○ンコが一番ですよ。その前に、これで恨みを晴らさないと」持ったムチで美保の背中、尻と叩きだし「ギャ~!」悲鳴が響き渡っても、ムチの休む事はない。
「ピシ!、ピシ!」音を立て、全身に赤い筋が出来ていく。
それを見た娘の真弓が「やめて、お母さんには手を出さないで!」叫ぶと「そうは行かない。まだまだだ!」
「やめて、代わりに私が打たれますから…」言い出す。
「面白い事言うね、それなら、痛い思いより、楽しい事をして欲しいな」目を輝かせ、真弓の胸を撫で出す。
「私の体が欲しいの?」
「そうだ。やらせてくるなら、こんな事はしないぞ」
それには、美保が「ダメよ、そんな事ダメ。私が痛い思いをすれば…ギャ~!」言い終わらない内に、また、悲鳴が上がった。

「母さんを打たないで。セックスしても、いいですから…」
「それなら、いいだろう。ここでやるからな」裕二はズボンを下げ真弓を四つん這いにした。
「行くぞ!」淫裂に肉竿を押しつけ、一気に突き刺すと「ヒ~!」痛みに悲鳴を上げた。
「それくらいで、どうする。もっとだぞ!」なおも押し込み、ピストンするが出血はない。
「何だ、体験済みか…」不満げに肉竿を動かし続け、昇りきると、腰を密着して放出をしていく。
「イヤ、お腹はイヤ~!」叫んでも、淫裂からは白い液体がこぼれていく。
放出を済ますと「スッキリした…」満足げに肉竿を抜いて、ズボンをはき直していくと「今度は私が…」片岡もズボンを下げて、下半身を剥き出しにしていく。
「ダメ、約束が違います、裕二さんやめさせて~!」
「セックスする約束だったはずだ。ここの皆と!」
「酷いわ、そんな約束していない~!」悲鳴を上げても、真弓の淫裂には肉竿が入っていく。
「いや、いや~!」暴れても、押さえつけられ犯されていく。
それを見ている美保は「そんな、そんな…」娘を助けたくとも、何も出来ず、縛られたまま泣きじゃくった。

男に散々犯された真弓は放心状態で、淫裂から白い液体を流しても、拭こうとはしない。
「美保さん、これ以上、娘さんには恥ずかしい思いはしたくないだろう?」
「勿論です、もう、娘には手を出さないで下さい…」
「その変わり、美保さんがやってくれるよな?」
「私の体も欲しいのですか?」
「それだけではない。娘と抱き合ってくれ。それを人前でな」
「そんな、娘と抱きあうだなんて…」
「やらないと言うなら、娘に客を取らせるが…」
「それはやめて、やりますから」
「それが利口だ。それにしても、いい体つきじゃないか」裕二は身をの体を触りまくるが「真弓を洗わせて、このままでは妊娠します…」
「わかっている。娘を連れて行け!」真弓は腕を掴まれ、全裸のまま連れ出されて、美保が残された。
「いいか、ここでの事は絶対の秘密だ。その秘密を守るため、素っ裸を撮るからな」
「守ります。ですから、写真は撮らないで下さい!」
「そうは行かないな。オ○ンコも撮るぞ」美保の全裸がカメラに収められ、それが済んでから自由にされた。
自由になった美保は真弓が気になり、服も着ず、走るように建物から出て行く。

「これで、うまくいけばいいがな…」
「問題は秘密を守るかどうかですよ、万が一も考えてやらないと」
「そうですよね、試さないとダメかも」裕二と片山は策を練った。

そんな策があるとも知らない美保は、2人の言うがままに従っていると、友愛学園に2人の警官が訪ねてきた。
その警官を相手に片岡が話していると、もう1人が美保に寄ってきた。
(今だわ、今しかない!)「助けて、娘と一緒に監禁されています!」形相を変えて訴えた。
それには、警官も一瞬戸惑ったが「私は警官ではなくて、ここの職員でして…」帽子を脱いだ。
「そんな、嘘でしょう~!」悲鳴を上げる美保だが「やってくれたな。もうここにいる必要はない。島送りにしてやる」引きずられながら、鉄格子の部屋に連れ込まれた。
「もう遠慮は要らない。思い切りやれ!」合図と同時に、男達が襲いかかって、服を剥ぎ取りだした。
勿論、その様子もビデオに撮られている。
「イヤ、やめて~。イヤ~!」悲鳴を上げても、助けなど来るはずがなく、あっけなく下着も引き裂かれ、全裸にされた。
全裸にされると、両手を縛られ犯され「イヤ、イヤ~!」泣きわめくが、肉竿は淫裂を突き刺していく。
「いい眺めだ。ここにも、やってやるぞ!」乳房も鷲掴みされ「ギャ~!」悲鳴を上げ続けた。
「まだまだだ。これくらいで泣かれちゃ困るんだよ」騎乗位にされ、肛門からも攻められた。
「嬉しいだろう、ケツとオ○ンコ同時にやれるんだぞ」2つの肉竿が同時に動き回り「ヒ~!」狂ったように悲鳴を上げ続けた。
しかし、これだけでは済まず、全身をムチで打たれたあげく、絨毛も綺麗に剃り落とされ、淫裂に入れ墨が彫られていく。
「ギャ~!」痛みに悲鳴を上げても押さえられ、彫り続けられ、数日後に美保は学園から消えて、彩香のいる孤島へ送られた。

美保がいなくなると、裕二は真弓に「お前の母親は恩も忘れて逃げ出そうとしたから閉じこめてある。お前は母親の分も働いて貰わまいとな」今度は恨みを娘にぶつけた。
「脱げ、脱いで素っ裸になるんだ。そうすれば、お前の母親は無事でいられる」
「せ、セックスしたいのですか。親戚の私と…」それには、怯え顔になっている。
「そうだ、お前とやりたい。だから早く脱げ!」裕二の脅し従い、服を脱ぎ、全裸になった。
「チンポをなめろ。それからだ!」言われるまま、裕二のズボンを引き下げ、肉竿を掴んで口に迎え入れ「ウグ、ウグ!」と唇で擦り出す。
それに反応したのか、膨らんで使用可能になると「やれ、真弓が上だ!」仰向けになり真弓を跨がせた。
真弓は肉竿を淫裂に押し当てて腰を下げていくと「う~!」膣が広げられ呻き声を上げる。
「すぐに消える。我慢してやれ!」乳房を揉みながら催促する。
仕方なしに、ゆっくり腰を上下に動かし、淫裂に肉竿の出し入れを始めたが「う、う、う!」嗚咽を上げていた。
「我慢しろ。お前が俺とオ○ンコしている限りは、美保には手出しをさせないから」
「約束ですよ。お母さんと、私の事も…」
「勿論だ。俺以外にはオ○ンコさせない…」守る気のない約束しながら、真弓の膣深く液体を噴射した。

真弓を抱いた裕二は、片岡や後藤と打ち合わせをしていく。
「順調に行っているが、もう一押し必要だな」
「と、おっしゃると?」
「剛太だよ、剛太の弱みを握らないとな」
「そうですよね。娘のほうは素っ裸を撮ったから、どうにかなるけど息子のほうは押しが弱いし」
「俺に良い考えがあるんだ。剛太に、沙織を抱かせようと思ってな」裕二の言葉に「姉弟で抱きあうんですか?」驚いている。
「そうだ、それを撮っておけば、姉弟とも言うがままになるし」
「そうですよね、そんな事世間に知れたら大変ですし」
「それはわかりますが、そんなにうまくいくとは思えませんが…」
「任せてくれ。良い考えがあるんだ。それには、学園でも協力して貰わないと」
「勿論協力しますよ。その後、娘を抱かせてくれるなら、最高ですがね」
「娘は無理だな。剛太専用にしたいし」
「まさか、夫婦にさせる気では?」
「そんなつもりはない。他に抱かせたら、剛太も反発するだろう」
「そうですよね。奴が反発したら、全てがお終いだし」
「だから、娘は諦めてくれ。代わりに真弓を提供してもいいぞ」剛太の提案に片岡や後藤も賛成して、策が練られた。

 

 



toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!
mitinohosi

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA