チル 流れ星  ラ・ムーの街

【第3話】


城外のことは何も聞かされていない、言い換えるならば世間知らずであったことが、結果、吉と出たわけである。

本来ならば腕の立つ剣士を二、三人は従えていてもいいくらいであったのだ。

ラ・ムーはとても賑やかな街であった。
もうすでに夜更けだというのに、人の往来も多く、店屋もまだかなり開いていた。
チルは喉が渇いていた。
また、着の身着のままで出て来たため空腹感に襲われていた。
閉店間際のくだもの屋の親父が、並べてあった商品を片付けていた。
チルは、店頭のリンゴをひとつ手にとって、親父に一言いった。

「そなた、これをひとつ貰うぞ」
「これはこれはきれいな娘さんだね、いらっしゃい。もう店を閉めるからまけとくよ。一個1フランにしておくよ」
「え……?1フラン?もしかしたら金のことか?そんなものはない」
「ないって~?そんな馬鹿な~。からかっちゃいけないよ~、いくらきれいな娘さんでもさ~。さあ、早く払ってくれよ~」
「いや、本当にないのだ」
「なけりゃ、悪いがそのリンゴは売れないな~」
「そうか…。ダメか。仕方がない」

チルは手に持ったリンゴを親父に返そうとした。
親父は怪訝な顔付きでチルに言った。

「ところであんた、相当高貴な方のようだね。その服装といい、言葉づかいといい。どこかの貴族の娘さんだろう?何か訳があって、家を飛び出したんだね」
「いや、そんな者では……」
「言わなくてもいいよ。何か深い訳があるんだろう。このリンゴやるよ。持って行きな」

親父はそういって、チルにリンゴを二つ手渡した。

「くれるのか?それはすまない。礼を言うぞ」
「それはそうとあんたそんな目立つ格好で街を歩いていると、性質の悪い奴に狙われるぞ。気を付けた方がいいよ」
「この服装はそんなに目立つか?」
「はっはっは!街の娘はそんな良い服を持ってないよ」
「そうか。目立つか…。気を付けよう。ありがとう」

チルは礼を言って店屋を後にした。

チルは歩きながらリンゴをかじろうとしたが、あまりのも行儀が悪いと思い、狭い路地を曲がり、置いてあった空き箱に腰を掛けた。
そして空腹を満たすため、早速親父に貰ったリンゴをかじった。
口の中に甘酸っぱさが広がった。
それは初めて出会った街人の優しさと、生きていくためには金というものがいるという教訓。
まさに甘さと酸っぱさとを同時に味わった思いであった。

 

 

 
toukou02
 
toukou
 
 
この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え
体験談・投稿体験談・夜学問・官能詩
エロエッセイ・その他カテゴリー多数
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA