ツルツルの恥丘をおねだりする女の子

 

shy468-02

banner-S

kannou468-4

9a1eb14d

468x060

 


 

%e6%99%82%e3%82%92%e5%b7%a1%e3%82%8b%e5%b0%91%e5%a5%b3-ti

 

第20話
現世への復帰~美桜の覚悟

美桜はベッドの中で目を覚ました。
程よく効いたクッションに、横たえた身体を預けたまま、耳を澄ませる。
開いたばかりの視線をクルクルと走らせる。

「よいしょっと」

掛け声を口にして、身体を起こした。
バスタオルを巻いただけの姿を改めて見直して、美桜は両足を床に下した。

「ようこそ、わたし達の世界へ。うふふっ」

ちょっぴり皮肉ったセリフで。
とってもウェルカムな本音で。
美桜は壁際のローボードを見つめた。
クリーム色をした固定電話を軽くスルーさせ、その隣にちょこんと腰かけたフランス人形に、親しみ感のある目を送る。

「翔くんはまだシャワー中みたいだから、ちょっと行ってくるわね。あなたはどうする? ここでお留守番とかしてくれると嬉しいんだけど」

「……」

そのフランス人形は青い目をしていた。
金色をした巻き毛の髪を肩にまで垂らしていた。
見つめたその人の心を優しく抱きとめてくれそうな、そんな柔らかい微笑みをたたえた美少女な顔をしていた。

「そう、お留守番してくれるんだ。サンキューね」

「……」

美桜は尚も、女の子の人形に語り掛けていた。
少し着乱れた漆黒のドレスを整えてあげると、急ぐように足を進めた。
歩きながら身体を覆うバスタオルを脱ぎ落し、上下お揃いのランジェリー姿のまま、浴室へとつながるドアノブに手を掛けた。

(大丈夫よ、美桜。サキコだって見守ってくれてるの。今度こそうまくいくから)

美桜は強く念じた。
胸の鼓動を鼓舞するように高鳴らせて、シャワーの音が響くドアを素早く開けた。

「どうした、美桜? なにか忘れ物か?」

濃密でじっとりと湿った空気が、美桜の身体を包んでいる。
その目と鼻の先では、シャワーを浴びたばかりの翔吾が、もちろん全裸のままでこちらを見つめていた。

「う、うん……そう、忘れ物」

美桜ははにかむようにしてうなずいた。
そして、素肌に残された二枚の下着を脱いだ。

「お、おい?!」

今夜、このホテルで、愛し合うことを決めている。
けれども翔吾は、素裸な身体を晒した美桜に驚きの声を響かせた。
じっくりと鑑賞し、ベッドに寝そべった美桜から、己の指で脱がせたかったブラジャーとパンティーを。
それが、濡れたタイルの上に落ちている様を、恨めしそうに眺めもしていた。

「わ、わたしね……翔吾にね、その……して欲しいの」

「な、なにをするのさ?」

美桜の足が一歩二歩と進んだ。
腕を伸ばせば翔吾と抱き合える、その距離まで詰めながら、曖昧な言葉を漏らしていた。
翔吾がどぎまぎしている。
喉を詰まらせながら声を返してくる。

「すぅーっ、はぁーっ」

深く息を吸い込んで、胸の震えを解き放つように息を大きく吐き出して。
美桜は翔吾の真ん前に立ち、深呼吸をしてみせる。
一回、二回、三回と。

「ここをね、翔吾に剃って欲しいの」

心を強制的に落ち着かせて、美桜はつぶやいていた。
消え入りそうなのに早口で、捲し立てるようにお願いすると、美桜は腰を曲げた。
湯船の縁にお尻を落として、翔吾の顔を上目遣いに覗いた。

「美桜の下の毛を、そのカミソリでジョリジョリって。ツルツルの生まれたままアソコに……ね、翔くん……お願い」

早口だったセリフは、息切れしたようにスローダウンしていた。
ラストに至っては、見下ろした翔吾の耳にもたぶん届いていない。

だからであろう。
美桜は利き腕を伸ばすと、浴槽の壁辺りを探った。
白いほうろう製の棚に、石鹸とかシャンプーとかが並び、それらの脇に隠すようにして置かれた安全剃刀を手にしていた。

「し、下の……毛……? ジョリジョリって……?」

「ダメ……かな?」

「いや、構わないけどさ」

行動でも示したのだ。
美桜の言葉は通じているはず。
それでも俄かに信じられない。翔吾はそんな顔つきで、たどたどしい仕草で声を吐いて、美桜が小首を傾げて哀しそうに訊くと、ブンブンと首だけは勢いよく振らせた。

「サンキュー、翔くん」

美桜は湯船に腰かけたまま足を開いた。
漂う湯気を纏わせながら、秘めた女の部分を主張させるように下半身を前へとずらせる。
股間の中心を彩る黒い陰りも、その下に潜む恥肉のスリットも、あられもなく晒した。

「はぁぁ、美桜……!」

切ない恋をして、胸をときめかしてきた少女の秘部を前に、翔吾は声を裏返している。
ホテルを選び、綿密にスケベな予定を立てた男心が、想定外すぎる成り行きに翻弄されている。

「はい、これ」

そんな彼氏の手へと、美桜はT字形のカミソリを手渡した。
連携するように働くもう一方の腕が、シェービングクリームも用意する。

「わたしね、前から気になっていたの。アソコの毛がちょっと毛深いかなぁって」

「そ、そうかな? 俺的には普通だと思うけど」

「でも男の人って、ツルツルのアソコに興味あるんでしょ?」

「ま、まぁ……無いと言ったら嘘になるかな」

「えっとね、わたしの友達なんだけど、アソコに全然毛の生えていない子がいるの」

「それって、パイパン?」

「そう、パイパン。初めて出会った時は、わたしその子が大嫌いで、でも……」

「今は、パイパンのその子と仲良しなんだろ?」

「うん、そんな感じ。それとね、翔くんには嘘をついちゃいけないと思ってるから、全部告白するね。実は美桜……」

密閉された空間に響き合う、密やかな会話。
恋人どうしだからこそ。
その恋人関係でも赤面しそうな言葉のやり取りを繰り返し、やがて暫くの間が開いた。

安全剃刀を右手に、シェービングクリームのボトルを左手に、翔吾の目は瞬きを消して見据える。
飛び出た男らしい喉仏をゴクリと鳴らした。



 
kanrinin01
 
toukou
 
 
 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA