地獄の孤島 剃毛

jigoku-ti

 
 
 

【第10話】


沙織は、淫裂を指と舌で愛撫されると、処女にもかかわらず、膣の中が濡れだし「あ、あ、あ~!」声を上げ、淫汁を流している。

女は沙織の淫裂を愛撫していたが「どうせなら、見ながらしましょう」立たせると、鏡の前に立たせた。
「自分で、確かめながらするのもいいわよ」足を開かせ、絨毛を掻き分けた。
「やめて。恥ずかしいからやめて!」鏡にはピンクの淫裂が映し出されている。
「見るのよ、見ないなら…」ピンクの突起が掴まれた。
「ヒ~!」クリトリスを掴まれては悲鳴を上げるしかない。
「見ないからよ、やるから見るのよ」仕方なしに見ていると、淫裂を広げられ、膣を触られていく。
「やめて、それ以上されたら…」太股が震えている。
「気持ちいいでしょう。自分でもやれるわよね」やっと沙織に手錠が外された。
「やりなさい、誰も見てないから」
「でも、恥ずかしい、オナニーだなんて…」
「やるのよ。やらないなら、オッパイ噛むわよ」
「やります、だから…」鏡を見つめ、淫裂を撫でながら、指を膣に押し込むと、女にも見えている。
「気持ちいいでしょう。チンポでされるよりも、あなたは女にされるのが好きそうだし」無防備になった乳房を揉み出した。

「レズじゃありません。私はレズじゃないわ…」そう言いながらも、膣の中が白く濁っている。
「わかっているわ。今度は私がしたようにやるのよ」沙織に淫裂を触らせた。
「そうよ、もっと奥まで入れて…」鏡には沙織の指が膣深く入り動いている。
「あ、あ、あ~!」声を上げながら沙織の頭をなで続けた。
沙織は、女性相手に1時間ほど楽しみ、服を着だすが、興奮がまだ収まっておらず、顔が赤い。
女性はなれた様子で、服を着込んで「楽しかったですか?」尋ねる。
「ええ、スッキリした感じがする…」
「それは良かった。女同士もいいものよ。男はチンポでオ○ンコを突く事しかしないし、汚いのを出すしね」
「そうよね。だから、男は嫌いなの」
「気があって良かったわ。また私を指名してね。もっとサービスするから」
「そうする。必ず指名するから。ところで、どうしてかを隠すの?」
「こんな仕事を見られたくないの。人目もあるし…」しんみりとした口調で話し、それを聞きながら沙織は服を着終えて部屋を出た。
部屋を出ると、高島が待っており「行こう、用事は済んだようだし…」2人は屋敷を出て車を走らせ、オフィス街へと向かった。

2人が出て行くのを見届けたのか「うまくやったようだな」男が現れた。
「言われた通りにしたわよ。でも、レズはイヤだった。これで、された方が気持ちいいし…」男の股間を撫でる。
「そんなに、俺のチンポでされたいのか?」
「されたいわ。口直しにやって欲しいの」チャックを引き下げ肉竿を取り出す。
「その前に、確認してからだ。それからでも、いいだろう?」隠し撮りしたビデオの再生を始めた。
すると、画面には2人の女性が映し出され「いいね、綺麗に撮れてるな。これなら使えるぞ」満足そうに見ていると、沙織の服が脱がされていく。
「恥ずかしいわ、私のヌードも撮られたんでしょう?」
「勿論さ、見ろよ、奴のオ○ンコも撮れてるぞ」絨毛を露わにした姿が映された。
更に、淫裂を広げられた姿も映し出された。
「これは消して、私のオ○ンコなんて、イヤよ」
「顔を隠しているからわからないよ。良くやったから、褒美にやってやるぞ!」女を四つん這いにして、裾を捲り上げ、尻を剥き出しにした。
「早く入れて、このままで良いから」女の頼みに腰を押さえ、後ろから抱きついた。
「いいわ、凄くいい。指よりもチンポがいい…」声を上げ、淫汁も流し出す。
「まだまだだ。もっと、やってやるぞ!」更に裾を捲り上げ、乳房を掴み揉んでいくと「あ、あ、あ~!」背中を反らせ、声を上げた。
そんな事があったとも、知らない沙織は事務所に戻ったが「無駄だったわ。警察でさえ掴めないんだから、素人では無理よね」あきらめ顔になっている。
それでも、高島には「今回は無駄だったけど、調べは続けて」と頼み込む。
「やっては見るけど、あまり期待しないで」それだけ言うと出て行った。

それから数日後の夜、裕二が沙織の住まいを訪ねてきた。
「沙織、とんでもない事をしてくれたな!」顔を合わせるなり言い出した。
「私が、何をしたというの?」
「これだよ、これを見れば解る」ディスクを見せた。
「これが、どうかしたの?」
「見れば解る、今すぐ見るんだ!」怒鳴り声に、ディスクを再生すると、画面に映し出された自分の姿に(そんな、嘘よ、嘘に決まってる!)否定したいが、声が出ない。
それを、暫く見ていると、沙織は手錠を掛けられて、服が脱がされる。
更に、下着も脱がされ乳房と絨毛を露わにしている。
「間違いなくお前だ。どうしてこんな事をしたんだ?」
「確かめたかっただけよ、この人が誰かを…」仮面をした女性を指さす。
「その為に、素っ裸になった上、性器まで撮らせたのか?」画面には、性器を広げられた沙織が映った。
(隠しカメラだわ、罠にはめられたんだ…)顔から血の気が引いて、真っ青になり、ブルブル震えている。
 (かなり効いたぞ。これならうまく行くな)裕二は笑いたいのを堪え、強ばった顔をしながら「これを持ち込んだ男が、沙織に会いたいと言っているんだ」と切り出した。
「私に会いたいですって?」
「そうだ。会わないと言うなら、このテープを公開すると言ってる」
「そんな事されたら、私は生きていけません…」泣き声に変わっている。
「それなら、会うしかないな。俺も付き合うから」その言葉に沙織は頷く。
「わかった、今から行こう!」裕二はメモを見ながら電話を掛け「これから行く。場所はどこだ!」相手と連絡を取った。
それが済むと「行こう、今すぐに」沙織を連れてビルを出た。
車は裕二が運転し、慣れた様子で走っている。
「おじさん、どこへ行くの?」
「羽田だよ、そこの工場跡だそうだ」
「羽田ですか…」沙織に思い当たる事はなく、やがて、広々とした埋め立て地が見え、工場群も見えてくる。
「もうすぐだぞ」その言葉に、顔を強ばらせながら見つめている沙織だが、車は建物の中に入った。
(いよいよだわ、私にどんな用があるのかしら?)不安になってきたが、今更、戻る事はできず、裕二の言うがまま車を降りて歩き出した。

2人が歩いて行くと「お待ちしました」男が現れた。
男は沙織だけを建物の中に案内していくが、中はコンクリート剥き出しで人気はない。
「ここなら誰にも邪魔されませんしね」なおも歩くとドアがある。
それを開けて中に入ると、灯りが煌々と灯っている。
その灯りの下に男が立っており、顔を見るなり「あなたは確か…」指さした。
「忘れていませんでしたか。友愛学園で園長をしている片岡です」
「忘れるものですか、仕事仲間ですから」
「嬉しい事おっしゃいますね。仕事仲間とは」
「それより、なぜここに呼んだの?」
「簡単です。あなたの素っ裸を見たいからです!」片岡の言葉に「馬鹿言わないで、どうして私がヌードになるのよ!」怒鳴るように言う。
「イヤなら、これをばらまくだけですよ。それでもいいんですか。オ○ンコまでバッチリですから、一生の笑いものになりますがね」
「私を裸にして、どうする気なの。もしかして、レイプでもするの?」
「そんな事はしません。ただ、お嬢さんには痛い思いをして貰いますよ。今までの償いに」
「私が、あなたに何をしたというのよ!」
「左遷ですよ。私を学園から追い出そうと、しているでしょう?」
「あれは、あなたのためを思って、計画したのよ」
「それが、余計な事なんです。島津の言うがままに動きましたしね。ですから、お嬢様には償って貰わないと」
「そんなの関係ないわ、私は脱がないからね」
「本当にいいんですね。責任は持ちませんからね」念を押す片岡に沙織は「やめて、それだけはやめて下さい」泣きながら頼み込んだ。

「やっと、わかったようですね。わかったなら、早く脱がないと」笑い顔の片岡だが、泣き顔の沙織は仕方なく、服に手を掛けた。
(こんな事したくないけど、ビデオが表沙汰になったら困るし…)洋館へ行った事を悔やみながら上着を脱いだ。
その後、スカートのファスナーを下げ、ホックを外すと足下に落ちて、太股が露わになっている。
「これではダメですか?」許されないのは、わかっている。
「素っ裸と言いましたよ。後3分以内でやって下さい」それには、慌ててブラウスのボタンを外した。
そして、前を広げると白いパンティとブラジャーが眩しく光っている。
その下着に(いい体つきだ。いずれは俺がいただくぞ)片岡は食い入るように見ている。
それは、沙織もわかっていて(これを脱いだら、見られてしまう…)強ばった顔をしながら、両手を背中に回してホックを外し、片手で胸を覆いながらブラジャーを脱いだ。
だが、パンティは片手では脱げず、脱げたとしても、絨毛が露わになってしまう。
(オッパイを見られるのはイヤだけど、ヘアを見られるのはもっとイヤだし)覚悟を決め、乳房を露わにしパンティに手を両手をかけた。

沙織は背中を丸め、両手を下げたが、解き放された乳房が垂れ下がり、ブラブラ揺れていく。
(いい乳してる。親譲りだな)片岡の股間が膨らんでいる。
そんな事など気にしていられず、なおも手を引き下げ、片手を股間に当てて足首から抜いて全裸になった。
「これでいいんですよね…」初めて男の前に全裸を晒す沙織は声が震え、膝もガクガク震えている。
それに、乳房も揺れ、ピンク色した乳首も膨らみきっている。
「確かに、素っ裸だが、お嬢さんの大切な部分が見えませんよ。それではダメですね」
「ここは許して…。胸は御覧の通りですから…」首を振りながら言う。
「ダメです、大事な所を見たいと言っているじゃないですか。それとも、私に償う気はないと言うのですか?」
「そんな事はありません、おじさんに謝らせます。ですからここだけは…」涙が流れ、泣き声になっていく。
しかし「ダメです、全部です!」容赦はしなかった。
(やるしかない、恥ずかしいけど…)震える両手をゆっくり股間から退けていく。

「ほう、手入れはしてないんですね」露わになった絨毛を批評した。
「ヘアの手入れだなんて、する気にもなりません…」下を向いたまま答えた。
「あいにく、こっちはそう行かなくて。今までの恨みに応えて、ヘアを剃って下さい」
「そんな、ヘアを剃ったら、見えてしまいます…」
「見えてもいいじゃありませんか。やらないなら、こっちも知りませんからね」
「剃ります、剃ればいいんでしょう。でも、道具がありません…」
「ご心配なく、今持ってきますから」スイッチを押すとドアが開いて、手にポリ容器持った女性が現れた。
それを見て「あなたは、確か学園の職員でしょう?」声を上げた。
「覚えていたんですか。そうです、児童の世話をしています。それに、この前はお嬢様のお世話もしました」
「あ、あの時の人があなただったんだ!」沙織も、どうやらわかり始めた。
(罠だわ、全てが罠だったんだ。そんな事とも知らずに私は…)悔いたが、遅かった。

「そうですよ。それより、ヘアの手入れをしませんと…」沙織の絨毛にムースを吹き掛けた。
「やめて、ヘアはイヤです!」
「イヤでもやるのよ。やらないと、大変な事になるでしょう?」赤子をあやすかのように、泣きじゃくる沙織の手を退け、絨毛にムースを擦り込んだ。
「これでいいわ。後は自分でやって下さい」カミソリを渡す。
「そんな、自分で剃るなんて…」躊躇してると「何なら、私がやりますか?」片岡が前に座った。
「自分でします…」淫裂を触られたくないから、自分でカミソリを当てて、剃りだした。
「ジョリ、ジョリ!」カミソリは、絨毛を根本から剃り落として、地肌を露わにしていく。
(こんな事をさせるなんて、変態よ…)片岡を恨みながらも、カミソリを動かし続けると、絨毛は消え失せてピンク色した淫裂が露わになっていく。
(綺麗なオ○ンコだな。さすがにお嬢様育ちだ…)淫裂が露わになると肉竿も膨らんでいる。
「レイプはしない約束よね?」
「勿論そんな事はしません。ただ、痛い思いはして貰いますが…」レイプしないと聞いて、沙織はカミソリ動かし続けた。
そして、絨毛の全てが消え、恥丘には少女のようにピンクの割れ目が現れ(恥ずかしい、性器が剥き出しになっている…)顔から火の出る思いだ。

 

 

toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!
mitinohosi

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA