レズり合いで女の子二人が松葉崩し

 

shy468-02

banner-S

kannou468-4

9a1eb14d

468x060

 


 

%e6%99%82%e3%82%92%e5%b7%a1%e3%82%8b%e5%b0%91%e5%a5%b3-ti

 

第18話
女どうしでセックス

「美桜、仕上げよ」

快楽と悲嘆と。互いに引っ張り合い、裂かれていく美桜の乙女心。
そんな中、サキコが呼び掛けてくる。

(仕上げって、なんのこと?)

てっきりこのまま、サキコの舌と唇で恥ずかしい絶頂へと。
八割くらいそれを望んで、残り二割の理性が拒んでみせて、それなのに女どうしで繰り広げる痴態は、思わぬ方へと展開しようとしていた。

「足を拡げなさい。オマ〇コがしっかりと覗くくらいにね」

「はあぁ、こんなの……恥ずかしい……」

美桜の上で逆さを向いていたサキコだが、今度はその美桜と真正面から対面している。
上体を起こした美桜の足首を掴み、口では命じておきながら、それよりも先に彼女の腕を動かすと大きく股を割り開いていく。

「あらぁ、シーツまで汚しちゃって。美桜ったらイケナイ子ね」

サキコの目が、赤裸々な姿を晒す美桜の花弁に当てられている。
口角を片方だけ持ち上げて、含んだ笑いを見せつけ、そのうえで小馬鹿にするようなセリフをぶつけた。

「こ、これは……」

「隠さないで。そのままびしょ濡れのオマ〇コを晒しているのよ」

言い訳も許してもらえない。
追い打ちをかけるサキコの声に鋭さが増し、美桜は開きかけた唇を慌てて噤ませた。

「ねぇ、松葉崩しって知ってる?」

「まつばくずし……?」

けれども閉じたばかりの唇は、たどたどしい声音に開かされていた。
サキコが問い掛ける謎の単語を、美桜は受け取った通りに訊き返していた。

「知っているわけないよね。美桜はまだバージンで、それにレズるのだって初体験だったよね」

それなら訊かなければいいのに、サキコは自分自身を納得させるようにつぶやいていた。

「だから美桜に教えてあげる」

そして言葉を通してではなく、サキコは身体を使ってレクチャーするように……

「な、なにを?! 嫌……怖い……」

拡げられたまま、美桜の片足だけが持ち上げられていた。
向かい合うサキコも股を開き、片足だけを浮かせた。
視界を塞ぐようにして圧し掛かり、美桜の舌と唇で愛撫させられた女の亀裂が、美桜の目の奥を撫でるように眺めている。

「美桜ったら、身体がカチカチになってる。なんにも、怖くなんかないからね」

「や、やだ……近づかないで……あぁ、ひあっ!」

サキコの白い裸体が滑るように接近する。
宙に浮かせた美桜の足首を片手で掴み、反動をつけるようにして下半身を前進させるのだ。
Vの字に開かされた美桜の両足と、Vの字に開いたサキコの両足と、それが互い違いに交差し、合体を目指していた。
愛液と唾液と、ミックスされた体液でヌラヌラするサキコの亀裂が、同じようにヌラヌラと光る美桜の亀裂と対面していた。

「美桜も腰を押すのよ! あたしのオマ〇コにひっつけるの!」

思わず逃れようとした。
しかしサキコは許しはしない。

怒気をはらんだ強い口調をサキコは美桜にぶつけると、足首を掴ませた片手をあっさりと離した。
両手を腰の後ろへと回し、手のひらをシーツに沈める。
そのまま腕の力をフルに利用して、一気に美桜の身体へと。
赤く腫れぼったくさせられた美桜の花弁に、サキコの花弁が強く圧着する。

「ヒァッ! ヒャァッ!」

美桜が甲高い悲鳴をあげた。

「んふぅっ……美桜のオマ〇コ、あったかい……」

サキコが潤んだ声を漏らした。

ぬちゅぅ、にちゅぅっ……

男性器を持たない女の子どうしが、足を絡め合い、お互いの秘めた女性器を結合させた瞬間である。
たっぷりと淫らな液を含ませた柔肉どうしも、絞り出すようにふしだらな水音を奏でた。

「はあっ、だめぇ……こんな格好、ふぅ……くふぅっ」

「逃げないで、美桜。くは、んはぁ……二人でエッチしているところを、そこにいる翔吾にも見せつけるのよ」

お互いの両足をクロスさせたまま、サキコが腰をガンガンと突いた。
ぷっくりと膨らんだ陰唇の肉が、ぶつかり合い、押しつぶし合い、ねっとりとした蜜液がどちらともなく滲み出し、美桜はただされるままの性人形に成り下がっていた。

(翔くん、わたしを見ないで。そのまま死んだフリをして、こっちに目を向けないで)

女性どうしで肌を重ねるなんて。
女性どうしの大切な処を愛し合わせるなんて。
女性どうしなのに、感じる声を漏らして、快楽に身を震わせるなんて。

女性器と顔面とを密着させる『シックスナイン』から、女性器と女性器を結合させる『松葉崩し』、或いは『貝合わせ』へと。
あどけない少女の仮面を見せながら、サキコの卓越した性妓に美桜は翻弄される。
無垢な心は拒絶のポーズを取って見せても、女として熟しかけた19才の肢体は、沸き立つ性の快楽に弄ばれていく。

「はぁ、ふぅ……美桜、素直になるのよ。んぐぅ、んはぁ、とっても気持ちいいでしょ? オマ〇コが蕩けそうなんでしょ?」

「あぁ、だめぇ……でもぉ、がまんできないのぉ……身体が熱くてぇ、んふぅ、おぉ……オマ〇コ、溶けちゃうぅっ」

サキコが息を荒げながら訊いて、美桜が喉を上ずらせて答えていた。
性に怯えるピュアな女の子を卒業させる。
突き上げる快感に身を委ねようと、美桜の方からも腰に動きを持たせた。

「あはぁ、そうよ……美桜、腰をひねってピストンするの。んんっ、美桜のオマ〇コから……オチ〇チンが生えてるって思って、サキコのオマ〇コを……んふぅ、そ、そう……突いてぇ、もっと……」

「気持ちいい、オマ〇コ……んくぅ、いいぃっ!」

女の子と女の子のセックス。
幻影の中でいきり立つ極太なペニス。
美桜とサキコは、ソレを抜き挿ししていた。
濡れそぼった膣肉に咥え込ませ、お互いに綱引きをするように引いては、お互いの愛しさを分かち合うように膣深くへと押し込んで。

(わたしって、翔くんと初体験してないのに、サキコとセックスしてる。美桜のオマ〇コに見えないオチ〇チンを入れてもらって、サキコのオマ〇コにも、美桜が生やしたオチ〇チンを挿し込んでいるの)

じゃちゃ、にゅちゃ、にちゅぅっ……

「あふぅっ、はあぁっ……こんなのぉ、初めてぇ……あっ、あぁぁぁっっ!」

どこまで昇り詰めるのだろう?
女どうしのセックスに終わりなどあるのだろうか?

切なくてもどかしい快感に、美桜は腰の動きを速めた。
サキコを見習いシーツに埋めた手のひらが、指の関節を折り曲げ、シルク地のそれに深く爪を立てた。



 
kanrinin01
 
toukou
 
 
 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA