白雪百合 前編(6)

 

sirayuki-ti

 

 

【前編(6)】


何気ない朝の風景というものがなければ、朝は始まらない。

いくら変わっている妖子にも、いつもの朝はやってくる。だが今日は、いつもの朝ではなかったようだ。

「…妖子様。朝食のお時間です」

部屋のドアをノックする怪に対して、返る声はない。
元来妖子は寝起きがよいほうではないが、大概自分で起きるのだ。
稀に起きられない時があるらしく、そんな時は怪か魔御が起こすのである。

「…妖子様?」

まだ眠っているのだろうか…と思うと、開けることを戸惑うのたが。
起こさないと昼まで寝たりするから危険である。

何が危険か。妖子の機嫌を損ねるのだ。
世界中の屈強な男を束にして相手にするより恐い。

「失礼いたします」

覚悟を決めてドアを開けた怪だったが、空気の違いに眉をひそめる。

(この気配は…)

妖子の好きな香油の香ではない。黒い、闇の…血の臭い。

「妖子様ッ」

まさかと思い、妖子の眠るベッドヘ駆け寄る。

黒い下着姿の妖子が、ボォッと天井を見つめていた。
その腕や脚からは、血が伝っている。己で傷つけたのだろう。
枕元に置かれている短刀が、真っ赤に染まっていた。

「妖子様ッ…何をしていたんです!?」

思わず光景に硬直した怪だったが、現在進行型で流れ続けるその血を、放って置くわけにはいかなかった。
妖子の体を抱き上げ、魔御の部屋へ走ろうとする。

「すぐに手当を…ッ」
「大丈夫っすよ」

少女の声は、やけに落ち着いていた。
意識を失っているのではと思っていたが、声ははっきりしていた。

「何を言って…」
「あの人の夢を見ただけだから…少しこの体が…憎いだけ」

怪に抱き抱えられた状態のまま、妖子は白く細い己の腕を舐める。

「…妖子…様」
「忘れようとして生きてるのにね」

馬鹿だね。あたしは。
妖子は柔らかく微笑む。

「傷は自分で何とかしますから…一人にしてください。少しでいいから」

前髪の奥に、赤い瞳が見える。苦しそうな瞳が。

「…。朝食を…お持ちします。紅茶で、よろしいですか?」
「ありがと。お願いします」

ベッドに妖子を下ろし、怪は静かに部屋をさる。いつもと変わらぬ礼をして、何も言わずに。
部屋のドアを閉めた途端、怪はその扉を背に座りこんでいた。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

妖子は学校に向かった。その後は何も変わらなかった。
いつもと同じ朝で、妖子を見送った二人は通常の仕事に入るはずだった。

だが、いつもと同じでいられない者もいた。

「…ちょっと、そこ邪魔。僕慣れない料理で疲れたんだから、いつまでも座ってないで働いて」

ムスッとした魔御の視線の先には、食堂の椅子に座りこんだまま頭を抱えている怪がいた。

「…ホント、怪って融通きかないよね。妖子様が普通にしてるんだから、僕達も平気な顔してるのが当然だろ?
忠犬なのはいいけどさ、一人足りなくて大変なんだからね」
「解っている。私が悩んで何とかなる問題じゃないことも、今我々がどうすべきかも。だが…それでも…」

悔しいのだと。怪は瞳で訴えていた。
拳をにぎりしめ、テーブルに乱暴に打ち据える。
それをバネにするように、立ち上がる。

「私に何も出来ないのが…苦しいんだっ…」

眼鏡の奥の赤が揺れる。
魔御の方も、いつもの飄々とした笑みはすでに浮かべていなかった。

「あの人の…妖子様の役に立てない…あの人を…」
「救いたい? 守りたい? …自惚れるなよ。馬鹿犬」

魔御の言葉に、怪はかっと目を見開く。
睨み付けた先には、想像とは少し違う蒼い瞳があった。

「僕らはあの人に救われた生き物だ。ただの獣なんだよ。妖子様と同じじゃない。
ましてや、救える訳ない。守りたいなんて、おこがましいにも程がある。
あの人の苦しみを一人で解っているような言い方しないでよ」

滅多に見ない、表情だった。
いつもは何があっても、自分より優位な位置にいるような顔をしているくせに。
今にも…泣き出しそうな。

「僕だって…何か出来たらって思うけど…馬鹿なことしてあの人が悲しむくらいなら…」

俯いたまま、そばを通り過ぎる魔御を、怪はただ見過ごすしかなくて。

「僕は何もしない。あの人の側で、あの人を楽しませるだけの…道具だってかまわない。僕は僕なりに、妖子様を支えるだけだ」

食堂を出ていく魔御に何も言えず、怪は立ちすくむ。
ただやけに、魔御の言葉が胸に刺さって。

「…私も、それくらい…器用であれたらな」

二匹の哀れな獣。
主ヘの思いは違えども
ただ、己に問うのは何故か同じ言葉で。

どうして自分はこんなにも弱いのか

彼女の笑顔が戻ることばかり、祈っていた。

 

 

 

 

 
toukou03

toukou

 

 

この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。 
尚、著作権は、「ひとみの内緒話」及び著者である「M・Y様」に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説
banner-S
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA