夢少女 第5話

ume-ti

【第5話】


それでも吾郎の左手は相変わらず惠の亀裂に滑り込んだままで、まるでスッポンのように離れない。

先程から泉のように湧き出ている蜜液は、惠の太股までぐっしょりと濡らしていた。
惠は喘ぎながら指を伸ばした。
伸ばした先には吾郎の早くも怒張した肉棒がそびえている。
惠の指は肉棒を捉えた。
早く欲しいという無言の催促なのだろうか。

「あぁ……吾郎さん、もうこんなに大きくなってるぅ……」
「惠ちゃん……嫌じゃなければ、その可愛いお口でナメナメしてくれないか」
「う、うん、いいわ……」

惠の目前に大きく反り返ったモノがそそり立つ。
大きなモノは惠が両手を添えるとピクリと先端が動いた。

「きゃっ、硬い!」

吾郎の場合、サイズは15センチと平凡だが、どういう訳か硬さが人一倍硬く、惠が驚いたのも無理はなかった。
惠は小さな口をあんぐりと開けて肉棒を頬張った。
舌で包み込むように舐めると、まもなく口に含んで上下動させた。
たちまち吾郎が反応する。

「ううっ、惠ちゃん、すごく気持ちがいい!くはぁ~これは堪らない!」

お嬢様風で一見大人しそうに見える惠だが、意外にも情熱的な巧みな舌さばきを見せた。
上品なお嬢様風なのに、ベッドに入れば淫らな娘に変身する。
男はむしろそんな差異を好むのかも知れない。

「ああ……惠ちゃん、いいよ~、オレ、もうそろそろいきそうだ~」

吾郎はすでに自我を忘れるほど夢中になってしまっていた。
惠のフェラチオにすっかりのぼせ上がってしまった吾郎は、早くも発射の兆しを感じたのか惠を強引に押し倒した。

「きゃっ!」

強引に両脚を開かせ惠の上にかぶさった。
惠の肩を強く抱きしめ激しいキスの雨。
吾郎の怒張したモノは惠の亀裂を捉えた。

(グリュッ……)

「あぁっ……はあぁ~~~」

吾郎は挿入直後、早くも腰を慌ただしく律動させている。

「惠ちゃん……オレ、君のこと好きになってしまったみたい~」
「あぁん、私もぉ~」

吾郎は上半身を少し上げ、惠の脚を更に大きく割り開き、さらに腰を深く突き入れた。

「ああぁっ、すごい~、あぁん、すごいわ!」
「惠ちゃん!ううっ、すごくいいよ~。あっ、まずいや!スキンつける暇がない!」
「あっ、あっ、あっ……ご、吾郎さぁん、すごくいい!」
「あ、ああっ、うわあっ!いくよ、いくよ!ああ、もういっちゃうよ~!」
「ああっ!私もすごくいい、すごくいい!あああぁ~~~!」

発射する瞬間、吾郎は肉棒を引き抜き膣外での射精を試みたが、間一髪遅れてしまい惠の中で果ててしまった。
熱い感触が惠の腹部を貫いた。
吾郎は挿入したまま惠を抱きしめ、優しく唇を寄せた。

そしてわずかな時が過ぎ、吾郎は惠の身体からおもむろに萎えたモノを引き抜いた。
惠の狭い亀裂から白い液体がトロリと零れた。

「すごく良かったよ。でも早くイッちゃてごめんね。惠ちゃんがあまりにもいいから我慢できなくなってしまって……」
「いいの……私もすごく良かったから……」

吾郎は時が過ぎるのを忘れて、ずっと惠を抱きしめた。
惠もまたそれに応えた。

「ねえ、吾郎さんって歳はいくつなの?」
「オレは27。惠ちゃんは何歳?」
「私は19歳で学生。吾郎さんはどんな仕事をしてるの?」
「コンピューターグラフィックデザイナーをやっているんだ」
「そうなんだ、凄いなぁ~。あっ、それでパソコンがMacなのね」
「えっ!惠ちゃんってすごく目敏いね!もうそんなところまで見つけてるんだ!」
「だってアップルマークって目立つもの」
「Macのロゴマークは今はリンゴだけど、当初ニュートンがリンゴの木に寄りかかって本を読んでいる絵だったんだ」
「えっ!?そうなの?それは知らなかったわ。どうして現在の絵に変わったの?」
「ジョブズがそのデザインを堅苦しいと感じて、アートディレクターに頼んで現在のリンクだけのデザインに変えたんだよ」
「へ~、そんないきさつがあって今のデザインになったんだ。さすがMac派ね、よく知ってるね」

吾郎は満足そうにベッドに横たわりながら、惠との会話を楽しんだ。

「喉が渇いたね。水持ってくるね」
「うん」

吾郎は冷蔵庫からミネラルウォーターを取り出しコップに注いだ。
そして惠に手渡した。
惠も喉が渇いていたのか、ゴクゴクと一気に水を飲み干してしまった。

惠が水を飲み干すと、それを待っていたかのように吾郎がはにかみながら惠に囁いた。

「もう1回しようよ」
「うん……」

惠は微笑みながらうなづいた。
吾郎は左手を惠の背中に廻し、抱くようにして膝の上に誘った。
空いている右手は惠の繁みにそっと忍び込む。
先程の湿りに加え、新たな潤滑油が早くも溢れ出している。

(グチュグチュグチュ……)

吾郎は指を亀裂に挿し込み強く擦り始めた。

「いやぁ……もっと優しくして……」

見る見るうちに吾郎のイチブツも元気を取り戻していく。

「惠ちゃん、今度は僕の膝にまたがって……」
「うん……」

惠は体勢を起こし吾郎の膝に真正面を向いてゆっくりとまたがった。
股間に硬いものが触れた。

 

 

 
 

toukou02

toukou
 
 
 
 
この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え
体験談・投稿体験談・夜学問・官能詩
エロエッセイ・その他カテゴリー多数
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA