白雪百合 前編(5)

 

sirayuki-ti

 

 

【前編(5)】


「アンタ、今の誰かにばれたらまずいんだろ? 黙っててやるから…俺の玩具になれよ」

自分より一回りは若い子供にそんなこと言われて、黙ってハイそうですかなんて言える訳がない。
百合子は思わず鬼人を睨み付ける。

「ふざけないで! 私はそんなことゴメンだわっ!」
「だったら…今のアンタの変態行為、ばらしちゃおっかな」

脅すつもりだ。だが、いくらなんでもこんな子供の言いなりなんて。

「言いたきゃ勝手にしなさい。あなたみたいな子供の言葉、誰も信じないわよ」

自慢じゃないが、百合子はいい教師を演じて来た。今更疑われる訳がない。
さっさと帰らないとと、スカートをはこうとしたその時。

「じゃ、仕方ねぇな」

背後で聞こえた声に、思わず振り返る。そこには、ドアの方にいた少年が立っていた。

「っ!やめっ…」

そのまま深く口づけられ、百合子は尻餅をつく。

「んっ…ふ…」

鬼人の舌が、咥内を犯して来る。
子供とは思えない舌使いに、意識がだんだんうつろいで行く。
だがその余韻はいつまでも続かなかった。

(ぁっ…ダメッ…)

鬼人の右手が、百合子のたわわな胸を揉みしだく。
先程自慰をしたばかりで敏感になっている体は正直で、乳首が硬く尖り、ブラジャーの内側に擦られている。

(ァアッ…嫌ッ…やめてぇ…ッ)

空いた左手が、ゆっくりと指だけで探るように降りてくる。
太腿の内側を擽られ、ビクッと百合子は体を揺らす。
そして、鬼人の指が、自慰と今の愛撫で濡れ出した花弁を摘む。

「んぁあっ…」
「外に聞こえるぜ?」

花弁と花弁の隙間に、指が入り込む。
すでに勃起して触って欲しくて堪らないクリ○リスに少年の爪が掠る。

「アゥッ…」
「玩具になるってんならこのまま可愛がってやるけど? 嫌なら…まだまだ焦らすぜ?」

爪で、表面の皮をカリカリと引っ掻かれるだけ。
自分じゃない他人からの久々の愛撫。
禁欲の長い百合子に、長く堪えられる訳のないほどのテクニックを、少年は持っていた。

「ァンッ…やめっ…お願いッ…」
「何を?」

もうやめてと、必死に懇願するが、聞き入れてもらえないようで。
ついに限界が訪れた。

「あぁぅ…なる…なるわ…」
「何?」
「あなたの…ォモチャ…ヒッ…玩具に…なるからぁッ…」

たかが子供の愛撫にこんなに感じるなんて。そう惨めに思うのに。

「…『淫乱な雌犬百合子を、あなた様の玩具にしてください』」
「ェ…?」
「そう言うんだよ。ほら」

クリ○リスの回りを、鬼人の指がなぞる。
切れるような悲鳴を上げながら、訳の解らなくなる程感じている百合子は、思わずプライドを捨てて口を動かしていた。

「ぃ…淫乱な…メス…イヌ…百合子…を…アヒッ…ぁ…あなた様のっ、ォモチャにッ…んっ…して…くださぃぃっ…!」

少年の口端が、満足そうに吊り上がる。

「そんなにいうなら、可愛がってやるよ。淫乱」

鬼人の指の動きが激しさをます。
「ァッ…あぁっ!ダメェェッ!」

クリ○リスと乳首への激しい愛撫に、頭が真っ白になる。
そのまま、百合子はいってしまった。

(こんな…子供の指で…)

荒く息を吐きながら、百合子はフラフラと座り込む。
鬼人の楽しげな視線に曝され、座り込んだ膝が震えるのがわかる。

「気持ちよかった? 本番もするか?」

鬼人は、百合子の愛液に塗れた指を舐めながら、ニヤニヤ笑う。
それがさらに、百合子の恥辱を煽った。

「ま、これからたっぷり調教してやるけどな。もう他の男じゃ足りないくらいに…」

少年の琥珀の瞳が、挑発的に笑った。

 

 

 

 

 
toukou03

toukou

 

 

この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。 
尚、著作権は、「ひとみの内緒話」及び著者である「M・Y様」に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説
banner-S
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA