夢少女 第4話

ume-ti

【第4話】


まもなくふたりは下穿きだけを残して裸になり、ベッドに滑り込んだ。

無言の合意。

ベッドの上で吾郎は惠の身体を見つめながらそっとつぶやいた。

「きれいな身体だね」
「そう?嬉しい……」

吾郎のてのひらは胸を撫でるとゆっくりと下へ降りて行った。
臍の辺りから腹部へといとおしむように撫で、やがてパンティの飾りリボンが付いている辺りに差し掛かった。
吾郎はパンティの上から割れ目を探り当てる。

「あぁ……」

惠は蚊の鳴くような声を漏らした。
抑えようとしても抑えきれないのだ。
パンティの上からの愛撫であっても充分に感じるようだ。
吾郎は指先に湿り気を感じた。
パンティ越しでもこれほど湿るのであれば、直接触るとどうなってしまうのだろう、と吾郎は不埒な想像を浮かべた。

クリトリスの位置におおよその見当を付けた吾郎は、パンティ越しに刺激してみた。

「ん、んぐ、そこはぁ……」

惠の喘ぎが少し変化する。
やはりクリトリスは特に感じるようだ。
しかし吾郎としては湿って来ないクリトリスよりも湿る感触を味わいたかった。
吾郎はクリトリスを中心に愛撫しながらも、陰唇全体を指先でまさぐった。

快感が高まっているせいか、惠は陰唇のどの部分も敏感に反応した。
強く撫でるよりも、くすぐるように緩く撫でる方が感じるようで、惠は両膝を寄せてぷるぷると下半身を震わせた。
吾郎は惠の反応に愉悦を感じながら、攻め場所や力の強弱に変化を持たせてみた。

刺激を続けていくうちに、パンティの染みが次第に広がっていった。

「すごい!濡れてきたじゃん」
「いやぁ……恥ずかしい……」

吾郎はクロッチの中央を人差し指で押してみた。

(グチュッ)

粘着性のある卑猥な感触が吾郎の指に伝わってくる。
惠が次第に高まってきているのを見て、吾郎は固くなったクリトリスに力を加えた。
摩擦で発火させるような勢いで、激しく擦り上げる吾郎。

「きゃっ!そ、そんなぁ~!」

惠は甲高い喘ぎ声を発し、腰を痙攣させ早くも絶頂に達した。
吾郎は空かさずクロッチの横合いから指を忍ばせる。
恥丘に茂る草むらを慈しむように撫で、まもなく深い渓谷へと到達する。
渓谷は既に湿地帯のごとくぐっしょりと湿り気を帯び吾郎の指を迎え入れた。

(グチュッ……)
「いやぁん……」

惠は耳を澄ましていないと聞こえないほどの微かな声を漏らした。
抑えようとしても抑えきれず漏れてしまうのだろう。

「んはぁ……」
「気持ちいい?」
「うん、すごくいい……」

中指が渓谷内部を掘り下げていく。

「あぁぁぁ~……」

(グジュグジュ……)

「いい感触だね」
「はぁ~ん……」

吾郎は手を止めパンティをゆっくりとずらし始める。

「あぁ、ダメぇ……」

白いパンティは惠の身体から離れていく。
くっきりと縦断する亀裂が吾郎の目に飛び込んできた。

「うわぁ~、惠ちゃんの……」

「ダメ、言葉にしちゃダメ」

惠はとっさに繁みに手を宛がい隠そうとするが、吾郎はそれを許さない。
吾郎は羞恥の箇所から惠の手を移動させる。
しげしげと亀裂を見つめる吾郎。

「うわぁ、可愛い割れ目ちゃん~。すごくきれいなピンク色しているね~」
「いやぁん…そんな恥かしいこと言っちゃダメぇ……」
「そんなことを言ったって、きれいなものはきれいなんだもの」
「んもぅ~」

吾郎は悪びれることなく亀裂を覗き込みながら指でなぶり始めた。

「あぁぁ~……」

指先を使って小陰唇を摘んでみたり、広げたりする吾郎。
小陰唇を広げたままにしてもう一方の指で亀裂をなぞってみると、思わず声を荒げる惠。

「あぁん~!、いや~ん!」

亀裂の中央やや下に位置するクレーターを探り当てた指は、ゆっくりと進入を開始する。
第一関節まで埋没した指は肉襞の感触を確かめながら、さらに奥へと進んでいく。
吾郎の指に反応するようにとめどもなく蜜は溢れ、まるでカリンバのような調べを奏でた。

「いい音がするね」
「はぁ~ん……あぁぁぁ~……」
「気持ちよくなって来た?」
「あん、あん、あん…ああっ、いい、いい……」

吾郎は惠の耳元で囁きながら、そっと耳にキスをした。

「きゃっ…くすぐったい……」

亀裂の先端にある豆粒を広げて、キラリと光る珠玉を剥き始める。
そこに軽くキスをした吾郎は舌を駆使して愛し始める。
舌の微妙な感触に惠は堪らず声をあげる。
亀裂から着火した悦楽の炎は、脳天の先端まで一気に走り抜けた。

「ああ、いい、いい、いい、それすごくいいっ!」

吾郎の舌は繊細な部分を執拗に責める。

「ああ、もうダメ、もうダメ、ああ、いやぁ~!」

吾郎は体勢を起こし、もう一度惠を抱きしめた。

 

 

 
 

toukou02

toukou
 
 
 
 
この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え
体験談・投稿体験談・夜学問・官能詩
エロエッセイ・その他カテゴリー多数
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA