白雪百合 前編(4)

 

sirayuki-ti

 

 

【前編(4)】


白井百合子は二年前この小学校にやってきた。

昔から子供が好きだった。なんて理由じゃない。両親が教師で、仕方なく教職につかされた。

実際は、子供に囲まれて勉強をしているだけで、全く充実感のない生活。
それでも、虐待だ虐めだと騒がれないように、とりあえず仕事は熟している。
単調な毎日。恋すらする暇がない。二十五になって、まだ恋愛らしい恋愛をしたことがないなんて、おかしいのだろうか。

教壇にたち、夕方の誰もいなくなった教室を見回す。そしておもむろに、スカートを下ろす。
日課となった教室での自慰を始めたのは、去年の終わり頃であった。

無意識だった。あまりにもセックスレスな生活が続き、ストレスも貯まっていたのだ。
教室で、生徒がみんな帰った後、床に座り込んで自慰をしていた。

いつ誰がくるかわからない公共の場所で。聖職者の立場を忘れて喘いだ。
気がつけば、警備員の見回りの時間ぎりぎりまでやっていたのだ。

それが日課になり、単調で刺激のない生活に、ほんの少しの刺激を与えるための楽しみになっていた。

(けど…慣れてきたわ…)

だからかいつの間にか脱ぐようになっていたのだ。
下半身をさらけ出し、足を開く。ここに誰か人がいたら…そう想像すると、秘所が濡れて来る。

「あんっ…ぁ…」

甘ったるい悲鳴をあげながら、百合子は胸をもみしだく。
下半身に伸びた手が、股間の茂みを撫で回し、割れ目に指が忍んでいく。

「ぁあっ…あぅ…」

クリ○リスはもう硬く勃起していて、少し指で押すだけで痺れるような快感が走る。
思わずそのまま指を動かすと、腰が面白いくらいに揺れた。

クリ○リスを摘んだり転がしたり。誰かがきたら、きっと人生すら終わるような露出行為。
それでも、快感を感じるのは事実だった。

(私…露出狂なのかしら…)

違う。
ただ単調な毎日に堪えられなくなっただけ。
好きでもない仕事をし続けた重圧に、呑まれてしまってるだけ。
恋人でも出来たら、こんな惨めなことしなくて済むのに。

「あ…もぉ…ダメェッ…」

全身を痺れるような快感が襲い、そのまま一気に達してしまう。

「ぁ…ふぅ…」

そのまま、体がゆっくりと床に落ちていく。
あっという間だった。別に溜まっている訳でもないのに。

(毎日してるのに…どうしてこんなにすぐにいっちゃうんだろ…)

やっぱり相当スキモノなのかもしれない。
嫌だなぁ…なんて考えながら、百合子は腰をあげる。

(あ…片付けないと…)

座り込んだ時、教壇の上のものを床に落としてしまったらしい。
明日の授業でも使うのだ。

スカートをさっさと履いて片付けよう。そう思った時だった。

「スゲェいい体してんな。アンタ」
「ッ?!」

誰かいる。見られた。
百合子は、思わず服で体を隠し、声の方に顔を向けた。

そこには、銀色に近い白いに、黒いメッシュの入った短い髪の少年が立っていた。
歳の頃は中学生くらいだろうが、見方を変えれば小学生にも見える。

「だ…誰なの…?」

ここの生徒ではない。だが見られてしまった。けして誰にも見られてはいけないこの事実を。
もしもばれたら…。

「俺? 鬼人(きりと)」

ニヤッと少年が微笑む。あどけない表情だが、瞳が琥珀色なせいか、やけに大人びている。

「いい体だなアンタ。ちょっと虐めたくなる」
「ぉ…大人をからかわないで!あ…ぇと…」

彼を怒らせてはいけない。何とかこの場を切り抜けないといけない。

「あの…」
「アンタ俺の玩具にならねぇ?」

少年・鬼人はそう百合子の言葉を遮った。

「…何ですって?」

 

 

 

 

 
toukou03

toukou

 

 

この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。 
尚、著作権は、「ひとみの内緒話」及び著者である「M・Y様」に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説
banner-S
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA