全裸四つん這いでおねだりをする少女

 

shy468-02

46860-10

banner-S

kannou468-4

9a1eb14d

468x060

 


 

%e6%99%82%e3%82%92%e5%b7%a1%e3%82%8b%e5%b0%91%e5%a5%b3-ti

 

第13話
セックスはカウントダウンの中で

心の隅っこで、誰かが溜息を吐いた。
もう片方の隅っこで、誰かが『うふふ』って笑った。

金婚式のキーワードをバネに、それでも美桜は一気に捲し立てていた。
喉の出口でウズウズしていた大切な伝言を、カレー色のご飯粒を飛ばしながら半ば叫んでいた。

「……火事? 焼け死ぬって……?」

「そう、火事よ! このままだと翔くんもわたしも、おじいちゃんとおばあちゃんになって、金婚式をあげられないの」

重ねられていた翔吾の瞳が、不安定に揺らいだ。
美桜はここぞとばかりに、思いつくままの言葉を機関銃のように浴びせた。

「きっと信じてもらえないかもしれないけど。翔くんもわたしも、一度死んじゃってあっちの世界へ行きかけて、サキコっていう変な女の子に助けてもらったの。だからこのまま、もう一度熱い炎に炙られて灰になるなんて、絶対ごめんなの」

弾切れを起こした口の機関銃に、美桜は大きく息継ぎして追加の弾を装填させる。
再び翔吾に向けて続きを浴びせた。

「ホテルの火事? 二人して焼死? 一度死んでる? サキコっていう女の子?」

「わかった? わたしの言ってることって、ちゃんと通じているよね?!」

これはドラマでも、映画でもないのだ。
だから美桜は、真実を知った瞬間に覚醒するヒーローなんて望んでいない。
ヒロインの手を掴み、立ちはだかる試練に堂々と立ち向かうヒーローなんて全然期待していない。

「だから翔くん、早く逃げよ。今ならきっと……たぶん間に合うと思うから」

美桜はグラつく腰を立たせて、席を離れた。
愛し合う人と逃げ伸びるため。
もしも立ちはだかる試練があるなら、慌てて背中を向けて、非常口から二人して卑怯な逃避行をしてみせる覚悟で。

「えらいぞ、美桜!」

「え、偉いの?」

「そうさ、さすがは50年後に金婚式をあげる俺の嫁ってやつだ」

翔吾もテーブルをドンと叩いて席を立った。
果たして理解してもらえたのか?
的外れな褒め言葉を美桜に投げかけた翔吾は、力強く腕を伸ばした。
『俺について来い』とばかりに、美桜の手首を掴んだ。

「あっ、ちょっと待ってよ。着替えないと」

「着替えなんて悠長なことを言ってたら、俺たちは焼け死んじまうだろ。バスタオル一枚あれば、俺は何もいらない」

運命のターニングポイントを知らせたのは美桜である。
だからタオルを腰に巻いただけの翔吾を見ても、説得の言葉を見つけられない。

「そうね、翔くん。今は恰好を気にしてる場合じゃないよね」

そして美桜も同意していた。
脇に差し込んだバスタオルをきつく締め直すと、ベッドの傍に置いてあった二人分の服をかき集め、女モノのバッグを抱えた。

「行くぞ。美桜」

「うん、翔くん」

頼もしくて男らしい声に、美桜はうなずいた。
運命のカウントを20分ばかり残したまま、バスタオルだけに身を包ませた二人は、客室ドアへと向かった。

「あ、開けるぞ。美桜」

「うん、開けて……翔くん」

訊かれて、返事をして、翔吾がドアノブを握った。
美桜は愛する人の背中に顔をひっつけた。

『結ばれなくていいの? 美桜ってバージンのままだよね』

サキコからの忠告が、今頃になって鼓膜に響いてくる。
美桜はそれを振り切るように、翔吾の背中を顔面で押した。

「わぁっ!」

ドアを開けてすぐに、翔吾の足が止まった。
一歩だけ踏み出して、コバンザメのように身体を預けた美桜も半歩分だけ足を進ませて、そこで感じた。
熱い気流の渦を。

『なにやってんだ、そんな恰好で』とか、『キャァ! 服くらい着なさいよ』とか、『いっそのことバスタオルも脱いじまえ』とか。
何事もない平穏なホテルの通路で、そんな俗っぽいセリフを投げられた方が、どんなに幸せか。

「撤退よ、翔くん!」

美桜は顔を離すと叫んでいた。
背後から翔吾の腰に両腕をしがみつかせ、部屋の中へと後退させていく。
それと同時に、客室ドアが乱暴に閉じられる。

「はあ、はぁ……美桜の言った通りになっちまった」

翔吾は全身から汗を吹き出させながら、美桜を眺めた。
恨めしそうに、ほぼ完食したカレー皿を見やった。

「そんな……まだ時間が……やっぱりわたしが……」

一方の美桜は、呆然としたまま立ち竦んでいた。
閉じられたばかりのドアから白い煙が忍び込む様を、焦点の合わない目で見つめていた。

「消防に連絡だ!」

翔吾は置き忘れたままになっていたスマホを掴んだ。

「どうしてだよ?! 電源が落ちてるぞ! クソッ!」

その翔吾の手から、暗い闇を映す液晶端末が落下する。

リーン♪ リーン♪ リーン♪

そして、その光景を覗いていたかのように、室内に据え置きされた電話が鳴った。

「わ、わたしが……」

反射的に駆け寄ろうとする翔吾を制して、美桜は受話器に腕を伸ばした。
4回……5回……6回……
鳴り響くコール音を耳に拾わせながら、震える指先にどうにか握らせる。

「美桜、急げ」

翔吾が顔をクイクイとさせて急かせてくる。
呼応するように、流れ込む煙がその濃度を増した。

「はい……」

『うふふっ、もうすぐ二人して丸焦げね。せっかくあたしが教えてあげたのに……残り1分ってとこかしら』

美桜の片耳に宛がわれたまま、電話はプツンと切れた。

「いたずら電話か、こんな時に……クソ、クソォッ!」

その声は、翔吾の耳にも届いたのだろう。
処理しようもない悔しさをぶつけるように、鍛えられた足が壁を蹴った。

(残り1分ってことは、残り60秒ってこと。ううん、もう40秒くらいかも?!)

もはや、完全にジ・エンドである。
けれども美桜は、翔吾と一緒になって壁に当たる気にはなれなかった。

「翔くん、裸になって! オチ〇チンを早く!」

喉が痛くて、涙を溢れさせられて、灰色をした煙の中で、美桜は動いていた。
ベッドへ上がる時など残されていない。
受話器を落としたその場所で、身体に巻きつけたバスタオルを引き剥がした。

「おい、こんな時になにやってんだ?」

穢れを知らない白い裸体が露わにされ、呆気にとられる翔吾もまた腰に巻いたタオルを外した。

「美桜とセックスして。翔くん、ゴホッ、ゴホッ……お願い……」

残り20秒弱。
猛威を振るう煙の背後から、灼熱の炎が迫っていた。

美桜は咳込んでいた。
ボロボロと涙も流しながら、床の上に跪いていた。
犬のように四つん這いのポーズを取ると、腰をくねらせた。
オス犬を誘うメス犬のように、赤く艶やかな恥肉を恥ずかしげもなく晒した。

「はははっ、さすがは俺の彼女だ。いや、俺の愛する嫁だ。美桜……美桜……」

煙に虐められていたまぶたから、純粋な涙がこぼれていた。
残り5秒。
翔吾の両手が、揺らされる美桜の腰を掴んだ。
熱い息遣いを背中に感じ、硬い切っ先がスリットの縁に宛がわれて……

「翔くん……愛してる……」

ドンッ! ボンッ!

荒れ狂う炎の海の中、美桜は愛する人の気配を見失った。

 

  

 
kanrinin01
 
toukou
 
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA