地獄の孤島 消えた彩香

jigoku-ti

 
 
 

【第3話】


彩香は5人に犯され淫裂からは液体が溢れている。

それには片岡も落ち着かない様子で、暫く考え「田中を呼べ、誰にも気づかれないようにだぞ」保健婦を呼びに行かせた。
暫くしてから白衣を着た田中が部下と一緒に現れた。
「真理君、申し訳ないが理事長の洗浄をお願いしたいんだ」片岡は全裸で鉄格子にぶら下がった彩香を見せた。
それには「そんな、理事長が裸で…」それだけ言うと黙り込んでしまった。
「分かっていると思うがこれは秘密なんでね、漏れたら困るんだ」
「秘密は守ります。ですから誰にも言いません」真理も意味が飲み込めたのか怯えた顔になっている。
「それならいい。妊娠だけは防いでくれ」
「それでしたら、洗浄しないと無理です」
「ここでやれるか?」
「器具さえ運べればできます」
「それだったら、ここでやれ」
「わかりました」真理は保健室に一旦戻って器具を持ってきた。

「少し痛いけど我慢してね」真理は肉襞を掻き分け膣を広げた。
当然、溜まっていた乳白色の液体が流れだし、それを見ながら膣の中にチューブを押し込むと「うっ!」彩香は呻き声を上げた。
「すぐに終わるから我慢して」声を掛け、消毒液を送り込むと、消毒液に混じって液体も一緒に流れてくる。
真理がそれを数回繰り返していくと乳白色の液体は流れずに消毒液だけが流れてくる。
「園長、終わりました」真理はチューブを抜いて後片付けをしていく。
「ご苦労だった。本当に秘密は守れるのか?」
「勿論です、誰にも言いません」
「そうかな、信用できないな。ここは担保を取っておかないとな」
「担保ですか?」
「そうだ、お前さんとのオ○ンコ写真だよ」それには真理の顔が青ざめて後ずさりしていく。
「逃げようとしたな、余計に信用できないな」
「セックスがイヤなんです。痛いだけですから…」
「オ○ンコはイヤか。それならオ○ンコ写真で勘弁してやるぞ。どうする?」
片岡の言葉に(セックス写真よりはヌードの方がましだし…)暫く間を置いて「写真だけならいいです…」承知した。

「その方が利口だ。5人とのオ○ンコは大変だからな。今から撮るから脱ぐんだ」
「わかりました…」逆らったりしたらレイプされるのが見え見えだから素直に脱ぎだした。
白衣を脱ぎ、ズボンを脱ぐとピンクのパンティが現れる。
その後、シャツを脱いでブラジャーも露わにしていくと「いいね。若い女は色気があって」ピンクの下着に男達はまた股間を膨らませている。
それは真理にも見え(下手をすればレイプされてしまう。でも、逃げる事はできないし…)苛立ちを覚えながら背中のホックを外すと、勢いよく乳房が飛び出し揺れていく。
「ほう、保健婦にしておくのは勿体ないな。商売で使えるぞ」声が上がると「風俗はイヤです、このままにさせて下さい」肩から布を退けて上半身を剥き出しにした。
「わかったよ。それより、担保の写真が先だ」
「わかっています」返事する真理の声が震えていた。

真理はブラジャーを脱ぐと背中を向けてパンティを引き下げていく。
(性器を撮られるなんて…)体を震わせながらなおも下げると尻が剥き出しになり「いいね、締まり具合も最高だな」片岡も目を細めている。
真理は背中を丸めて膝まで下げ、足をあげてパンティから抜いた。
その瞬間「お~!」声が上がり(見られたわ、性器を見られた…)震えが増し、奥歯までガチガチとなっている。
しかし、途中で辞めるわけには行かず、別な足もあげると温もりのある小さな布が両手に残された。
「脱いだか、こっちを向け!」片岡の声で真理はパンティで股間を覆い振り向いた。
(ほう、いい体つきだ。俺の女にさせてもいいな…)豊満な真理の肉体に片岡も見とれているが「手を退けろ、それでは担保にならない!」部下が怒鳴る。
「わかっています。言われた通りにしますから、レイプはしないと誓って下さい」
「誓うぞ。お前がいう通りにするならばの話だが」
「言う通りにします、この通りです…」股間からパンティと手を退け絨毛を露わにしたが、真理の目は真っ赤で、乳首も膨らみ、太股も震えている。

「田中、恥ずかしいのか?」
「は、はい。こんな事初めてですから…」
「初めてでも我慢しろ、オ○ンコされるよりはましだからな」
「その通りだ、手を頭に乗せろ!」真理は言われるままにポーズを取ってカメラに収まっていく。
暫く撮ってたが「ヘアが邪魔だ。剃らせろ!」絨毛にスプレーが吹き掛けられた。
「イヤ、ヘアはイヤです!」
「オ○ンコされたいのか?」
「セックスはイヤです。ヘアも全部はイヤです…」
「全部はイヤか。それなら、お前が剃れ」
「わかりました」真理はカミソリを受け取ると泡を絨毛に擦り込み、カミソリを動かし出した。
カミソリは恥丘の絨毛から消し始めたが、2センチ程度の幅で残して淫裂の周りを剃っていき、その様子もカメラが捉えている。
やがて、淫裂周辺の絨毛も消え、ピンクの割れ目と肉襞も露わになった。
「終わったか、撮るぞ」真理の淫裂剥き出しの姿がカメラに撮られた。

「次は座って撮るぞ」真理は座らされ、足を開かされた。
「恥ずかしいです、こんな姿を撮られるのは…」
「だから担保になるんだ。もし、喋ったらこれが公になるから」
「言いません、ですから写真だけは…」
「そうは行かない。もっと広げろ!」限界まで広げてMの字になると淫裂の中まで見えている。
「いいね、オ○ンコの中まで撮れるし」股間を膨らませながらスイッチを押していく。
「もういいでしょう、性器も撮ったし」
「ああ、オ○ンコ撮ったけど、ついでだからこれをやってくれ」片岡はチャックを引き下げ、膨らみきった肉竿を露わにした。
「イヤ、セックスはしない約束です!」
「オ○ンコはしないさ。お前の口でやるんだ」
「そんな、オチンチンをなめるなんて…」
「やった事ないのか。教えてやるからやれ!」片岡が言うからにはやるしかなく、言われるままに、正面に正座した。
「口を開け!」言われた通りにすると肉竿が押し込まれる。
(苦しい、息が詰まる…)息苦しさを感じながらも言われた通りにしていると、肉竿が動いて喉奥を突き刺している。
(イヤ、こんなのイヤ。苦しいだけだわ)首を振るが肉竿は動き続け、徐々に登り詰めていく。

そして、絶頂を迎えて爆発した。
さすがに真理も察して「う、う~!」首を振るが喉奥への噴射が続けられた。
やがて、全てを出し切ると肉竿を抜き、すかさず真理は「オエ~!」吐き出した。
「何だ、出したのか。初めてだから勘弁してやるが、これからは飲み込むんだ」
「精液を飲むんですか?」
「そうだ。忘れるなよ」そう言うと、ズボンを直していく。
真理も脱いだ服を着ようとするが「待て、どうせならこれを着ろ」彩香から剥ぎ取った服を渡した。
「これを私が着るのですか?」
「そうだ、今から、お前が理事長だ。但し、今日限りだがな」片岡の言葉に部下達は頷くが真理には理解できないが、言われるまま服を着込んだ。
更に、彩香の靴まで履かされ影武者といった感じになっている。
真理が服を着込むと彩香の縛ってある手を解いていく。
「どうする気なの、こんな事してすむと思ってるの?」
「思っていますよ。ですから理事長には表から消えて貰うんです」その言葉で彩香は全裸のまま両手を後ろ手に縛られ、口枷もさせられ声も出せず、怯えた顔をしている。
そんな彩香に「こんな所はイヤでしょうからいい所にご案内しますよ」引きずるように鉄格子の部屋から連れ出した。

金属のドアを開け、建物外に出ると真っ暗になっている。
「田中、お前は理事長の車に乗って山頂へ向かうんだ。手袋も忘れるなよ」その言葉で真理もやっと飲み込めた。
(アリバイだわ、アリバイ工作をするんだ。と言う事は、理事長はもう、戻れなんだ…)犯罪には手を染めたくないが、恥ずかしい写真を撮られたからには逆らう事ができず、彩香の車に乗って走りだす。
「さて、理事長はこっちに乗って貰いますよ」トランクを開けた。
彩香は怯えて「う、う~!」何か言うが「殺すような事はしませんよ。安心して下さい」笑いながら彩香を押し込むと「行き先はわかっているよな。東京に寄ってから、監獄だぞ」男に命じる。
「わかっています、御大からも言われてますから」
「それならいい、頼んだぞ」片岡の見送りを受けて車は走り出した。
「さてと、問題は田中だな。秘密をどこまで守れるかが問題だな」
「園長、一緒に監獄送りにしては?」
「それはダメだ。2人消えたら変に思われる。消えるのは理事長だけでいい。それより、今夜は前祝いと行こう」片岡達は笑いながら建物の中に戻った。

一方、東京に残っていた沙織は気が気ではなかった。
「お母さんったら何の連絡もないなんて」彩香からの連絡がないから不安だ。
そこに「沙織さん、お母さんは昨夜、学園から出たそうですよ」彩香の秘書である後藤が告げる。
「おかしいわ。あそこからここまでだったら、4時間もあれば充分なはずよ」
「その通りです。事故があったか問い合わせてみます」後藤は電話で問い合わせたが事故はなかった。
「警察よ、警察に連絡しましょう」
「わかりました。警察に捜索願を出します」後藤は警察に電話を掛けた。
「そうです、藤山彩香です。藤山財閥のドンです」藤山財閥と聞いては警察も動かざるを得なかった。
警視庁は栃木県警へ捜索依頼し、彩香の車を発見し、捜索を行って彩香の衣服も見つけた。
だが、それ以上は何も見つけられず、時間がむなしく過ぎていくだけだ。
勿論、学園の職員も警察から調べられたが、手がかりになるような事は何もなく、捜査も行き詰まっている。
その事はテレビでも報道され、事件や自殺などの仮説が流されていた。

それから3ヶ月が過ぎた。
マスコミも次第に彩香の失踪を報道しなくなり、世間から忘れられていた。
また、藤山財閥は跡継ぎを長女の沙織か、長男の剛太かでもめている。
沙織を推すのは彩香の実兄である島津洋平、剛太を推すのは彩香の義弟の藤山裕二だ。
2人は普段から仲が悪く、親戚付き合いはしてないから尚更まとまらなかった。
そこに、経済界からの仲裁で経営感覚が良い、沙織が跡継ぎと決まったが、剛太を推していた裕二は不満で「よそ者に財閥を取られてしまうぞ」事あるごとに剛太に言い聞かせている。
そのせいか、剛太もその気になってしまい、沙織との仲も不仲になってしまった。
それは、裕二にとっては好都合でもある。
兄弟が仲良くなれば、自分の出番が無くなるだけでなく、剛太が島津の言うがままに動かれてしまう。
だから裕二は事あるごとに洋平の悪口を言っていた。

そんな事があるとは知らず、彩香はコンクリートの部屋で全裸のまま両手を後ろ手に縛られていた。
口枷もされ声も上げられない彩香に「メシだぞ」男が粗末な容器に入れて運んでくる。
この時ばかりは口枷が外され言葉も喋れる。
「お願い、トイレに行かせてください」
「ダメだ、メシが先だ」
「それまで我慢できません」
「だったら、俺の頼みも聞け」
「どんな事ですか?」
「オ○ンコだよ、素っ裸を見ているだけでは我慢できなくてな」
「イヤ、そんな事できません!」
「そうか、それならここで漏らすんだな」
それには「軽くですよ、それにお腹に出さないと約束して下さい…」やむなく承知した。
「約束する、来るんだ」彩香は不自由なまま歩いてトイレに入って用事を済ませると粗末なベッドに押し倒された。
「乱暴はイヤ!」叫んでも所は聞き入れず、乳房を握りしめたまま肉竿を押し込んでくる。
「ヒ~!」無理矢理入り込み、悲鳴を上げても肉竿は動きを停めない。
「あ、あ、あ~!」痛みに声を上げ堪えて(私はここにいるのよ、誰か助けて~!)涙を流しながら屈辱に耐えていた。

 

 
jigoku08
 

 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!
mitinohosi

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA