白雪百合 前編(2)

 

sirayuki-ti

 

 

【前編(2)】


「ん…」
怪の唇が、妖子の白く柔らかい肌をなぞる。首筋を舌先が撫でると、妖子は甘く息を漏らす。
「妖子様…」

小振りな胸に怪の指が触れる。

「…そこ、舐めたいっすか?」
「ッ……あの…」

眼鏡を外した顔立ちが少し幼く見せている。妖子の方がどう見ても年下なのに。

「というか…もしかして責められたい?」
「そ、そんな滅相もない…私ごとき獣が、妖子様の美しい体に触れることすらおこがましいのです…触れて欲しいなどと…」

真っ赤になり首を横にする怪は、まだきちんとしたままの服装を整え、再び前戯に入ろうとした。が…

「怪。前を開けて。邪魔なら脱いでも構わないから」
「妖子様ッ…しかし…」
「逆らったらお預けにしますよ?」

お預け。と言われ、今更やめられても困ると、怪はゆっくりと上着を脱ぐ。
いい具合に鍛えられた体は、細すぎず美しい。
だがその胸の突起には、ゴールドの細いリング系のピアスが一つずつ着いていて、とても官能的だった。

「そのまま。四つん這いのままいなさい。今から怪のいやらしい体を…可愛がってあげるんだから」

そう、羞恥を煽るような言葉を並べただけで、怪の体がビクッと震える。
体をそのままにして、そのピアスを軽く捻る。

「ぅあっ…あ…」
「気持ち良い? 嫌ならやめますけど」

言いながらも、妖子の手は止まらない。もう片方の手は、脇腹の辺りを人差し指でくすぐりだしたのだ。

「ぁやっ…子…様ぁっ…」
「おや…乳首が尖って来ましたねぇ。これは何ででしょう…ね」

怪の体が小刻みに震える。
ピアスリングを弄られるだけで、甘い快感が押し寄せてくるから。
これだけでも感じられるような体にされてしまったから。

「ほら…どうして?」

ピアスリングの通った乳首に妖子の指が直接触れる。

「ひぁっ…あ…きも…ち…ィ…ッ」

普段取り澄ましたクールな表情からは想像出来ない程、身もだえる青年の姿に、妖子は満足そうに微笑する。

「怪はマゾだから…少し痛いくらいが調度いいかなぁ」

一旦指を離すと、妖子は髪をかきあげる。

「ベッドから降りなさい。本格的に虐めてあげますよ」

その言葉に、怪の体が震える。
恐怖にではない。これから与えられるだろう、甘い快感に、だ。

ベッドの下に降り、再び四つん這いになったその背に、妖子の細い脚が乗る。

「…妖子…様?」
「下も脱がなきゃ。怪は動物なんだから…服なんかいらないっしょ?
まさかこの程度で反応なんかしてないでしょうね?
もしそんな節操無しなら…お仕置きしますから」

ビクッと怪の体が震える。
合図するように、一旦妖子の脚が背中から降り、怪は立ち上がりタイトなパンツを脱ぎ出す。
下着姿になり、一瞬躊躇いながらもそれを脱ぐ。

膝ががくがくと震え、無意識に呼吸が荒くなった。

「ぁ…」

股間に潜んでいるはずのそれは、硬く勃起していた。
本来ならば本番に入れるような状態なのに、今の言葉からでは本番等望めない。

「怪。腕を後ろになさい。見えないでしょう?」

無意識に隠してしまう手を咎められ、羞恥で泣き出しそうな己に叱咤して腕を後ろに組む。

「おやおや…まだまともに触ってもいないのに…。何でしょうねホント。ねぇ怪…」
「…申し訳…ありませ…ッ」

こんな風に見られて、叱られて…どうしようもなく自分が惨めになるのに。
それがさらに快感になる。

「どんなお仕置きをしましょうか…。何なら一日媚薬仕込んで過ごします?
それとも…バイブの方がいいかな。怪は男なのに後ろを責められるの大好きですもんねぇ」

いやらしいと罵られているのと変わらない。
おとしめられ、淫乱な雌犬と変わらない存在なのだと言われ、それが余計に怪の精神を高揚させていた。

「さて…どうして欲しいですか?」

もっともっとと思うだけで、彼女に痛め付けて貰う方法を考えてしまう。

「私は…ぁ…ぉ、お願い…します…ッ。いやらしい…この体に…きつい罰を…ッ」
「だからどうして欲しいの?」

少女の冷笑に、股間が熱くなる。
見られている。そしてこれから、もっといたぶられる。
この狂いそうな程美しい瞳に曝されて、自分は壊される。

「…ぁ…アナルに…玩具を…入れて…この…いやらしい体を…妖子様の鞭で…なぶって…くださ…」

本当はもっと、そんな物じゃ足りないくらい痛め付けて欲しいけど。
言葉に尽くせない程体は昇りつめていて。
早く触れて貰わないと、壊れるんじゃないだろうかと考えてしまう。

 

 

sirayuki 02

 

 

shu01

shu02

shu03

 
toukou03

toukou

 

 

この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。 
尚、著作権は、「ひとみの内緒話」及び著者である「M・Y様」に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説
banner-S
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA