地獄の孤島 初めての屈辱

jigoku-ti

 
 
 

【第2話】


両手足が解かれると彩香はベットから起きて「謝るなら今の内よ、今から警察を呼ぶから」携帯を持った。

「誰に言っているんだ。お前はたった今から俺の奴隷なんだぞ」
「馬鹿いわないで。誰があなたと奴隷になるもんですか」
「まだわかってないな。やれ、素っ裸かにしろ!」片岡が叫ぶと彩香の顔色が変わった。
「やめて、そんな事したら本当に警察を呼ぶわよ」怯えたのか声が震えている。
「呼びたかったら呼べ。但し、呼んでも絶対に来ないからな」片岡は自信タップリに言う。
「寄らないで、寄ったら呼ぶわよ」急いで携帯を押したが何の反応もない。
「そんな、圏外だなんて…」頼みの綱が切れて体が震えている。
「やっとわかったようだな。今から謝っても手遅れだ。やれ!」その言葉で男達は一斉に彩香に襲いかかった。
「やめて、イヤ~!」悲鳴を上げて逃げまどうが、男達に捕まり服が脱がされていく。
「何するのよ、やめなさい!」いくら叫んでも、次々と剥ぎ取られてスリップ姿にされた。
「理事長、これからは何も着なくてすみますからね」片岡はスリップの右側の肩紐を引き裂いた。
スリップは片方が垂れ下がり、紫のブラジャーが覗いている。
「やめて、それ以上やったら警察に訴えるからね」彩香は怯えているのか声も上擦っている。
「訴えたいなら、ご自由にどうぞ。但し、行けるかが問題ですが」今度は左の肩紐を引き裂くと「シュル、シュル!」と音を立て足下に落ちて、彩香のパンティとブラジャーが露わになった。
「年の割には、いい体つきじゃないですか。じっくりと楽しませて下さいよ」片岡はパンティの上から淫裂を撫でた。
「やめて、そんな事したら許さないからね。私を誰だと思っているのよ!」
「藤山財閥のトップである事は承知していますよ。それに、この世界から消えて貰う人である事もね」撫でていた手がパンティのゴムを掴んだ。
彩香は「やめて、お願いだからやめて!」やめさせようとしたが、両手を掴まれて何も出来ず、体をクネクネするだけだ。

そんな彩香に「理事長、上品に育ったあなたの一番恥ずかしい部分を見せてもらいますよ」片岡の手が下がった。
すると、股間を覆った布地が引き下がり、黒々と生い茂った絨毛が現れた。
「やめて。それ以上やらないで~!」彩香は女性の一番恥ずかしい部分を片岡達に見られ泣き声で叫んだ。
「泣くのはまだ早いぞ。もっといい事するんだから」なおも引き下げ、パンティを足首まで下げると足から抜いた。
彩香の下半身を覆う物は何も無くなり、体の震えに合わせて絨毛が揺れている。
「いいね、これが元皇族のオ○ンコか…」片岡は脱がせてパンティを放ると、絨毛を掻き分けて淫裂を広げ、肉襞も掻き分けるとピンク色の突起が見える。
「見ろよ、これがクリトリスだ!」その突起を撫でられ「う、う、う~!」辱めに嗚咽をあげ、涙も流れていく。
「園長、ヘアでよく見えませんよ。どうせなら、パイパンオ○ンコにしてから記念写真と行きたいですね」
「そうですよ、どうせならオ○ンコしている写真も撮らせて下さいよ」
「そんなにやりたいのか?」
「当然ですよ、こんな高貴なお方とオ○ンコできるなんて、二度とありませんし」
「わかった、やってもいいぞ。その変わり、始めは俺だからな」
「当然です、ヘアの手入れは私達にお任せ下さい」
「わかった、準備をしろ。その前に、これも脱がないと」乳房を隠していた布地も剥がされ、彩香は文字通りの生まれたままの姿にされた。

「いいですね、オ○ンコだけでなくオッパイも最高だ!」片岡のいう通りで、まだ張りがあり垂れてはいない。
しかも、乳首も黒ずんではおらず、ピンクをしている。
その乳首を片岡が吸うと「イヤ、イヤ~!」暴れ出したが、片岡はやめず、乳房を握りしめて揉んでいく。
それには部下達も「いいな、俺もやりたいな」恨めしそうな顔で見ている。
「我慢しろ、すぐにやれるから」そう言うと淫裂を撫で出した。
「やめて、そこはイヤ~!」腰を振って逃れようとするが、指は執拗に淫裂を撫でてから割れ目の中に食い込んだ。
「ん、ん~!」夫以外にはさせた事のない行為に流れ出る涙も多くなり、太股もブルブル震えている。
「俺の指もいいだろう?」そう言うと指を動かし出す。
「良くない…お願いだから抜いて…」途切れ途切れに応えている。
「そうかな、いずれは自分から腰を使うようになるぞ」意味ありげに指を動かし続けると「園長、持ってきました!」部下が戻ってきた。

「園長、早速やらせて下さい」
「わかった、その前に手を縛れ!」片岡の命令で彩香は鉄格子を背中にし、両手を広げたままその鉄格子に縛られた。
「これで、動けませんね。まずはこうして」足を開かされ、絨毛の中にある淫裂が覗いている。
「いい眺めだ。まずはヘアのある姿を撮らないと」部下がカメラを構えると「イヤ、写真はイヤ~!」気が狂ったように暴れ出す。
「理事長も女なんだな。オ○ンコ丸出しの写真はイヤとわね」
ニヤニヤしながら片岡が眺めていると「おとなしくするんだ!」無防備の乳首にクリップが付けられ「ギャ~!」悲鳴を上げ口をパクパクしている。
「外して欲しいか?」クリップを揺すると「外して、痛いから早く…」顔を歪めて言う。
「おとなしくしていれば外すが、約束できるか?」
「約束します…」
「理事長がそう言うなら、外してやるよ」乳首からクリップが外され、カメラが構えられた。
(写真に撮られてしまう…)屈辱な写真を撮られまいと顔を背けると「こっちを向くんだ!」顔を押さえられカメラに向けられた。
(撮らないで、ヌードは撮らないで!)泣き顔をしていると「ピン!」電子音と共に閃光が瞬きカメラに収まった。
更に、数回閃光が瞬くと彩香の力が抜けてやっと立っている状態になってしまった。

「写真はそれくらいでいいよ。早くやりたいし」
「わかったよ、お前がやれ」見ていた男が股間の絨毛にスプレーを吹き掛け、手で擦りつけていくと元気良く立っていた絨毛は平伏して、恥丘に密着している。
「いよいよだ。こんな事がやれるなんて夢みたいだ」カミソリに持ち替え、絨毛に当てて引いた。
「ジョリ、ジョリ!」数回動かすと絨毛が消えて地肌が見えてくる。
なおも動かし続けると割れ目が見えてきた。
「いいね、それも」またスイッチが押されて閃光が瞬くと「う、う、う!」今まで味わった事のない屈辱に流す涙も増え、また嗚咽が上がっていく。
それでも、カミソリは停まることなく股間を動き続けて絨毛の大半が消え失せた。
「いいね、これがオ○ンコか!」剥き出しにされた淫裂に男達の股間が膨らんでいる。
「もう少しだ。剃り残しもあるから」肉襞を掴んで剃り残しがないか確かめながらカミソリを動かしていくが、男の吐いた息が淫裂に噴き掛かっていく。
(性器まで見られるなんて…)彩香は何も出来ず、されるがままにしている。

やがて「終わったぞ。綺麗になっただろう」カミソリを置いて、淫裂を指で広げた。
「やめて、そんな事しないで!」足を閉じたいが、押さえられて閉じられず、パックリと口を開いた膣腔が覗いている。
「これが理事長のオ○ンコか。元皇族だが、オ○ンコは同じだな」
「そうみたいだ、ソープの子と同じ形だぞ」男達は彩香の淫裂を眺めて勝手な事を言うが(こんな事されるなんて…)彩香は恥ずかしさを通り越して死にたい思いをしている。
そんな彩香をなおも辱めるのか、また閃光が瞬いてカメラに収められた。
「撮らないで、もう撮らないで!」涙が頬まで筋となって流れ、理事長の威厳も消え失せている。
「わかったよ、撮るのはこれくらいで勘弁してやる。その変わり、タップリオ○ンコさせて貰うからな」片岡がズボンを脱ぎだした。
「イヤ、セックスはイヤ。そんな事したら警察に言うわよ!」
「言いたかったら言え、俺は構わないから」ニヤニヤしながらズボンを脱ぎ、パンツも脱いで下半身を剥き出しにした。

彩香は片岡の膨らみきった肉竿に怯え「やめて、お願いだからやめて~!」叫ぶが「そうは行かなくてね。息子がこんなに元気だし」彩香の乳房を揉みだした。
更に片岡は部下の2人に足を持ち上げさせて開かせ、彩香は縛られた両手だけで体を支え、痛みに「ヒ~!」と悲鳴を上げた。
「我慢しな、すぐに終わるから」今度は肉竿を掴んで開ききった淫裂に押し当てると「イヤ、イヤ~!」足をバタバタさせていく。
それでも、肉竿は狭い膣を押し広げながら入り込んだ。
「助けて、あなた~!」首を振りながら叫ぶが、容赦なく肉竿は根本まで入り込んでしまった。
「理事長、オ○ンコの締め付けがいいですね。亭主とはどれくらいやりましたか?」肉竿をピストンしながら尋ねたが彩香は何も応えない。
「まだ置かれた状況がわかってないな。乳首を痛めろ!」片岡が言うと部下は乳首にクリップを付けると「ギャ~!」悲鳴が響き渡った。

「これで答える気になりましたかね」
「取って、痛いから取って…」
「その前に、言う事があるだろう!」部下はクリップを揺すった。
「ヒ~。週1回介してました…」
「それで、理事長は満足してたのか?」
「はい、お互いに愛していましたから…」
「よく言うね。俺だっら毎日オ○ンコだがな」そう言うと片岡は腰の振りを速めた。
それには「あ、あ、あ~!」頭を振りながら喘ぎ声を上げている。
「で、どんな風にやっていた?」
「ふ、普通でしてました…」
「普通ね、偉い人は違うんだな。こんなやり方はどうだ?」
「嫌いです、これはレイプです!」
「そうかもな。だが、俺は気持ちいいんだぞ」片岡は言葉通りに徐々に登り詰めているが、彩香は乳首の痛みが限界になっていた。
「もういいでしょう、外してください…」
「外してやりたいが、正直に言って貰わないと。オ○ンコが気持ちいいって!」
「そんな事言えません…」首を振りながら拒んだ。
「言えよ、言わないともっとこうだぞ」部下がクリップを握りつぶした。
「ギャ~。気持ちいいです…」
「それじゃわからないな。何が気持ちいいんだ?」
「せ、セックスです。セックスが気持ちいいです…」
「セックスなんて知らないな。オ○ンコなら知ってるけど」
「お、オ○ンコです、オ○ンコが気持ちいいです…」
「まだわかってないな、誰と何をやって、どうだか言わないと。学校でも習ったろう?」

それは彩香にとって屈辱だった。
しかし(乳首が千切れそうだ…)乳首が血で滲んでいるから(言いたくないけど、言うしかない…)覚悟を決め「お、オ○ンコです。園長とオ○ンコして気持ちいいです」言い終わると嗚咽をあげている。
「そうですか、そんなに気持ちいいなら、オ○ンコに出してもいいんですね?」
「そんな、射精だなんていやです!」彩香が言い終わった瞬間、またクリップが潰され「ギャ~!」すかさず悲鳴が上がる。
「言え、最初から言え。オ○ンコにも出されたいと!」
「園長にオ○ンコされて…気持ちいいです…ですから…オ○ンコの中で…射精して下さい…」言い終わると泣き出した。
「そうですか、そんなにオ○ンコに出されたいなら出してあげますよ」片岡は肉竿のピストンを速めて登り詰めた。
「う~!」呻き声を上げ、動きを停めると(射精だわ、膣の中が暖かいし)呆然となる彩香だが、片岡は「理事長、お望み通りにオ○ンコに出しましたよ」満足そうに肉竿を抜いた。
すると、堰を切ったように無毛になった淫裂から乳白色の液体がこぼれだし、それを待っていたかのようにカメラのスイッチが押され閃光が瞬いた。
(そんな~。射精された性器まで撮るなんて…)彩香の全身から力が抜けて、抜け殻のようになってしまった。
そんな彩香に「私もオ○ンコに出してあげますよ」部下が片岡と入れ替わって肉竿で突き始めた。
(あなた、私はどうすればいいのよ…)涙も枯れ果て、男の欲望を満たす道具になっていた。
それでも男達は容赦なく淫裂を肉竿で突き刺し射精を行い、淫裂から溢れた乳白色の液体が滴のように落ちていった。

 


jigoku07

 
 

toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!
mitinohosi

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA