白雪百合 前編(1)

 

sirayuki-ti

 

 

【前編(1)】


季節はもう冬間近。空に曇りが多くなり、北風が吹いている。

真っ黒なマフラーと真っ黒なワンピース。そして真っ黒な靴。女の子なのに真っ黒なランドセル。
鼻の頭まで隠す髪も、麗しい程漆黒だ。

「今日はみんなに、転校生を紹介します。入って」

窓の向こうの曇り空よりどんよりとした気持ちは、皆同じだろう。
そんな空気がマンネリ化している教室に、冷たい風が入り込む。
教室の中に少女が入って来る。教師の隣に立った黒ずくめの少女が、目の見えないその表情でニッコリ微笑む。

「初めまして。黒河妖子っす。以後、お見知り置きを」

薄いピンク色の唇が、微笑する。真っ白な頬は、時期に降り注ぐ雪よりも冷たそうだった。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

「ひぃぃっ!もっ…いやぁっ!」

絶叫がホールに響く。大きな洋館の奥の、銀色の扉の向こう。二十歳そこそこの少女が、身をよじっている。
彼女の腕は後ろ手に縛られ、股間には麻縄をまたがされている。どんなに爪先立ちになっても、縄から逃れることはできない。
当然というべきか、全裸である。その尻に、鞭が跳ぶ。

「きゃあぁん!」
「さっさと歩け」

真っ赤な髪を首元でくくり、ピッタリとしたフォーマルな服を着た青年は、眼鏡を軽くあげる。

「もう…いやぁ…許し…ヒィッ!」

再び鞭で打たれ、その痛みから逃げるように脚が前に進む。
だが、股間に来る縄からの痛みに、再び悲鳴を上げることになった。

「アヒィッ…い…痛い…」

涙でボロボロになっている少女の声に重なるように、扉が開いた。

「進んでます~?」
「これは妖子様…」

青年…怪が、妖子の出現に気付き一旦腕を止める。

「申し訳ありません。ご帰宅なさったとは知らず…」
「いいんすよ。怪にはその仕事、任せてますし。それより…お客様は明日の夜様子を見に来るらしいから…もう少し感度を上げておいてくれます?」
「ハイ。妖子様」

ノホホンと、妖子が微笑んだ。いつもの如く目を隠した前髪が揺れ、学校からのままのワンピースが幼さを強調している。
だが彼女はこの館の主人であり、この怪を筆頭として三人の部下を持っている。

まだ中学にも上がっていないこの少女が何故…と思うのは当然の事である。
だがその真実を知るものは、この館に住む妖子を含めた四人だけなのである。今は…

「さて…お嬢さんお疲れみたいっすね?」
「ぁ…あ…助け…てぇ…」

今にも倒れてしまいそうな少女を見つめ、妖子はため息をつく。

「一時間程休憩させて上げなさいな。その間…怪、相手してくれます?」
「しかし…良いのですか?まだ半端で…」

鞭を持ったまま困惑する怪の側に妖子は来る。そしておもむろに頬に触れる。

「怪が嫌なら…魔御にでも頼むんすけど?」
「是非私にッ!」

身を乗り出す怪の表情があまりに必死だった為、妖子はクスクス笑う。

「彼女を休ませたら部屋にいらっしゃい」
「ぁ…はぃ…」

思わずむきになったことに、怪の方も恥ずかしげに頬を赤らめた。
少女の体が、床に降ろされた。

 

 

sirayuki 01

 

 

shu00

shu02

shu03

 
toukou03

toukou

 

 

この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。 
尚、著作権は、「ひとみの内緒話」及び著者である「M・Y様」に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説
banner-S
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA