白雪百合 INFORMATION

sirayuki top

● 目次をクリックすればそのページへ飛びます【数字】

 

 前編

【1】 【2】 【3】

【4】 【5】

【6】 【7】

 

後編

【1】 【2】 【3】

【4】 【5】

【6】 【7】

 

 

 

【前編(1)より抜粋】

 「ひぃぃっ!もっ…いやぁっ!」
絶叫がホールに響く。大きな洋館の奥の、銀色の扉の向こう。二十歳そこそこの少女が、身をよじっている。
彼女の腕は後ろ手に縛られ、股間には麻縄をまたがされている。どんなに爪先立ちになっても、縄から逃れることはできない。
当然というべきか、全裸である。その尻に、鞭が跳ぶ
「きゃあぁん!」
「さっさと歩け」
真っ赤な髪を首元でくくり、ピッタリとしたフォーマルな服を着た青年は、眼鏡を軽くあげる。
「もう…いやぁ…許し…ヒィッ!」
再び鞭で打たれ、その痛みから逃げるように脚が前に進む。
だが、股間に来る縄からの痛みに、再び悲鳴を上げることになった。
「アヒィッ…い…痛い…」
涙でボロボロになっている少女の声に重なるように、扉が開いた。

この作品(M・Y様作)は、『ひとみの内緒話』管理人、イネの十四郎様の承認の元、
当ブログにて掲載しました。

 

 

sirayuki-top2

 

 

この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。 
尚、著作権は、「ひとみの内緒話」及び著者である「M・Y様」に属しております。 
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説

banner-S
 
 
 
 
 
 
toukou03
 
toukou00
 
toukou
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA