夢少女 INFORMATION

ume-top

● 目次をクリックすればそのページへ飛びます

ume-1

ume-2

ume-3

ume-4

ume-5

ume-6

 

 

 

【第4話 より抜粋】


まもなくふたりは下穿きだけを残して裸になり、ベッドに滑り込んだ。

無言の合意。

ベッドの上で吾郎は惠の身体を見つめながらそっとつぶやいた。

「きれいな身体だね」
「そう?嬉しい……」

吾郎のてのひらは胸を撫でるとゆっくりと下へ降りて行った。
臍の辺りから腹部へといとおしむように撫で、やがてパンティの飾りリボンが付いている辺りに差し掛かった。
吾郎はパンティの上から割れ目を探り当てる。

「あぁ……」

惠は蚊の鳴くような声を漏らした。
抑えようとしても抑えきれないのだ。
パンティの上からの愛撫であっても充分に感じるようだ。
吾郎は指先に湿り気を感じた。
パンティ越しでもこれほど湿るのであれば、直接触るとどうなってしまうのだろう、と吾郎は不埒な想像を浮かべた。

 

 ume-top2

 

 

 

toukou02
 
toukou00
 
toukou
 
 
 
この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え
体験談・投稿体験談・夜学問・官能詩
エロエッセイ・その他カテゴリー多数

x_mas-bigaku-himopan
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA