地獄の孤島 囚われた彩香

jigoku-ti

 

【第1話】


「お母さん、何もこんな時間に出かけなくても」
「そうは行かないの、急ぎの用事なんだから。これも仕事なのよ」
「わかっているけど、後藤さんが来るまで待っていたら?」
「そんな余裕がないの。早くしないと、手遅れになっちゃうし」
「わかったわ、気を付けてね。夜道は危険だから」
「わかっているわよ」中年と呼ぶにはまだ若い女性が、豪邸から車に乗って出かけた。
出かけた女性は、かつて藤山財閥を仕切った藤山太郎の妻の藤山彩香だ。
彩香は元皇族の血を引き、太郎と一緒になったが、3年前に太郎を亡くした。
当然、財閥を誰が引き継ぐかで家族間の紛糾があったが、亡くなった太郎の意志で藤山財閥を引き継いだ。
財閥を引き継ぐと太郎の意志を継いで、養護学園を創立して理事長に収まったが、その学園で児童が自殺を図ったという知らせで学園に向かっている。
学園は東京から遠く離れた那須連峰の麓にあり、高速に乗って車を飛ばした。
東北自動車道に入り、那須を目指して走ると2時間程でインターチェンジまで来た。
「もうすぐ学園だわ」高速を降り、一般道を走って行くが、行き交う車はなく、真っ暗な暗闇を、ヘッドライトを頼りに走っていくと学園へ続く道路が見えてくる。
「着いたわ」ホッとしながらも車を走らせると学園の建物が見えた。
その建物は深夜だというのに灯りが灯されており、車を停めると走るようにして学園に向かう。

学園のドアを開け、中に入ると園長の片岡が「申し訳ありません!」彩香に頭を下げた。
「そんな事より、具合はどうなの?」
「命は取り留めましたが、精神的に異常が見られまして」
「そう、命には取り留めたんだ…。よかったわ」
「はい。この事は外に漏れる事はありません」
「口止めしたの?」
「勿論です、こんな不祥事が役所に知られたら認可も取り消されかねませんからね」片岡の説明に彩香は頷くだけだ。
暫く片岡と話すと「その子と会えないかしら?」切り出す。
「今は無理です。明日になれば落ち着くと思いますが」
「わかった、明日でもいいから会わせて。それにしても、どうして自殺なんか図ったのかしら?」
「私にもわかりません。それよりも、お疲れでしょうから、お休みになってはいかがで」
「そうさせて」彩香は片岡が用意した部屋に入ったが、部屋には粗末なベッドが置かれているだけだ。
「こんな時だし、我慢しないと」不自由なく育った彩香にとっては不満だがそのベッドに横になった。
「でも、どうして自殺なんかしたのかしら?」彩香は考えたが思い当たる事は何もなかった。

翌朝、目を覚ました彩香は「あら、何時の間にあんなのが建ったのかしら?」窓からは建物が見える。
「園長に聞かないと」ベッドから降りて、片岡の元へと向かうと、ここに住む児童達と出くわした。
「元気ないわね。子供なんだからもっと元気でないと」そう思いながら見ていると、児童は全て女だけで男はいない。
「あら、女だけなんだ…」不自然と思いながら見ていると年齢にもバラツキがあり、中学生と思われる女が多い。
彩香は気になったが片岡のいる理事長室に入った。
「理事長、わざわざお出で頂かなくてもいいのに」
「そんな事気にしなくていいの。それよりも、新しい建家があるけど何なの?」
「ああ、来客用の事ですね。事後報告で申し訳ありませんが、こんな田舎ですから来客用にと宿泊施設を造ってまして…」
「そんな勝手なまねされたら困るわ。理事長の私のことわり無しでするなんて問題よ」
「申し訳ありません。今後注意しますから、今回だけはご勘弁下さい」片岡は彩香の前で正座して土下座した。
「そこまで言うなら、今回だけは勘弁してあげる。それよりも、自殺した子はどうなのよ?」
「かなり落ち着いて、話せるようにはなりましたが」
「今から会うのは無理かしら?」
「勿論無理です、もう少し落ち着くまで待ってください」片岡の説得に彩香は従うしかなかった。

会うのを拒まれた彩香は暇に任せて新しく建った建家に入ると、建物の中は壁で仕切られそれぞれ独立した部屋になっている。
そのドアを開け中に入ると「何なのよ、気色悪い部屋だわ」壁や天井が赤く塗られており、まるで風俗店のようになっていた。
それに、テーブルやソファーもあり、大きめなベッドもある。
「こんな風に造らなくてもいいはずよ」見渡しながら片岡への怒りを感じていく。
「他はどうなのかしら?」気になって他の部屋を調べると同じように赤く塗られ、風俗店と同じ作りになっている。
「こんなの建てるなんて許せないわ、作り直させないと」込み上げる怒りを抑え、建家から出ると「あんなところにも建てて」また、真新しい建家が目に入った。
「勝手な園長だわ、後で懲らしめないと」愚痴を言いながら入っていくと分厚いコンクリートが剥き出しになっており、なおも入ると金属製のドアがある。
「一体、どうなっているのよ」疑問を抱きながらドアを開けると今度は鉄格子の部屋があり檻のようになっていた。

「不気味な感じがする」鉄格子に沿って歩くと人の気配がする。
「誰かいるんだ」気配がするほうに歩くとベッドに横たわった中学生と思われる少女がいた。
その少女は怯えた様子で焦点が定まっていない。
「どうしてここにいるのかしら?」不思議に思い、鉄格子の中に入って少女に近づくと両手、両足を縛られ動けないようになっていた。
「どうしてこんな事をされたの?」少女に尋ねたが応えない。
「とにかく、解いてあげないと」手足を解いていくと「おばさん、誰なの?」初めて口を開いた。
「ここの理事長よ、私がこの学校を建てたの。それより、どうしてこんな所にいるの?」
「お仕置きなの、園長の言う事を聞かなかったから」
「どんな事を言われたの?」
「知らない男に抱かれろと言われたから断ったの。そうしたら…」少女はそれだけ言って泣き出した。
「抱かれろって、まさか売春を?」亡き、夫の意志で建てた養護学園で売春が行われているとは彩香には信じられなかった。
それでも、気を取り直して「そんな事っを言われたのは初めてなの?」
「ううん、前からだよ。5回程一緒に寝たけど。でも、昨日はイヤだったから断ったの」
「どうしてなの?」
「変な事する人だから。縄で縛って体を叩くの。優しく抱いてくれる人だったら断らないけど」少女の話に呆然となった。
(そんな事あり得ないわ)信じたくはなかったが「そんな事言われるのはあなただけなの?」と尋ねた。
「私だけではないわ、高学年は皆よ。妊娠しないようにと薬を飲まされて…」それだけ言うと黙り込んだ。

暫く沈黙が続いたが「園長のところに行きましょう」と腕を取った。
「イヤ、そんな事したらお仕置きされるから」
「お仕置きって、どんな事なの?」
「裸にされて鞭でぶたれるの。そして、オチンチンで…」それだけ言うとまた泣き出した。
「園長にオチンチンでやられたの?」彩香の言葉に黙ったまま頷いた。
(許せない、こんな少女をレイプするなんて許せない!)怒り心頭の彩香は少女を残して建物から出ると、片岡の元へと向かった。
そして、片岡に会うなり「自殺した子に会わせて、今すぐに!」叫んだ。
彩香の勢いに「わかりました、こちらです」片岡も負けて学園の医務室に連れて行った。
医務室には女性がいて少女の看護をしている。
「あなたは誰?」
「保健婦の田中です。子供の健康管理をしてます」
「この子と話がしたいけどいいかしら?」彩香の言葉に保健婦も困った顔をしたが「私が責任取るわ。あなた達は外に出て」強引に片山と保健婦を外に追い出した。
「誰もいないから、正直に応えて。どうして死のうと思ったの?」彩香が尋ねても少女は何も応えない。
「売春させられていたんでしょう。それがイヤで死のうと思ったのね」彩香が言うと少女の目からは涙が流れ出した。
(やっぱりそうなんだ。とんでもない園長だわ)彩香はそれ以上は何も言わず、黙っていると「売春だけじゃないの、もっとイヤな事もやらされるのよ…」やっと口を開いた。
「酷い事って、どんな事なの。私だけに教えて欲しいの」
「言えない、思い出したくもないし…」また口を閉ざした。

(これ以上は無理だわ)彩香もそれ以上は聞かず保健室を出て「園長、お話ししたい事があります!」語気を荒立てて言った。
「ここでは何ですから、私の部屋で」片山は彩香を園長室へと案内し、部屋に入ると彩香は「園長、どうして子供達にあんな事をさせるのよ!」怒鳴るように言う。
「あんな事とおっしゃっても、わかりませんが?」
「とぼけないで、売春よ。ここの児童に売春させているのでしょう!」
「理事長といえども、許しませんよ。どうして私がそんな事をやらせるんですか。証拠でもありますか?」
「あるわ。売春を断ると鉄格子の部屋に閉じこめているしね」
「面白い事をおっしゃいますね。一体、どこにそんな鉄格子がありますか。あったら、お目に掛かりたいですね」
「そこまで言うなら見せてあげる。付いてらっしゃい」彩香は憤りを感じながら片岡と一緒に先程の建物に入った。

建物に入ると、今まで強気だった片岡も動揺している。
「ここよ、この奥が鉄格子になっているのよ」ドアを指さし、開けようとしたが鍵が掛かっていて開かない。
「理事長、ここは倉庫になっているんですよ。冬は食料が無くなるんで蓄える所です」
「だったら、ここを開けて。今すぐに!」
「鍵が無くて今は無理です」
「だったら、持ってきて今すぐに!」
「わかりました。持ってきます」片岡は機嫌悪い顔をして鍵を取りに戻った。
暫くしてから、職員と一緒に片岡が現れ「理事長、ここの責任者も連れてきましたよ」
「それより鍵よ。早く開けなさい!」
「わかりました」責任者と言われた男が鍵を開けた。
「園長、言い訳は聞かないわよ」そう言ってドアを開けて中に入り「これでも、まだ認めないのね」鉄格子の部屋を見られた片岡は「何時の間にこんなしたんだ。前は違っていたじゃないか」責任者を叱った。
「申し訳ありません、盗まれないようにとこのようにしまして…」あくまでも白を切った。
それには「ふざけないで、そんな言い訳通用するわけないでしょう。あなた達はここにいる資格なんてないわ。2人ともクビよ!」彩香の声がコンクリートに響き渡った。

「そこまで言われたら、こっちにも覚悟がある。暫くここにいろ!」片山は彩香を押さえつけた。
「園長、お手伝いします」責任者も加わり、2人掛かりで彩香を押さえつけると、鉄格子の部屋に入れ粗末なベッドに乗せて縛っていく。
「やめなさい、そんな事は犯罪よ!」
「わかっている。だからあんたには消えて貰わないとね」
「殺すの、この私を?」
「イヤ、殺しはしないさ。世間から消えて貰うだけだ」そう言い残して2人は鉄格子に鍵を掛けてドアを閉めた。
ドアが閉まると照明を点けてないから真っ暗闇になった。
「誰か、いないの~!」彩香が叫んでも返事がない。
「さっきまでいた子はどうなったのかしら。鍵が掛かっていたということは連れ出されたんだ…」誰もいないとわかると、恐怖を感じていく。
「負けないわ、あの子だって1人でいたんだし」手足を動かしたが縛られて何も出来ず「諦めるしかないわね」おとなしく時の過ぎるのを待った。
どれくらい時間がたったのか彩香は知るよしがなく、暗闇の中で何時しか眠り込んでしまった。

その眠りを破り、4人の男を引き連れて片岡が現れた。
「理事長、待たせたな」片岡は彩香の頬を撫でだし、それには「何するの、触らないで!」声を上げた。
「強がりも今だけだ。いずれ泣く事になるからな」
「馬鹿いわないで、私がどうして泣くのよ」
「まだわかっていないんだ。始めろ!」片岡の合図で照明が灯され、部屋が煌々と照らされた。
「眩しい!」暗闇に慣れた瞳には強い灯りが眩しすぎる。
暫く目を閉じ、慣らしてから目を開けると初めて見る顔がいる。
「理事長、言っておくがここではいくら泣いても外には聞こえないんだ。土下座して、俺の言うがままに動くというなら勘弁してやるぞ」
「馬鹿いわないで、誰があんたに土下座などするものですか!」
「最後の望みも自分から捨てるのか。仕方ない、やれ!」片岡の合図で彩香を縛った縄が解かれていくが、これから行われる生き地獄の始まりだった。


jigoku06

  
 

shu01

shu02

shu03

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!
mitinohosi

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA