魔性少女・妖子 後編(7)

 

mashou-ti

 

 

【後編(7)】


「おはよー」

「あ、おはようミチル」

教室での何気ない風景。
ミチルも薫子も、他のクラスメート達も、いつもの朝を迎えていた。

あの夜から数日が経っている。
そしてミチルはすでに、イジメの対象から外れていた。
否、寧ろクラスからイジメが無くなった、というべきだろうか。

あの夜から、薫子はイジメをやめた。
誰も逆らわないし、寧ろホッとしていた。

だが理由を聞いても、薫子は何となくとしか言わない。
それは当然だった。

薫子もミチルも、あの夢を忘れているのだから。
お互いが夢にでたのは覚えているが、何故か中身を思い出せないのである。
ただとても、大切な夢だった気はするのだが。

けどそれでもいいと思えた。
今隣にいる相手を、親友だと思えるから。

彼女達同様、クラス全員が幸せだった。
だから誰も気付かなかった。
否、忘れてしまっていた。

この教室の窓際にあるはずの机が一つ、無くなっていることに。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.

漆黒の扉の向こう。
ベッドに腰掛ける少女の側に、真っ赤な長髪が見える。

いつもは束ねられた髪は解かれ、少女に弄ばれている。
少女は脚を軽く開き、その間に隠れる秘所の間近に、青年の顔がある。

「親友っていい響きですよねぇ…若いっていいなぁ」

少女…黒河妖子は前髪をかき揚げ、楽しげにそう言った。

「狂わせるのは簡単ですからね…妖子様の考えを読めなかった我々は浅はかでした…」

頬を太腿で撫でられる度、床についている脚がビクッと反応している。
空腹時に目の前にご馳走があるのに、食べられない時のような状態なのだろう。

怪は時折舌を差し出そうとするが、髪を撫でる妖子の指に叱られそうで、今一歩踏み出せないようだ。

「ま、いくら催眠暗示で記憶を消したからって、あれだけお灸を饐えておきゃあ、おとなしくなるっしょ。いい女になりますよ? あの子達は」
「…妖子様のお考えなら確かでしょう」

頬を上気させたまま、今にもむしゃぶりつきそうな瞳で、一心にそこを見つめる。
意識が段々と薄れ、無意識に舌が伸びる。

「怪」
「ッ…申し訳…ありません…」

高々10分程度。
この体制でいるのだが、堪えられる程強靭な精神ではないのだ。

「…おねだりもしないで舐めていいと思います?
それに…今日はいいっていうまでダメって…始めに言いましたよね?」

「ぁ…ですがっ…妖子様…もう…ッ」

荒く乱れた息と潤んだ瞳が、限界が近いことをつげてくる。

「…仕方ないなぁ…。ま、今日は多めにみましょ。ほら…ねだって」

妖子の声に、怪は震える唇で思いを告げる。

「私は…淫猥なケダモノです…どうか…この憐れなケダモノに…貴女様の麗しい体に触れることを…お許し下さい…」

「紳士なお前がそうねだるのが、ものすごく可愛い…いいですよ。たっぷり快楽に溺れなさい…あたしの可愛い…獣…」

ベッドに妖子が乗ると、そこに怪が続く。
既に、これから得るだろう快楽しか、見えていない青年の瞳とは少し違う少女の紅の瞳が、部屋の壁の大きな鏡を見つめる。

2メートルはあるだろうそのアンティーク調の鏡に映っているものは、真っ赤に燃える炎のような毛並みの三つの頭を持った獣と、その獣のタテガミを撫でながら妖艶な微笑を浮かべる、長い漆黒の髪の女だった。

【魔性少女・妖子 完】

 

 

mashou-14

 

 

shu01

shu00

shu03

 
toukou03

toukou

 

 

この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。 
尚、著作権は、「ひとみの内緒話」及び著者である「M・Y様」に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説
banner-S
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA