イク年くる年

ikutosi-ti

その年は大晦日から元旦にかけて、しずかと海辺のホテルで年越しをすることに決めていた。
昔から海では、年が明けるとき港に停泊している船、沖を行き交う船が、一斉に汽笛を鳴らす習慣がある。それが聞きたくて港に近いホテルを選んだのだった。
午後11時をまわった頃、ふたりはベッドの中にいた。
年越しの瞬間はしずかが僕の上で身体をくねらせていたこと以外あまり記憶していない。

くんずほぐれつの一戦がひとまず終わったあと、その余韻に浸るかのようにまどろんでいたら、どこからともなく女性のすすり泣くような声が聞こえて来た。
ラブホテルならそんなことは茶飯事なのだが、一応ここはそれなりに名の通った一般ホテルだ。構造的にもしっかりと造ってあるはずだし、壁だって安普請の薄いやつじゃないはずだ。
それなのに女性の声がはっきりと聞こえてくるではないか。

「あああああ~~~あああああ~~~ん・・・」

甘く切ない声?いやいや、そんなものじゃない。
感きわまって漏らすアノ時の声に間違いない。
隣の部屋からだろうか・・・?それとも上階からか・・・?
はっきりとは分からないが、よく耳を澄ましていると上から聞こえてくるような気がする。

「?」
「!?」

僕はしずかと顔を見合わせて思わずにやけてしまった。
しずかがぽつりとつぶやいた。

「・・・ってことは、私たちの声も聞こえているわけね・・・?」
「ふうむ、そういうことになるね」
「やだあ~~~」
「仕方ないじゃないか。年越しにホテルでエッチするカップルってきっと多いだろうし、興奮すれば誰だって抑えられなくなって大きな声を出してしまうことだってあるよ」
「そりゃあそうだけど・・・」
「第一、しずかもかなり大きな声出してたし」
「え~~~!?そんなあ~」

そんな話をしていたら、突然ふたりの会話を遮るように、またもや強烈な女性の声が聞こえて来た。

「ああっ!ああっ!あ~~ん、あんあん~、あんあん~、あ~~~~~っ!」

当然だがあえぎ声は聞こえるものの、通常の会話までは聞こえない。
しずかも僕もアノ声が気になって、とてもじゃないが眠れそうにない。
本来なら一戦交えた後だし、ぐっすりと深い眠りに落ちていたはずなのに。
目が冴えてしまった僕はいつしかしずかの胸元をまさぐっていた。
いや、胸元だけにとどまらない。その手は先程散々いじくったしずかの下半身へと移動した。
すっかりパンティを濡らしてしまったので、新しいパンティに穿き替えたばかりだと言うのに。
先程のような順序立った愛撫ではなく、今度は性急にしずかの亀裂を探った。
驚いたことにしずかの亀裂からはすでに潤沢な蜜が溢れ出していた。
別室から漏れてくる悩ましい声に、僕と同様しずかもいつしか激しく昂ぶっていたのだった。

ビデオをリプレイするように、ふたりの愛の営みが再開された。
今度は先の営みの時より何故だか荒々しいように思えた。
しずかの真珠を激しく擦った。

「ああん、シャ、シャイ~、ちょっと強すぎるよ~」

しずかがもっと優しく愛撫して欲しいと僕に訴えた。
僕たちは再び新春の日の出に向けて、アクセルを蒸かした。
ギアもローからセカンド、セカンドからトップへとチェンジした。

あぁ、眠い・・・
完全に寝不足だ。
翌朝、ホテルの朝食はバイキングだった。
通常の時よりもさすがにカップルが目立つ。
昨夜の声の主もこの中に混じっているのかと思うと、つい笑えてしまった。
いや、他人事じゃない。僕たちの睦言を聞いていたカップルもきっとこのバイキングの席に座っているはずだ。
そう思うと急に顔が赤らんだ。

皆さん、カップルでホテルに泊まった時、アノ声には十分に注意しましょう。

【イク年くる年 完】

toukou02
 
toukou00
 
toukou
 
 
 
この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え
体験談・投稿体験談・夜学問・官能詩
エロエッセイ・その他カテゴリー多数

x_mas-bigaku-himopan
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA