魔性少女・妖子 後編(6)

 

mashou-ti

 

 

【後編(6)】


「…次はお尻にしましょっか」

「ッ…嫌ッ…も…やめてぇ…!」

薫子の頬を、大粒の涙が伝う。
だがそれで許されることはなかった。

妖子がニッコリと、無邪気に微笑む。
それを合図のように、今度は薫子の白い臀部に鞭が飛んだ。

「どうかしました? 山岡様」

聞かれた声に、ミチルはやっと我に返る。

「鞭はお気に召しませんか?」

魔御が楽しそうに微笑している。
だがミチルは、それに返すことも出来なかった。

怖かった。
あんなことが目の前で、平然と行われていることが。
泣き叫ぶ薫子の腰の辺りに、赤い筋が見える。

「怪は本当に腕がいいから。思いきり当ててないみたい。
 加減しなかったら、間違いなく裂けてるだろうし」

「さけ…」

痛そう。
薫子が泣いてる。
最初は軽く、いい気味だと思った。

けど、回数が増える毎に、ミチルの体が震えていった。
自分のせいで、あんな目に合わせているなんて。

「…あまり楽しくなさそうだなぁ。妖子様に言って、別の責めにしてもらいます?」
「別…?」

「例えば、蝋燭とか、体を切り刻むとか。三角木馬とかもあるし…あ、ギロチンなんかも楽しいですよ?」

ミチルは、自分が青ざめているのがわかった。
全身から血の気が引いているのだ。
怖くて、恐くて、泣いてしまいそうになる。

「…何なら…僕の特製の媚薬で…狂わせてみようかな。動物実験したかったんだ」
「かっ…薫子は動物じゃな…」

「ぃヤァアァッ! そこはダメェーッ!」

不意に薫子の甲高い悲鳴により、ミチルの声が掻き消される。
ミチルは思わず薫子の方を向き直した。

怪の持つ鞭が、薫子の太腿を撫で下ろし、股間をピタピタと叩いているのだ。
次に打たれる場所を予告され、薫子は狂いそうな程叫んでいる。

「だって、背中やお尻なんて、そんな楽しくないっしょ?
 そこ叩かれたら…ホントに狂っちゃったりして…」

妖子の不敵な笑みに、薫子は息を飲む。

「ぃや…もぉ…許してぇ…」

薫子の声を無視して、怪の腕が高く上がった。

「ッ…もうやめてぇ!」

ミチルが、思わず叫んでいた。
堪えられなかった。

薫子のことが許せなかった。
友達だと思っていたのに、あんなことをされて。

けれど…。
泣いている薫子をこれ以上、傷つけたくなかった。

だって…

「みち…る…?」
「…薫子を…私の友達を、傷つけるのはもうやめて…ッ」

友達だから。
どんなに許せないことだったとしても。一度は本当に信じた親友だから。

ミチルの存在に初めて気付いた薫子は、呆然とミチルを見つめていた。
泣きながら、床に座り込んだミチルを、ただ見つめていた。

ソファーに座ったまま、妖子がふっと息をつく。
そして柔らかく微笑した。

「魔御。薬をお願いします。今回の仕事はこれで終わり」

「え?」
「妖子様ッ! しかし…」

魔御も怪も、予期していなかった終了の言葉に驚いている。
だが、もっと驚いていたのは、少女達だったであろう。

当の妖子は、何?と首を傾げる。

「折角興が乗って来たのに…」
「それにこの女は、妖子様を愚弄したのです。この程度の責め苦で終わらせるなど…」

「魔御。怪」

怪の不満と魔御のつまらなそうな表情は、妖子のその言葉に止められた。

「あたしのゆうことが…聞けないんすか?」

その低い声と真っ黒な笑みに、二人どころかミチルも薫子も硬直する。

「め…滅相もありませんっ」
「妖子様のご命令に従います…」

当然…と、二人は心の中で思っていたに違いない。
怪が薫子の拘束を解き、魔御が薬を持ってくる情景を、満足そうに見つめる妖子がいた。

 

 

mashou-13

 

 

shu01

shu02

shu03

 
toukou03

toukou

 

 

この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。 
尚、著作権は、「ひとみの内緒話」及び著者である「M・Y様」に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説
banner-S
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA